CBDのチョコレートはどんな効果が?商品を選ぶポイントや知っておきたい情報を解説

CBDのチョコレートは、どのような効果があるのでしょうか? またそのお味は?

日本で安心してCBDチョコレートを楽しむために、購入する際に知っておきたい情報を詳しく解説していきます。

今話題のCBDとは

そもそもCBDとは何でしょうか?CBDは、大麻から抽出される成分として、近年注目を集めています。

直近数年で非常に市場が拡大しており、2019年度時点で650億円だった市場規模は、2022年には約2兆4200億円に成長すると予測されております。

そんなCBDを用いた製品は、どのような特性を持っているのか、詳しく見ていきます。

CBDは大麻草から取れる成分のこと

CBDとは、大麻草から得られるカンナビノイドの一つです。カンナビノイドとは、酸素・水素・炭素からなる化学物質の総称のことで、麻には100種類以上のカンナビノイドが存在しているとされます。

その中でも代表的なものとしてCBD(カンナビジオール)とTHC(テトラヒドロカンナビノール)があります。

THCは、大麻草の花穂や葉に多く含まれており、中枢神経を麻痺させ、精神作用をもたらしたり陶酔状態になったりすることがあり、いわゆる大麻使用により”ハイ”になる効果をもたらす成分はこのTHCによるものです。

マリファナなどに多く含まれている成分としても知られるほか、THCの構造を模倣して作られるものとして危険ドラッグなどがあります。

一方でCBDは、THCのような精神作用は見せず、体内の神経伝達物質に作用して、心身のバランスを整えることで知られています。

どうして最近話題なのか?

なぜ、CBDは注目されるようになったのでしょうか?

それは、アメリカの大麻産業が関係しているとされます。アメリカでは、近年医療用大麻の導入や、嗜好用としての大麻などが使用されるようになり、急激に大麻産業が拡大していきました。その拡大の流れは、19世紀のゴールドラッシュになぞられグリーンラッシュといわれるほどです。

それに比例して、大麻の成分であるCBDの市場も拡大していきました。

そんなCBD、心身のバランスを整えるとされていますが、具体的にどのような効果があるのでしょうか?

最近では研究が進められることで、多くのCBDの事例がでてくるようになりました。CBDの効果・効能について、部分的に紹介していきます。

  • 精神安定・リラックス効果
  • うつ病治療
  • 抗不安
  • 生理痛・偏頭痛・腰痛・ぎっくり腰等の局所的な苦痛症状
  • アルコール・ニコチンなどの依存治療
  • 癌の進行を阻害
  • アトピー・汗疹・ニキビ等の皮膚の炎症
  • てんかんなどの治療

これらは、研究結果から示されているものや、症状を抱えた患者が使用することで得た実体験などが多くあります。

上記のような効果が期待されることから、一部の国では医療用として扱われており、今後も研究が進められていき、ヘルスケア領域でCBDが活躍していくことが予想されます。

CBDは合法?依存性はあるのか?

そんなCBDですが、日本ではまだメジャーではなく、大麻から抽出される成分であることから、日本で扱って良いのか、不安な方も多いと思います。

日本におけるCBDは、茎・種子から抽出したものであれば、そのCBD商品は合法であり、特に問題はありません。一般的に店舗やオンラインショップで販売しているものも、大麻草の茎や種子から抽出されたものを使用しています。

なぜ茎や種子が法律から外れているかといいますと、THC(精神作用を及ぼす成分)は大麻草の茎や種子からはほとんど抽出されないことや、日本でも古くから大麻の茎や種子を用いて、衣服や食用としてもこの部位を使用しているからだと考えられます。

なので、一般的に販売されているCBDの製品は、THCの成分が入っておらず、精神作用などがなく安心してご使用いただけます。

またCBDには、THCのような依存性もなく、むしろアルコールやニコチンなどの依存性を抑制する効果もあるとされています。

CBDが有毒性や依存性が認められないことについては、WHO(世界保健機関)でも正式に表明しており、CBDの効果をはかるため対臨床試験などが国内・国外で進められています。

カンナビジオール事前審査報告書

様々なCBDの摂取方法

近年、CBDを用いた製品が多く作られています。

CBDオイルなどの舌に垂らすタイプのものや、CBDを蒸気にして吸引して吸うサイプのもの、またコーヒーなどの飲料やサプリメントなどがあります。

ただし、CBDオイル等は、大麻由来の独特の風味があり、一度購入してみたもののその風味が合わずにやめてしまう方が一定数いるのも事実です。

そんな中、味を楽しみつつCBDを摂取できるものとして、CBDチョコレートなどが海外では人気で、日本にも登場してきています。

CBDとチョコレート、どんな効果が?

CBDチョコレートは、どういった時に良さを発揮するのでしょうか?ここでは、CBDチョコレートの効果について解説していきます。

CBDチョコレートが身体に与える影響

CBDの効果は、先程軽く触れましたが、抗不安目的精神安定不眠症の改善リラックス作用などの心理的安定を促進する効果、頭や腰などの慢性痛に対する効果及び癌やてんかんなど重度の病気の抑制など、幅広く挙げられました。

ここで、チョコレートの効能を見てみましょう。

チョコレートは、カカオプリフェノールが多く含まれていることから、血圧低下などの効能から高血圧予防に繋がったり、血管を健康に保つ善玉コレステロールが増加したりするような効果があります。

また、テオブロミンという成分が大脳皮質を刺激することにより、集中力ややる気などを上げる効果も、一般的に知られているほか、この成分は神経を落ち着かせる効果もあり、ヨーロッパでは就寝前にチョコレートを食べる習慣である「ナイト・チョコレート」と呼ばれるものあるほどです。

さらにチョコレートは、脳由来神経栄養因子のBDNF値という記憶効果を意味する数値が上昇することが確かめられており、アルツハイマー型認知症などにも効果的だとされています。

▽参考:チョコレート摂取による健康効果に関する実証研究

これらを見ると、CBDチョコレートには精神を落ち着かせるリラックス効果の促進や、高血圧に対する予防認知症基礎疾患などに対しても効果を発揮し、CBDとチョコレートのお互いの良さが重なり相乗効果を生むことができます。

CBDチョコレートが良い効果をもたらす場面

CBDチョコレートは、他のCBD製品と比べても効果を発揮したり、日常に溶け込みやすい商品として期待されています。

まず、大麻由来の独特な風味を感じずに、CBDを身体に取り入れることができることが挙げられます。

CBDの代表的な商品として、CBDオイルがあります。こちらは、舌の下にオイルを垂らしたあと数分間放置することにより、舌の毛細血管に吸収することができます。

ただ、こちらは独特の苦味が生じて、苦手意識を持つ方も一定数存在し、飲み込んでしまったり、ハチミツを舌下に塗ったりするような手間を生じたりします。

その点、CBDチョコレートはチョコレート本来の味を楽しみつつ、CBDを効果的に摂取することができます。

 

また、CBDチョコレートは他の商品と比べて日常的に楽に摂取できる商品であるといえます。

CBDオイルであれば、オイルが入ったケースを取り出し、スポイトを用いて舌下に垂らすので、その行為はCBDを知らない人に対しては違和感を覚えることから、なかなか公共の場では難しい部分があります。CBDを気化したものを摂取する、CBDベイプ等を用いる場合は、一般的に見ると喫煙とほぼ同じ類いとして捉えられるので、こちらもまた気軽に扱うという意味では今ひとつです。

これらと比べ、CBDチョコレートやCBDグミなどは、軽食などと同じように摂取できることから、他の商品と比べて扱いやすいといえます。

 

さらに、CBDチョコレートならではの良さとして、口内で溶かすことができる点が挙げられます。

通常、CBDグミやCBDガムなど、CBDを含んだ食べ物や飲み物は、経口摂取といわれ、消化器を通ってCBDが吸収されるため、吸収率は他の摂取方法と比べて低く、6~15%ほどといわれています。

一方でCBDオイルは、舌下摂取といわれる摂取方法で、口腔内の粘膜からCBDを吸収し消化器を通らないため、吸収率6〜20%ほどで、経口摂取より高い経口にあります。

CBDチョコレートはその溶ける特性から、舌下からの摂取も期待でき、他のCBD食品と比べて吸収率が高くなるとされています。

その他、CBDキャンディなども口で溶かして摂取するものなので、こちらも参考にしてみてください。

関連記事

CBDキャンディを目にしたことはありますか?CBDの商品はグミやガム、オイルやVapeなど、多くの商品が出てきましたが、今回はCBDキャンディについて詳しく見ていきます。CBDキャンディにはどんな効果がある?CBDキャンディ[…]

CBD_Days_キャンディ

CBDチョコレートを購入・摂取する上で知っておきたいこ

CBDチョコレートは、その効果性から国外で多くの支持を得ており、日本でも販売量が多くなってきています。そんなCBDチョコレートを購入・摂取するにあたり、正しい製品を購入して、CBDの効果を味わうためにも知っておくべき情報が何点かあります。

安心して購入するために

CBDを用いた製品は合法であることは先程お伝えしました。ですが、CBDを購入する際にはいくつかしっかりと確認しておく必要があります。それは、

  1. THCが入っていないこと
  2. 成分分析表を確認して、CBDが含まれていることを確認すること
  3. 口コミやレビューを確認して、商品を扱う会社が信用できるか吟味すること

です。日本の法律上、CBDであっても茎や種子からカンナビノイドを抽出することは規制されており、基本的に日本で売られているCBD成分はすべて国外から輸入したものです。

なので、輸入の際に正規ルートをたどっていれば、基本的に日本の法律に従った製品ではありますが、実際には怪しいウリ文句であったりCBDが入っていない、また有害な成分が混入しているというケースも0ではありません。

また、情報が少ないだけに、適正でない価格で販売していることも多々あることです。商品を選ぶ際には上記を意識して、他の商品と比較しながら選ぶようにしましょう。

CBD食品は空腹時に食べるのがポイント

CBDを経口摂取で体内に取り入れる場合は、胃の中に食べ物が入っている状態よりも、空腹時に食べた方が吸収される効率が高くなります。

ただし、CBDの含有量が高いものを空腹時に摂取した時に、人によっては胃に不快感を感じたり、吐き気などで体調が悪くなるケースもあるので、最初は少量を試してみて、適正な量を見つけていきましょう。

 

接種後の予定には少し注意を

CBDを初めて使用される方は、摂取した後に車の運転など注意が必要な行動はなるべく入れないようにしておきましょう。

CBDの効果は人によって異なり、効きやすい方は眠くなったり注意力が低下する恐れがあります。

また、CBDチョコレートは効果が出るまでに時間がかかったりすることで過剰に摂取してしまうケースもあります。過度にCBDの商品を取ることも、その後の活動に何らかの支障をきたす恐れがあるので、用量をしっかり守るようにしましょう。

まとめ

CBDチョコレートについて、その効果や他のCBD商品と比べての良さ、また商品を選ぶ上での注意点について解説してきました。

CBDの商品は他にもたくさんあるので、商品の特性を見ながら、自分に合った商品をぜひ見つけてみてください。