CBDキャンディは効果を感じられる?キャンディならではのメリットなども合わせてご紹介!

CBDキャンディを目にしたことはありますか?

CBDの商品はグミやガム、オイルやVapeなど、多くの商品が出てきましたが、今回はCBDキャンディについて詳しく見ていきます。

CBDキャンディにはどんな効果がある?

CBDキャンディは、他の摂取の方法よりもより手軽に摂取できることから、購入を検討をしている方もいると思います。

実際に、に欧米などの海外では、CBDキャンディなどのお菓子製品は人気になっています

日本ではCBD製品自体がまだメジャーではないことから、あまり知られていませんが、海外の波が少し遅れて日本にも来ており、CBDキャンディなどのお菓子類も徐々に広がってきています。

そんなCBDキャンディですが、どんな効果があるのでしょうか?

一般的に、CBDはその成分自体が医療効果美容効果などを持っていることから、CBDキャンディもこれらが期待されています

ただ、CBDキャンディのようにお菓子製品であると、本当に効果があるのかと疑問を持ったり、他の摂取方法との効果の違いなど、気になる点もあると思います。

なので、まずCBDキャンディがもっているとされる医療効果や美容効果が具体的にどのようなものなのか、詳しく見ていきます。

【世界で話題】CBDとは?

CBDは、比較的最近になって発見された成分であり、私達の身体にポジティブな効果をもたらすとされて注目を集めています。

CBDの商品は様々なものが出てきており、数年後には数兆円単位の市場規模になるともいわれています。

CBDは大麻由来の化学成分

CBDは、カンナビノイドと呼ばれる成分のうちの1つです。

カンナビノイドは、窒素・炭素・水素から成り立っており、大麻草に含まれている化学物質の総称を指し、CBDを含め100種類以上存在します

大麻は、古くから医療・嗜好・文化的側面から多くの国で利用されていました。

しかし、20世紀に入ってから大麻草は麻薬を取り締まる過程において対象になり、次第に人種差別的な側面や政治的側面などから、日本を含め大麻は規制の方向へと姿勢が変化していきました

その後、大麻の医療効果などの事例から、研究が徐々に始められ、THC(テトラヒドロカンナビノール)やCBD(カンナビジオール)が発見されました。

なので、大麻草の研究は比較的最近の出来事であり、国によってその見方は異なっています。

明らかになっていることとしては、大麻を用いることで感じる高揚感や”ハイ”になる現象は、カンナビノイドのTHCによる影響であるということ、CBDにはその作用はなく、身体に有害性はもたらさないことなどです。

この結果などから、国や州の法律は変化をしており、これからも研究が進められることで規制が変わってくると考えられます。

CBDの商品は日本で合法

では、日本の法律はどのような規制になっているのでしょうか。

多くの方は、大麻と呼ばれるものは法律により禁止されており、使用の罪で逮捕されるケースなども目にしていると思います。

日本には、大麻取締法麻薬及び向精神薬取締法などの法律があります。

これらの法律において、大麻草という定義は「茎や種子を除く大麻草のこと」を指していることから、茎や種子は合法であること、またTHCなどが含まれている商品を禁止していることから、茎や種子から抽出されるCBDであれば合法であることがわかります。

ただし、日本では大麻を取り扱うことができる人はごくわずかの許可を受けた人のみなので、実際の日本で扱われているCBD商品は海外から成分や商品を輸入したものということになります。

日本の法規制について詳しく知りたい方は、以下の記事も参考にしてみてください。

関連記事

CBDは大麻から抽出されるということもあり、CBDに関する法律が気になる人も多いと思います。本記事では、CBDが関係する法律である大麻取締法・麻薬及び向精神薬取締法・薬機法(旧・薬事法)について解説し、合法・違法になるケースを徹底解説いたし[…]

CBDに関係する法律や規制を徹底解説、製品によっては違法になる可能性も

CBDの期待される効果

私達の身体には、ECS(エンド・カンナビノイド・システム)と呼ばれる、身体調整機能が存在します。

これは、生物の授業で習った方もいると思いますが、ホメオスタシス(恒常性)と呼ばれる状態をサポートするものであり、体温調整や欲求調整、痛みの感じ方など、生きる上で必要なものをサポートしています。

このECSを構成する、中枢神経や皮膚など全身に分布するカンナビノイド受容体に対して、CBDが作用することで私達の身体に影響をあたえます。

事例ベースで挙げると、以下のようなものがあります。

  • リラックス効果によりストレス解消/うつ病改善
  • 抗不安作用等により不眠症改善
  • ニキビやアトピーなどの肌の炎症に作用
  • 偏頭痛や肩こりなどの痛みの緩和
  • 糖尿病や肥満などの生活習慣病の改善
  • 癌やてんかんの治療
  • アルコールやニコチンといった依存症の抑制

この他にも、様々な症状/疾患に効くことが事例として挙がっており、論文数もここ数年で数十倍に増えてきました。

このようなCBDの効果を得るため、CBDオイルやリキッド、グミやチョコレートなど多くの商品が開発されています。

そんな中で、CBDにキャンディはどのような特徴を持つのでしょうか。

CBDとキャンディを合わせることのメリット

CBDのお菓子であるキャンディは、いくつかのメリットがあります。

ここではCBDキャンディならではの魅力について解説していきます。

CBDキャンディは摂取しやすいのでオススメ!

CBDキャンディは、CBDオイルやリキッドのようになにかを用いて摂取するのではなく、ただ口に運ぶことができるため、気軽にCBDを摂取できるアイテムとなります。

CBDオイルやCBDベイプなどを、日中人前で使用することは、相手が知らない場合なかなか使用しづらいものだと思います。

そんな時にCBDキャンディは有効であり、小腹が空いた時、休憩の時などに、気軽に摂取できるというのが良いところです。

また、CBDオイルなどは、製品によって薬草特有の苦味などがあり、苦手な方もいます。

そんな方は、CBDキャンディなどを試してみると良いと思います。

CBDキャンディは、商品によって味が異なるため、お菓子として美味しく摂取することができます

さらに、CBDは一般的に高いものが多いですが、キャンディであれば相対的に安く済むというのも、摂取しやすいポイントの1つといえるでしょう。

CBDオイルやリキッド等、多くの人が使用しているものや8000円前後や1万円を超えるものも多くあり、なかなか手出ししづらいというのが現実としてあります。

CBDキャンディは、1000円代で売られているものが一般的であることから、初心者の方で試してみたい方などは購入を検討してみるのも良いと思います。

なめて溶かすことで吸収率を高くすることができる

CBDの摂取方法の違いにより、摂取してから効果を感じ始める時間や、効果の持続時間、また摂取した含有量のうち実際に血中に入る量の比率を表す吸収率(バイオアベイラビリティ)などが変化していきます。

例えばCBDオイルであれば、舌下にたらすことで毛細血管から吸収させる方法、CBDリキッドなどは肺から吸収する方法などであり、CBDの食品などは消化器官を通って徐々に吸収されていき、経口摂取と呼ばれています。

一般的に、吸収率の高さは、リキッドなどの吸入摂取、オイルなどの舌下摂取、食品などの経口摂取の順番になります。

なので、CBDを用いた食品は吸収率が低いのが他の製品と比べてデメリットとして挙げられます。

ただCBDキャンディは、口の中で溶かすことにより、舌下からの吸収もすることができるので、他の食品と比べて接種率が高くなることが期待できます

CBDキャンディ使用する時のポイント

CBDキャンディを摂取する時は、いくつか注意したいポイントがあるので、それについて解説していきます。

空腹時のほうが効果を感じやすい

CBDをキャンディなどの経口摂取で体内に取り入れる場合は、食中や食後など胃の中に食べ物が入っている状態よりも、空腹時に食べた方が吸収される効率が高くなります

食事の過程や食後の場合、CBDが食後の成分と反応して本来持つ作用を減少させてしまうかもしれないためです。

ただし、CBDの含有量が高いものを空腹時に摂取した時に、人によっては胃に不快感を感じたり、吐き気などで体調が悪くなるケースもあるので、最初は少量を試してみて、適正な量を見つけていきましょう。

初めての方はその後の予定も考慮

CBDは、目立った副作用などはみられないので、化学療法に頼っていた医学領域において新たな選択肢として注目されています。

ただ、急激な眠気などが事例として報告として挙がっているので、初めて使用される方は少しその後の予定に注意が必要です。

例えば車の運転など、注意力を必要とするものなどは最初はなるべく避けた方が良いでしょう。

効果の感じ方は人によって様々なので、効果を感じないからといって多く摂取することも、結果的に効果を感じにくいので控えましょう。

CBDの副作用等については、以下の記事も参考にしてみてください。

関連記事

CBDは健康に効果があると言われていますが、人体への害はないのでしょうか。はじめてCBDを使う方のために、CBD自体の中毒性や副作用、CBD製品で注意するべきことを根拠となる論文付きで解説します。CBDとは?[…]

CBDに害はある?CBDの中毒性や副作用など注意すべき点を解説

他のオススメCBD商品

CBDキャンディ以外にも、気軽に摂取できる商品はいくつかあります。

例えば、CBDチョコレートは、チョコが持つ効果とCBDの両方の効果を期待できるため、オススメの商品です。

関連記事

CBDのチョコレートは、どのような効果があるのでしょうか? またそのお味は?日本で安心してCBDチョコレートを楽しむために、購入する際に知っておきたい情報を詳しく解説していきます。今話題のCBDとはそもそもCBDとは何でしょ[…]

CBDのチョコレートはどんな効果が?商品を選ぶポイントや知っておきたい情報を解説

また、CBDグミは大手CBD製造会社などでも取り揃えており、味自体も楽しめるものが多くあります。

1日1個という様に日ごろのルーティンとして取り入れている方もおり、徐々に効果を感じたり睡眠の質が改善されたりなどの声が挙がっています

関連記事

CBDグミに興味があるという方向けに、CBDグミがどういう効果があるのかをまとめています。CBDが効果を発揮するメカニズムから解説し、効果をより感じるための方法についてもご紹介します。CBD・CBDグミとは?CBDグミはどのようなも[…]

CBDグミの効果まとめ!効果を感じられないときの対処法も紹介

まとめ

ここまで、CBDキャンディについて詳しく解説していきました。

身体になにか不調を抱える方などは、CBDの効果を感じやすい商品をぜひ見つけてみてください。