【CBD初心者向け】CBD購入時に意識したいポイントとは?数ある商品の中から選ぶ方法をわかりやすく解説

CBDは、現在世界中でその効果が期待され注目を集めています。

日本でも、CBDの商品は市場に出回っており、幅広い世代が購入をしています。そんなCBDですが、選ぶ時に何を意識すればよいのか、初めての方はよくわからないと思います。この記事では、自分に合った商品を選ぶ際のポイントを詳しく解説していきます。

CBDとは?CBD初心者にわかりやすく解説します

最近世界中で流行になっている、CBD。日本にもここ数年でCBDが入った商品を生活に取り入れる人が増えています。

そんなCBDですが、商品の種類が抱負で、何からはじめて良いのかわからない人もいると思います。

この記事では、CBDについて理解しておいた方が良いことを見ていきながら、実際に商品別でどのような効果があるのか・購入する時に注意することなどを解説していきます。

CBDは大麻草から取れる化合物のこと

CBDとは、カンナビジオールという成分のことを指します。

この成分は、大麻草に含まれる化学物質のカンナビノイドと呼ばれるものの1つであり、それ以外にも100種類以上もの種類があります。

CBD以外に代表的な成分として、THC(テトラヒドロカンナビノール)があります。こちらは、大麻草の中でもマリファナと呼ばれる種類に多く存在しており、特に花や葉に存在しています。

このTHCが、マリファナを用いて”ハイ”になる、精神作用をもたらす成分です。これは、THCが脳内にあるCB1(カンナビノイド1)受容体に直接結合することにより、陶酔作用などをもたらしています。

一方CBDは、るCB1(カンナビノイド1)受容体に直接結合しないので精神作用はもたらしませんが、CB1に間接的に作用することで身体や精神に多くの良い作用をもたらします。

このCBDの効果を見ていきましょう。

注目のCBD、その効果とは

CBDは、人間の内部の機能に働きかけをすることにより、多くの効果が期待できます。

それは、不安やストレス、うつ病などの精神的苦痛を改善したり肩こりや頭痛といった身体的痛みの緩和、またてんかんや癌、脳卒中などの疾患にも効果を発揮するといわれています。

これらは、日本を含めた世界中の国が研究を進めており、多くの患者や医師から報告が上がっています。

私たちの身体に影響を与える仕組みとしては、生きる上で必要なECS(エンドカンナビノイド・システム)というシステムの一部である内因性カンナビノイドと呼ばれるものに、CBDが作用するからです。

ECSは、日常の生理プロセスに深く関係しており、例えば栄養が足りない時にお腹が空いたと空腹を脳内に送るものであったり、暑い時に体温を調整するために汗をかく、などもそのうちの1つです。

このECSというシステムは、歳を重ねたり病気を患ったり、またストレスを抱えたりすると減っていくと呼ばれています。

このECSの改善のためにCBDが効果を発揮することにより、精神的安定や身体的回復などが見込めるといわれています。

日本でCBDを扱うのは合法?

そんなCBDですが、海外でこそグリーンラッシュと呼ばれるほど現在人気ではありますが、「大麻」の印象が強く、日本ではまだまだ認知されていなかったり、合法なのか不安な方も一定数います。

ここで、日本の大麻草に関する法律に関して軽く解説します。

日本の法律での「大麻」の定義は、「茎や種子などの部位は除いた大麻草」のことを指します。すなわち、大麻草の茎や種子、またそこから得た成分は活用しても特に問題はありません。

これは、大麻の依存性や中毒性を持つTHCの成分が、茎や種子には入っていないことが分かっているので、このように法律から外れています。

日本で売られているCBDやCBDの商品は、基本的にこの法律に従っているので、茎や種子から抽出されたCBDを用いたものなので、安心して扱うことができます。

CBDの商品のそれぞれの良さとは?

ここからは、CBDに興味を持ち、購入を検討している方へ、日本で購入できるCBDの種類とそれぞれの特性について解説していきます。

身体に取り込むまでの過程が違う分、それぞれの良さがあり、自分に合う/合わないが見えてくると思います。

CBDの商品によって変化する部分

日本には、CBDオイルやCBDベイプ、CBDチョコレートやCBDコーヒーなど、多様なCBD商品が存在しています。

これらの違いは、私達に何か変化を及ぼすのでしょうか。

これは、身体に吸収される実際のCBD成分の量、また効き目を感じ始める時間、さらに効果を感じている持続時間にも違いがあります。

別の角度でみれば、吸収方法が違うことでそれを使用するのに適したタイミングなども変わっていきます。

自分に一番合う摂取方法はどれになるのか見つけるために、それぞれの特性を見ていきます。

CBDオイル

CBDオイルは、舌下摂取という、舌の下に垂らして、血管に直接吸収させる方法を用います。垂らしたあと、数分間口に残しておくことで、吸収していきます。

投与してから20-30分後に効果を感じはじめ、その効果の長さはおよそ2時間から長いもので8時間ほど持続させる性質を持っています。

また、CBDを摂取した量のうち、実際に血中に流れるCBDの量はおよそ20-35%ほどだとされています。ただし、CBDを飲み込んだりするとその吸収率は変わってくるので、口の中に残しておくことが大切です。

CBDオイルは、日本でのCBD市場の中でも多く取り扱われている代表的な商品であり、CBDが頭痛や肩こり、また生理痛等にも効くとされていることから、幅広い世代から支持されている商品です。

ただ、CBDオイルは、大麻特有の独特な苦味が少しするので、その味が苦手な方もいます。こちらは、不味くて使用できなくなるほどでもなく、こういうものと認識することで多くの人は気にしなくなります。

寝る前や食後に、CBDオイルを数滴。そのような生活スタイルで、リラックスする時間をつくるのは、この目まぐるしい社会においては良い選択肢かもしれません。

関連記事

最近話題のCBDオイルなどのCBD商品についてご存知ですか?この記事では、CBDをよく知らない方へ、その内容を詳しく解説していきます。また代表的な商品のCBDオイルなどについても、効果や使い方などを詳しく解説しているので、気[…]

CBDオイル

CBDリキッド

CBDリキッドとは何か、から解説します。まずリキッドとは、植物性グリセリンなどに香料などを入れたもので、CBDリキッドはこれにCBDの成分を入れたものです。

日本では、法規制によりリキッドにニコチンは入っていません。このリキッドと呼ばれる液体を加熱させ上記を発生させるものをベイプ(Vape)といいます。

ベイプは主にバッテリーである「MOD」とリキッドを入れる容器でリキッドを加熱するコイルがついた「アトマイザー」から成り立ちます。

吸い終わったら終わりのものや、アトマイザーを交換する「カートリッジ」などがあります。

そんなCBDリキッドですが、これは気化したものを肺から吸引するので、肺にある毛細血管等から直接吸収されていくので、吸収率が約35%と高いことが特徴です。

また、効果が現れ始める時間が早いのもCBDリキッドの良さであり、摂取してから10-15分、長くても30分後には効果を感じはじめるので、即効効果があるといえます。

ただし、吸入後すぐに血中にまわるため、その持続性は他の商品より短く2-4時間ほどです。

CBDリキッドは、その吸引の仕方がタバコなどと似ていることから、電子タバコやシーシャ等を吸う方は抵抗なく使用できます。また、CBDには依存を抑制する効果、リラックス効果や抗不安作用があることから、CBDリキッドを用いて禁煙をする事例も多くあります。

少し一息付きたい時、一服したい時に、CBDリキッドは便利なツールです。

CBDの食品(ガム・グミ・チョコなど)

CBDには、ガムやチョコレート、クッキー、コーヒーや水、お酒など、多くの食料・飲料としても販売されています。

これらは口から飲み込み摂取することで経口摂取とよばれており、肝臓や小腸・大腸を経由して少しずつ吸収されていきます。

この摂取方法は、肝臓の代謝で起こる初回通過効果というものにより、先に紹介したCBDオイルやCBDリキッドと比べると吸収率は低く、6-15%です。

ただ、少しずつ吸収されていくことからその持続性は長く、6-8時間だとされています。

なので、CBDをゆっくり味わってみたい方などにおすすめです。また、CBDの食品は食べ物の味そのものを楽しめることから、CBDオイルの味がどうしても合わなくて・・・。という人は一度試してみても良いと思います。

CBDの塗り薬

CBDには、肩こりや腰痛、偏頭痛などの痛みに対しても効果がみられ、局所的な痛みに対してはCBDの塗り薬等も検討することができます。

一般的に、医療現場では痛み止めの処方としてNSAIDsという、鎮痛作用や解熱作用がある薬が使用されています。

この成分はシクロオキシゲナーゼという生理活性化物質の活性を抑制することで痛み止めとしての機能を発揮させますが、CBDもこの整理活性化物質を抑制する働きがあることから、痛み止めとして効果を発揮することが期待されています。

また、NSAIDsは気管支喘息などの副作用が確認されていますが、CBDは重度の副作用は見られないことからも、通常の痛み止めを使うことに不安を感じている人や、別の選択肢を探している人は一度使用してみるのが良いでしょう。

ただ、CBDの医療分野の効果は、現在研究が進められている最中であり、長期的な効果や痛み止めとしてどこまで効果を発揮するかはまだはっきりしていません。なので、今後の医療現場での臨床試験等での結果などにも注目が集まります。

初心者がCBDを購入する際のポイント

ここまで、CBDの商品について、それぞれの特性を解説してきました。ここからは、CBDの商品を購入する上で留意しておきたポイントについて見ていきます。

日本で流通しているCBDはどこから来ている?

日本には、大麻取締法において、茎や種子を除く大麻を所持・販売することなどが禁止されていること、また大麻取扱者と呼ばれる人のみ、THCの少ない、種子などを栽培することを目的に大麻を扱うことができる、などの法律があります。

なので、基本的に日本の市場にあるCBDは、海外から輸入されるケースが大部分です。

海外に輸入する際には、その成分が茎や種子からのみ抽出されたものであることや、実際の栽培写真など、多くの書類を提出・証明することが義務つけられています。

THCがフリーであるものを選ぶ

CBDの商品を購入する時は、THCが入っていないことをしっかり確認しましょう。

オンラインショップや独自のECサイトでCBD商品を売っているケースなど、購入経路は様々な種類がありますが、どの媒体であっても、扱っている製品が日本の法律に従ったものを販売していることは大切です。

基本的にwebサイト等で載っていると思いますが、予めTHCフリーであることは認識してから購入を検討にするようにしましょう。

成分分析表を確認する

THCフリーであることや、その他身体に悪影響を及ぼしそうな成分が入っていないかを確認するためにも、成分分析表を確認することは大切なことです。

大麻草は、原産地の土壌の成分を根から吸い上げる特性があるので、土壌の重金属を吸い上げることがあります。重金属は身体に有害な成分であるので、これが入っていないことを確かめる上でも成分分析表を見ることは重要です。

日本で販売されている商品のホームページ等では、この成分分析を載せていたり、購入時に送付されることが多いです。

もし確認できない場合は、問い合わせるなどするかその販売元はやめておいたほうが良いです。

口コミやレビューを確認する

購入の際には、ネット上にある口コミやレビューを確認しましょう。

有名人が愛用したりするもので安心感を覚えたり、割引額等に魅力を感じ購入する、というのは衝動としてありますが、その商品の効果・効能をしっかり味わうためにも、ネットにある情報は見ておくことが良いです。

そもそものレビュー数が少ない場合や口コミの評価が悪いものなどがまだまだ多くあるので、特にCBD商品をはじめて購入する人は、その効能を安全に実感していただくためにも、よく調べてから購入するようにしましょう。

値段が妥当か確認する

CBDの商品は、比較的に高いです。

また、まだ市場が小さいので適切な価格設定がなされていないものもあり、消費者自身も知識がないことから、法外に近い価格で販売している業者が存在するのも事実です。

一般的に、CBDの商品の価格は、その商品に入っているCBDの含有量に比例します(濃度ではありません)。

なので、CBDの含有量を比較してみて、明らかに価格設定がおかしいものであったり、相対的に商品比較を行って、妥当な商品を購入するようにしましょう。

今後、CBDの市場が拡大するにつれて価格競争が行われ、適切な価格になっていくとは思います。

ただ、現状はまだ発展段階で、消費者自身がCBDのリテラシーを上げることで市場を健全に盛り上げていくフェーズであるといえます。

CBDの商品を初めて使用する際に注意したいこと

いきなり使用量を増やさない

CBDの効果を感じ取る量は、その人の体重・身長・年齢・代謝によって様々なものです。

また、CBDは量を取ればそれだけ効果が出る、というものではなく、その人に適切な量、一番効果を感じる量があり、逆にそれをすぎると効果を感じにくくなるといわれています。

なので、最初は少量からはじめていき、徐々に自分に合った量を見つけていきましょう。

なお、未成年の方はさらに注意が必要なので、こちらの記事も参考にしてください。

関連記事

CBDに年齢制限があるのか知っていますか?この記事ではCBDの年齢制限の有無や未成年の方がCBDを摂取する際の注意点を解説しています。CBDに興味をもった未成年の方、その親御さんは参考にしてください。CBDとは?年齢制限があるのかを[…]

CBDに年齢制限はある?未成年の方へCBDの注意点を解説

常備薬がある場合は注意する

CBDは、体内に取り込む成分であり、他の化学物質と作用する可能性があります。例えば、CBDは血液を固めないようにする抗凝固薬と作用することが知られているため、心房細動の治療を受けている方などはCBDの使用を控えたほうが良いでしょう。

その他にも、痛み止めを病院で処方されている人や、その他の治療で常備薬がある方などは、CBDと作用する可能性があるため、医師に相談するようにするのが良いです。

副作用が現れたらすぐに使用を中止する

CBDには、重度の副作用を発生させるケースは、今までの事例ではなく、安全に使用できるとされています。

ただ、CBDを使用したことによりまれに下痢や食欲低下、急な眠気などの作用が見られることがあります。

CBDに限った話ではありませんが、初めて使用したもので身体に異常があったものは、使用をやめて、体調が優れない場合は医師に相談するようにしましょう。

まとめ

CBDを初めて買う人が、知っておいたほうがよい情報・自分に合った商品を見つける上で注意するポイント等を見ていきました。

一番最初に購入するものが、自分にとって合うものになるように、情報を正しく理解して商品の選別に役立たせていきましょう。