CBDクリームとは?使用用途や効果など詳しく解説!

CBDクリームとは一体?

CBDについて何も知らない方。

またオイルやリキッドは聞いたことあるけどクリームもあるの?という方。

そのような方も、本記事を読めばある程度理解することができます。

詳しくみていきましょう。

CBDクリームとは?

CBDクリームとは、CBD商品の1つであり、美容の効果や身体の調子を整える効果があるとされている製品です

この記事を読んでいる方は、芸能人の方が使用されている経緯で認知をしたり、知人が使用していることを知ることでCBDクリームを見つけたかもしれませんね。

CBDという成分は大麻草から得られる成分であるため、オーガニック志向な方など天然成分を使用したい方が特に使用している傾向にあります

CBDクリームは、ニキビやアトピーといった肌荒れや、腰痛や肩こりといった痛みを抱えている方にとって、新たな治療法の選択肢となっており、これらの悩みを改善させる効果があるとされています。

その他にも、CBDは私達の身体機能を整える効果があるので、CBDクリームやその他の商品を使用する方は年々増加しています。

そんなCBDクリームについて見ていきます。

今話題のCBDとは?

CBDクリームについて詳しく知るには、CBDがどのようなものかを知ることが大切です。

ここではCBDの概要について解説していきます。

カンナビノイドの代表的成分CBD

CBDは、大麻に含まれている化合物であるカンナビノイド類の1つです。

カンナビノイドと呼ばれる生理活性物質は、100種類以上存在しており、CBDの他にもTHCなども代表的な成分です。

このカンナビノイドは、私達の身体に影響を与えることで知られています。

大麻を使用するとハイになる、と聞いたことはありませんか?

これは、カンナビノイドの1つであるTHCと呼ばれる成分の、向精神作用効果によるものです。

一方でCBDはそのような効果はなく、私達の身体調整機能を整える作用があるので、医療業界や美容業界などで注目を集めています

日本ではTHCを含む商品は法律で禁止されていますが、CBDの場合は適切なルートを通ることにより、問題なく使用することができます

ただ、大麻由来であることから、怪しいものであったり身体に悪影響を及ぼすと思う方もいるので、その点について少し触れておきます。

CBDは合法で有害性は見られない

CBDは合法です。

ただし、それは所定の手続きを取ったものに限る、というのが正しいです。

日本の法律に記載されている大麻取締法では、以下のように記載されています。

第一章 第一条

この法律で「大麻」とは、大麻草(カンナビス・サティバ・エル)及びその製品をいう。ただし、大麻草の成熟した茎及びその製品(樹脂を除く。)並びに大麻草の種子及びその製品を除く。

つまり、成熟した茎や種子やそれを用いた製品は、法律の上の大麻に該当しないということです。

日本では古くから衣服や調味料などに茎や種子を用いたりしていることから使われていたりします。

なので、茎や種子から抽出されるCBDを用いた商品を使うことは合法ということになります。

ただし、麻薬取締法においては、THCを含む製品を取り扱うことを禁止しているので、THCが入っていないことも条件になります

一般的に日本で大麻を取り扱うことは日本で禁止されているため、輸入することになりますが、その際に厚生労働省に以下の書類を提出することで日本で取り扱うことができるようになります。

  1. 大麻草の成熟した茎又は種子から抽出・製造されたCBD製品であることを証明する内容の文書
  2. CBD製品の成分の検査結果が記載された成分分析表
  3. 製造工程の写真

日本で販売されているCBD商品は基本的にこれらの法律に遵守して販売されているので、合法になります。

大麻を取り巻く日本の法律に関して、詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてみてください。

関連記事

CBDは大麻から抽出されるということもあり、CBDに関する法律が気になる人も多いと思います。本記事では、CBDが関係する法律である大麻取締法・麻薬及び向精神薬取締法・薬機法(旧・薬事法)について解説し、合法・違法になるケースを徹底解説いたし[…]

CBDに関係する法律や規制を徹底解説、製品によっては違法になる可能性も
関連記事

そもそもCBDとは?日本では合法なのか?CBDというワード、耳にしたことがある方も多いと思います。CBDとは何なのか、正しく理解したあとに、日本の法律や安全性について見ていきましょう。CBDとは、大麻草などに含まれる成分のことC[…]

CBDは合法なのか?日本の法律や市場について詳しく解説

CBDを取り入れた様々な製品

CBDを取り入れた商品は、いくつかの種類があります。

代表的なものは、吸うタイプのCBDリキッド・カートリッジ舌下にたらしたりするCBDオイル、また食品(エディブル)としてキャンディ・チョコレート・グミ、また塗るタイプのCBDクリームなどが挙げあられます。

それぞれの商品で、少し効果の感じやすさや作用する部分などは変化しますが、CBDが持つ心身の機能を調整する効果を持っています。

摂取方法によって、例えば効果を感じ始めるまでの時間持続時間、CBDの吸収率(バイオアベイラビリティ)などが変わってきます。

関連記事

CBDは摂取方法によって効果の現れ方が変わります。舌下摂取・経口摂取・吸入摂取・局所摂取といった4つの摂取方法ごとに、CBDの効果が出るまでの時間や効果が持続する時間、さらには吸収率をご紹介していきます。CBDは摂取方法によって効き方が[…]

CBDは効果の現れる時間が摂取方法によって違う?効果の発現までと持続時間

その中でも本記事ではCBDクリームに焦点をあてて解説します。

ただ、CBDクリームを見ていくにあたり大切なことは、CBDがどのような作用を私達にもたらすかを認識することなので、まずはCBDの期待効果を見ていきます。

CBDは身体にどのように作用する?

CBDは、天然由来の成分で私達の心身の調子を整える効果が期待されており、オーガニック志向の方やコアなCBDファンによって愛用されています。

そんなCBDが期待されている効果を解説していきます。

身体機能を調整するエンドカンナビノイドシステム

以前は、大麻のカンナビノイド(CBDやTHCなど)が私達の身体に影響を及ぼすことは分かっていましたが、どのようなメカニズムか分かっていませんでした。

そんな中、私達の身体にカンナビノイド受容体(CB1,CB2)が備わっており、これらに直接作用または間接的に作用することで影響を与えることがわかりました。

このカンナビノイド受容体が私達に備わっていることから、もともとこれに作用する伝達物質があるということであり、研究の末、私達の身体には内因性カンナビノイドが多数あることが分かってきました。

この内因性カンナビノイドがカンナビノイド受容体に作用することで、私達は体温調整や心身のバランスなどの身体調整を行うことができていることが分かってきました

これは言い換えるとホメオスタシス(恒常性)の維持に繋がっているということです。

そして、カンナビノイドとその受容体などのシステムのことをECS(エンド・カンナビノイド・システム)と呼ばれています。

つまり、ECSが適切に役割を果たすことで、私達はホメオスタシスの維持を行っているということです。

CBDはECSをサポート

ECSが適切な役割を果たすためには、内因性カンナビノイドが十分に分泌される必要があります。

しかし、この内因性カンナビノイドは、過度なストレスや過労・加齢、その他様々な要因から欠乏してしまうことがあります

そうした中で、CBDは植物性カンナビノイドとして取り入れることで、ECSをサポートすることが期待されています。

CBDは、それ自体がカンナビノイド受容体に結合するということよりも、受容体を刺激することで内因性カンナビノイドを増加させたりすることで、ECSをサポートしていきます。

CBDに期待される効果

CBDがECSをサポートすることで、様々な効果を期待することができます。

カンナビノイド受容体が、中枢神経かた皮膚に至るまで全身に分布していることからも、その効果事例は多岐にわたり、現在も研究が進められています。

実際の事例としていくつかピックアップすると以下のものが挙げられます。

  • リラックス効果によりストレス解消/うつ病改善
  • 抗不安作用等により不眠症改善
  • ニキビやアトピーなどの肌の炎症に作用
  • 偏頭痛や肩こりなどの痛みの緩和
  • 糖尿病や肥満などの生活習慣病の改善
  • 癌やてんかんの治療
  • アルコールやニコチンといった依存症の抑制

これ以外にも、CBDを使用したことにより症状の改善が見られた事例は多く存在しています。

今後は、科学的な根拠に基づき、医療現場などで活用されていくことが期待されています。

中でもCBDクリームは、皮膚に塗布するタイプであるので他の商品とくらべて具体的な効果を求めて使用される方も多くいます。

そんなCBDクリームについて見ていきます。

CBDクリームが特に期待されていること

ここからは、CBDクリームが効果を発揮するといわれる症状について見ていきます。

ニキビや湿疹に

CBDクリームをニキビや湿疹を引き起こしてる箇所に塗布することで、改善を期待することができます

これは、CBDがいくつかの効果を発揮するからだと言われています。

1つ大きいと考えられるのは、CBDが持つ抗炎症作用抗菌作用によるものです。

CBDは、免疫細胞に分布しているCB2受容体に作用することで免疫の働きを正常化させる働きがあり、結果的に炎症を引き起こしている部分の免疫の働きを助け炎症を抑制することになると言われています。

また、ニキビなどは皮脂が過剰に分泌されることで発生・悪化させることがありますが、CBDはこの過剰分布を抑制する働きがあると考えられるからです。

皮膚の油分を最適に保つことは、肌の汚れやニキビといった炎症を抑えることになりますが、CBDが肌の皮脂の状態を良好に保とうと調整することで、改善が期待されます

関連記事

CBDはニキビなどの肌荒れに効果があると言われています。CBDがニキビやシミ、湿疹などの肌荒れにどういう効果があるかを根拠となる論文付きで解説します。また、ニキビに効くCBDの具体的な使い方やおすすめのCBD商品も紹介します。CBD[…]

CBDの肌荒れへの効果と使い方

アトピー・かゆみにも効果が期待

アトピーなどの皮膚炎の症状として、かゆみなどがあります。

かゆみを引き起こす成分としてヒスタミンという物質がありますが、こちらが分泌することでより症状がみられます。

その治療薬として、抗ヒスタミン剤などが処方されますが、CBDはこのヒスタミンの分泌を抑える効果があることが研究を通してわかりました。

なのでCBDは、アトピーや肌のかゆみに対して効果的であるといわれていることから、通常の処方薬以外の選択肢としてCBDクリームなどのCBD商品も検討の余地があります

関連記事

CBDは、医療分野で様々な効果を発揮するといわれており、アトピーなどの炎症を緩和・改善させる働きがあるといわれています。本記事では、CBDが肌の炎症に対してどのような効果を発揮するのか解説していきます。アトピーはなぜ起きる?夜も眠れ[…]

アトピーにCBDやCBDクリームは効果がある?

腰痛や筋肉痛などの痛みに作用

カンナビノイド受容体には、CB1とCB2と呼ばれるものがあります。

それぞれ、CB1は主に心臓血管、骨、脳、肝臓など中枢神経系に分布しており、CB2は消化管や血管といった全身に分布している末梢神経系に分布しています。

CBDクリームなどは、皮膚から浸透することによって、ECSの働きをサポートする効果が期待できますが、特にCB2に対して作用するといわれています。

CB2は、免疫細胞上にも分布していることから、免疫機能がサポートされることになり、炎症を緩和させる働きがあります。

なので、腰痛や肩こり・筋肉痛といった局所的な痛みに関して、CBDクリームを塗布することで改善の可能性があります

関連記事

「頭痛や片頭痛、関節痛や筋肉痛や生理痛など、痛みがひどくて何をするにも集中できない」そんなこともあると思います。CBDは鎮痛・疼痛緩和の効果があると言われており、ほとんどの慢性痛や急性疼痛に効果があると言われています。本記事[…]

CBDの鎮痛効果を解説。痛み別におすすめCBDも紹介

CBDクリームのオススメの使用場面

CBDクリームの効果を解説していきましたが、ここからは具体的なオススメ使用場面を紹介します。

①お肌のトラブル・スキンケアに

先程、ニキビや湿疹・アトピーのような症状に対してCBDクリームは有効であると解説しましたが、もちろんスキンケアの1つの商品としても注目を集めています。

いつものスキンケアでなかなか効果が現れない、気分転換に違う商品を使用してみたい、そんな方はCBDクリームを使用してみることをオススメします。

乾燥している肌に対しても保湿効果として機能する商品や、オーガニック成分を用いたものなどあるので、ぜひ検討してみてください。

②寝る前のリラックスとして

CBDは、ECSのサポートをすることで、乱れた自律神経を整えたり、普段の生活で抱えたストレスなどを緩和させる働きがあります

寝る前に、首元や耳の裏などに塗ることで皮膚からの吸収を通してCBDが作用するほか、香り自体もオーガニックな香りでリラックスすることができます。

なかなか日中は忙しくて休む暇がない、そういう方々がナイトルーティンとして用いたりしている方も多いので、CBDを使用するタイミングとして寝る前は効果を感じやすいと思われます。

③仕事や勉強の合間に

普段、仕事でデスクワークが主体となっていたり、勉強を長時間行っていると、肩こりや腰痛の症状を持つ方も少なくありません。

また最近では、在宅ワークになったことからますます休憩を取らないで仕事を行ってしまった結果、症状が悪化するということもあります。

CBDは先程効果で説明しましたが、痛みを緩和させる働きがあります。

なので、仕事や勉強の間に休憩としてCBDクリームを塗布することで、症状には緩和が見込めるのと同時にリラックスする作用も相まって、作業の効率がアップすることが期待できます

④運動後の身体のケアに

運動後のクールダウンや、次の日に響かないように、CBDクリームを塗布することで筋肉の痛みなどを緩和することが期待できます。

実際、スポーツ選手やプロの格闘技選手が、身体の炎症や疲労回復のためにCBDを利用する方が増えているようです

湿布の匂いとして知られるサリチル酸メチルを含むCBDクリームもあるので、ぜひ検討してみてください。

まとめ

ここまで、CBDクリームについてその効果や使い方などを詳しく見ていきました。

CBDクリームの中でも期待効果によって香りや含有成分が変わってくるので、ぜひ自分に合った商品を見つけてみてください。