CBDの美容効果まとめ!悩みごとにおすすめなCBD製品と摂取方法も

CBDが美容に効くと聞いたことがある方も多いと思いますが、本当なのでしょうか。本記事ではCBDがどうして美容に効くのか、具体的にどんな効果があるのか、悩み別にどのCBD製品が良いのかを解説しています。

そもそもCBDとは?

美容に効くと言われているCBDですが、そもそもどういったものなのでしょうか?

CBDとはカンナビジオールという麻から取れる天然成分であるカンナビノイドの1種です。

麻にはTHC(テトラヒドロカンナビノール)やCBN(カンナビノール)など、100種類以上のカンナビノイドが含まれているのですが、その中でもCBDはその健康・美容効果の高さから最も注目されている成分なのです。

麻・大麻・大麻草は植物学的には同じ植物を指します。大麻と聞くと危険じゃないのか、違法じゃないのか、心配になりますよね。

しかし、CBDは安全性の高い成分であり、日本でも合法です。

CBDと並んで有名なTHCというカンナビノイドは違法であり、安全であるとも言えません。向精神作用(いわゆるハイになる作用です)があり、麻薬及び向精神薬取締法という法律で規制されています。

そのTHCとは違い、CBDは大麻から抽出されますが、向精神作用はありません。WHOの報告によるとCBDは依存の可能性や乱用の可能性もなく、副作用も忍容性が良好とのことで安全性が示されています。

安全・合法とは言っても、やはりもともとあったイメージが悪いと心配だと思いますので、安全性や法律について詳しく書いた記事がありますので、よければ参考にしてください。

関連記事

CBDは健康に効果があると言われていますが、人体への害はないのでしょうか。はじめてCBDを使う方のために、CBD自体の中毒性や副作用、CBD製品で注意するべきことを根拠となる論文付きで解説します。CBDとは?[…]

CBDに害はある?CBDの中毒性や副作用など注意すべき点を解説
関連記事

CBDは大麻から抽出されるということもあり、CBDに関する法律が気になる人も多いと思います。本記事では、CBDが関係する法律である大麻取締法・麻薬及び向精神薬取締法・薬機法(旧・薬事法)について解説し、合法・違法になるケースを徹底解説いたし[…]

CBDに関係する法律や規制を徹底解説、製品によっては違法になる可能性も

どうしてCBDに美容効果がある?

具体的なCBDの美容効果を紹介する前に、どうしてCBDに美容効果があるのかを解説します。効果があるのは、しっかりとメカニズムがあるのです。

私たちの体にはエンドカンナビノイドシステム(ECS)という仕組みがあります。ECSは生きていくために体内を調整する機能であり、食事や睡眠、記憶、感情の制御や神経保護、免疫機能の調整、リラックスなど、実に多くの機能を調整しているのです。

CBDなど麻に含まれるカンナビノイドを植物性カンナビノイドと言いますが、体内で自然と生成されるカンナビノイドもあります。これを内因性カンナビノイド(エンドカンナビノイド)といい、アナンダミド・2-AGなどが内因性カンナビノイドとして確認されています。

内因性カンナビノイドは体内で生成されますが、分解までのスピードが早く、発見されるのが1990年代と最近のことなのです。

植物性でも内因性でも、カンナビノイドは全身に存在するカンナビノイド受容体と結合することで、細胞に体の機能を調整するための具体的な指示を与えるのです。結果として、体の恒常性(ホメオスタシスと呼びます)を保つことができるのです。

カンナビノイド受容体にはCB1とCB2というものがあり、CB1は主に脳と脊髄の中枢神経系に存在しており、CB2は末端神経系・免疫細胞・皮膚を中心に存在しています。

しかし、歳を重ねたり、強いストレスを受けたりすると内因性カンナビノイドが生成されなくなってしまいます。これをカンナビノイド欠乏症といい、ECSが正常に働いていない状態です。体内の恒常性を保つ仕組みのECSが正常に働かないと、体の様々なところで不調になってしまうのです。

そこで、植物性カンナビノイドであるCBDの摂取が効果を発揮するのです。

植物性カンナビノイドごとに、ECSに対してどのように作用するかどうかは違い、わかっていないこともあるため研究が現在も多くされています。CBDはカンナビノイド欠乏症におけるECSの不調を正常化し、健康や美容に対して多くの効果があるのです。

この記事でもCBDの美容効果をまとめていますが、美容以外の健康効果を見たい方はこちらも参考にしてください。

関連記事

CBDは健康面へのメリットから注目されていますが、実際に健康にどのような効果があるのでしょうか。CBDについてや期待される効果、CBD商品のリスクについて根拠となる論文付きで解説し、さらにCBD商品の選び方やオススメ商品をご紹介します。[…]

CBDは健康に良い?健康への効果や副作用について解説

CBDの美容効果まとめ

ここまで少し長くなってしまいましたが、気になるCBDの美容効果についてまとめていきます

抗炎症作用・抗酸化作用がスキンケアに

まずなんといっても肌への効果です。

CBDの抗炎症作用は非常に強力と言われています。皮膚にもカンナビノイド受容体はあるのですが、皮膚の炎症を抑えることで、スキンケアに繋がります。

例えば、ニキビはアクネ菌の過剰な増殖によって皮脂腺や毛包が炎症を起こしてしまっている皮膚炎の一種ですが、CBDクリームなどを直接ニキビの箇所に塗ることで、炎症が抑えられ、スキンケアの効果があるのです。

また、かゆみのある湿疹ができるアトピーにも効果があると言われています。

CBDの抗炎症作用はいくつも論文が発表されており、マウスで皮膚炎を抑えたという結果も事例が報告されています。

参考:Cannabinoid 1 receptors in keratinocytes attenuate fluorescein isothiocyanate-induced mouse atopic-like dermatitis

関連記事

CBDはニキビなどの肌荒れに効果があると言われています。CBDがニキビやシミ、湿疹などの肌荒れにどういう効果があるかを根拠となる論文付きで解説します。また、ニキビに効くCBDの具体的な使い方やおすすめのCBD商品も紹介します。CBD[…]

CBDの肌荒れへの効果と使い方

抗炎症作用に並んで、抗酸化作用もスキンケアに役立つCBDの効果です。

多すぎると細胞を破壊してシミやシワ、たるみやくすみ、さらにはがんなどの原因にもなると言われている活性酸素ですが、CBDは活性酸素の働きを抑えます。

CBDには、その抗酸化作用から多くの人が摂っているビタミンCやビタミンEよりも強力な抗酸化作用があるため、肌の酸化を抑えてシミやシワに効果があるのです。

参考:Antioxidative and Anti-Inflammatory Properties of Cannabidiol

睡眠の質を良くする

眠り美人は素肌美人と言われるほど、睡眠の質が良い方は肌もキレイと言われていますが、現代では不眠症や睡眠障害に悩んでいる方は多いです。

CBDは眠りの質を良くする効果があると言われています。

CBDには抗不安作用があり、その効果はうつ病の治療薬として期待されているほどです。睡眠障害の原因の1つとして、不安やストレスで眠れないというものがありますが、CBDはその不安やストレスを和らげ、睡眠の質を高めてくれるのです。

私はCBDグミを愛用しているのですが、CBDグミを食べたら少しずつ眠気がやってきて、その日はよく眠れた感じがします。睡眠の質がよくないなと感じる方はCBDを試してみるといいかもしれません。

関連記事

CBDは睡眠の改善に効果があると言われています。多くの人が悩む睡眠障害や不眠症に対して、どうしてCBDが効果があるのかを解説します。睡眠導入剤との比較や副作用などのCBDに関する不安、睡眠改善におすすめのCBD製品の使い方をご説明します。[…]

CBDが睡眠を改善させる?不眠症のためのCBDの効果と注意点

生理痛やPMSにもCBDは効果がある

美容効果ではないですが、CBDは生理痛やPMSにも効果があると言われています。

CBDは疼痛緩和(痛みの緩和)作用があり、慢性痛にも急性の痛み効果があります。

生理痛がひどくて日中集中できないという方も多いと思いますが、CBDは生理痛の緩和にも効果があるのです。

また、エンドカンナビノイドシステムはリラックス効果や抗不安作用があるため、PMSでの憂鬱な気分やいらいらする気持ちを落ち着けるにも役立ちます。カンナビノイド受容体が刺激されるとホルモンバランスも調整するので、症状の改善に役立つ可能性は高いです。

生理痛やPMSの症状が深刻な方はぜひCBDを試してみてください。この記事では生理痛・PMSに絞った記事を書いているので参考にしてください。

関連記事

生理痛やPMSの症状がひどく、普段の生活も辛いといったことにお悩みの女性に対して、CBDが生理痛・PMSに効果があるのかを解説しています。どうして効果があるのかの仕組みや具体的な効果について、さらには注意点や使用方法・おすすめの商品もご紹介[…]

【女性必見】CBDが生理痛の緩和に!PMSの症状にも

美容のためのCBD製品の種類と使い方

CBDが美容に関してどのような効果を発揮するのかがわかったところで、CBD製品の種類と摂取方法、悩みごとにどれにすればよいかや使い方を解説します。

CBD製品の種類と摂取方法

CBDの摂取方法は大きく4つあります。それぞれの特徴と製品の種類を紹介します。

  • 経皮摂取:肌に直接塗ってCBDを吸収する方法。CBDクリームやバームなど。
  • 舌下摂取:舌の下にCBDを垂らして吸収する方法。CBDオイル。
  • 経口摂取:食べ飲みしてCBDを吸収する方法。CBDグミやキャンディなど。
  • 吸入摂取:CBDを含む上記を吸って吸収する方法。CBDリキッドやベイプなど。
関連記事

CBDは摂取方法によって効果の現れ方が変わります。舌下摂取・経口摂取・吸入摂取・局所摂取といった4つの摂取方法ごとに、CBDの効果が出るまでの時間や効果が持続する時間、さらには吸収率をご紹介していきます。CBDは摂取方法によって効き方が[…]

CBDは効果の現れる時間が摂取方法によって違う?効果の発現までと持続時間

ダイレクトに悩みへ届く肌に塗るタイプ

ニキビなどの皮膚炎を抑えたり、シミの対策などに有効なのは肌に塗るタイプのCBD製品です。摂取方法とは経皮摂取(局所摂取)になります。

この方法は、CBDは全身に巡らないのですが、肌にあるカンナビノイド受容体と直接CBDが結合するため、ダイレクトに悩みに届きます。

肌のスキンケア、肩こりやむくみ、生理痛などの痛みの緩和など、気になる部分に直接塗り込むことで効果があります。

商品としては、CBDクリームやCBDバームが代表的ですが、他にもCBDフェイスパックやCBDロールオン、CBD化粧水なんかも発売されています。

化粧品でもそうだと思いますが、人によって合う合わないがあると思うので、自分にあったCBD入りの製品を探してみてください

関連記事

CBDコスメやCBD化粧品は美容に効果が大きいということで注目されています。まだCBDコスメを試したことのない方が安心できるように、CBDがどういう成分でどういう効果があるのかを解説します。CBDコスメの種類についても紹介するので、気になる[…]

CBDコスメやCBD化粧品の効果は?なぜ注目されている?
関連記事

CBDは現在、美容業界において注目を集めており、店頭でも目にするケースが増えています。そこで本記事は、CBDを配合した化粧水や化粧品などのスキンケア製品が効果があるのか解説していきます。変化するスキンケア・美容業界ステイホームで家に[…]

CBD配合の化粧水は効果がある?スキンケアとして活躍するのか詳しく解説
関連記事

CBDロールオンに興味を持ったけど具体的な効果はよくわからない。CBDは聞いたことがあるけどあまり知らない。このような方を対象に、本記事ではCBDロールオンについて、その特徴や効果・使用用途などについてご紹介しています。[…]

CBDロールオン

全身に効果がある飲むタイプ

睡眠の改善をはじめ、リラックスの効果を感じたい人は、CBDを飲むタイプがおすすめです。摂取方法としては舌下摂取や経口摂取になります。

経皮摂取とは違い、舌下摂取や経口摂取では吸収されたCBDが血液中に入り込み全身をめぐります。そのため、全身で効果を得たい睡眠などの場合に適切です。

経口摂取と比べて、舌下摂取の方がCBDの吸収率(バイオアベイラビリティ)が高く、効果が出るまでの時間も早いため、CBDオイルなどの製品を試してみることがおすすめです。

ただ、CBDオイルは独特の苦味を感じる商品も多いため、試してみて苦手な方はCBDグミなどがおすすめです。こちらは味が美味しく、口の中で溶かすことで舌下摂取としても吸収できるので人気のCBD製品なのです。

私も寝る30分前にCBDを25mg含むグミを1粒食べるだけで、本当にぐっすり眠れています。

CBDに関する注意点

最後にCBDに関する注意点をご説明します。

1つ目に注意するべき点としては、悪質なCBDが使われていないかです。

この記事の冒頭で、CBDは麻から抽出される成分だということはご説明しました。麻という植物は土壌の物質を吸い上げるという特徴を持っています。土壌の改善につながるため、有用な植物なのですが、CBDに吸い上げた重金属や汚染物質が含まれてしまっている可能性があります。

また、麻からCBDを抽出する際にはエタノールなどの溶媒を使います。質が悪いCBDではその際の溶媒が残留してしまっている可能性もあるのです。

そのため、CBDは第三者機関による成分分析が質の担保には重要です。購入しようとしているCBD製品がしっかりとCBDの成分分析表を公表しているのかはチェックしてください。

2つ目に注意するべき点としては、人によってCBDの最適な摂取量が違うということです。

お酒が人によって飲める量が変わったり、生理痛やPMSの程度が人によって変わったりするのと同じように、CBDは人によってどのくらい摂取するべきかが変わります。

まずは少量ではじめて、少しずつ増やしていくのがCBDの一般的な使い方になります。

こちらはグミについてですが、摂取量についても説明しているので見てみてください。

関連記事

いつでもどこでも食べられ、美味しいことで大人気のCBDグミ。美味しさのあまり食べ過ぎちゃうこともあるかと思います。そんな方に向けて、CBDグミを食べ過ぎるとどうなるのか、おすすめのCBDグミの食べる量や使い方について解説します。CBDグ[…]

CBDグミは食べ過ぎ注意!食べ過ぎの症状や摂取量を解説

終わりに

この記事では、CBDに美容効果があるのかについてご説明しました。どうして美容効果があるのか、具体的に美容にどう効くのか、どんな製品を使えばいいかはわかってもらえたかと思います。

ぜひCBD製品の美容効果を試してみてください。