CBDに依存性はない?逆に薬物などへの依存症へ効果も

CBDが大麻から抽出されると知って気になるのが、依存性・中毒性・副作用ではないでしょうか。この記事では、CBDについて、CBDに依存性や危険性はないのか、さらにはCBDが依存症に効果があるということについて解説します。

CBDとは?

CBDについて知ってるがどういったものなのかわからない、そんな方のためにCBDの法律や健康にどうして効果があるのかをご説明します。

CBDは大麻から取れる成分だが違法ではない

CBD(カンナビジオール)は、大麻(麻、大麻草も同じ植物を指します)から抽出される成分です。大麻にはカンナビノイドと呼ばれる成分が104種類あり、CBDはそのうちの1種類です。

大麻から取れる成分ということで、合法なのかや安全性や依存性については気になるところだと思います。

まずお伝えしたいのはCBDは日本においても違法ではなく、法律によって規制されていることはありません

大麻を取り締まる法律である大麻取締法には、成熟した茎や種子及びその製品を除くというような記載があります。日本で流通しているCBD製品は基本的にはこの法律に則っており、正式に輸入や日本で製造したものがほとんどですので安心いただければと思います。

とはいっても、やはり法律について気になるという方もいらっしゃるとは思いますので、こちらの記事で詳しい内容を確認してみてください。

関連記事

CBDは大麻から抽出されるということもあり、CBDに関する法律が気になる人も多いと思います。本記事では、CBDが関係する法律である大麻取締法・麻薬及び向精神薬取締法・薬機法(旧・薬事法)について解説し、合法・違法になるケースを徹底解説いたし[…]

CBDに関係する法律や規制を徹底解説、製品によっては違法になる可能性も

CBDが危険なものなのではないかと勘違いされる理由としては、CBDと同じくらい有名なカンナビノイドにTHC(テトラヒドロカンナビノール)というものがあることが挙げられます。

このTHCというカンナビノイドは、日本では違法となり、依存性や有害性がないとは言えない物質になります。

CBD製品を摂取する際は、CBDに関わる情報をきちんと理解しておくことが重要です。この記事の最後にはCBD製品を選ぶ方法についても説明するので、チェックしてみてください。

CBDで期待されている健康への効果

CBDはどうして最近多くの人から注目を集めているのでしょうか。

それは、CBDには健康に対する多くの良い効果が期待されているからです。

人体にはエンドカンナビノイド・システム(ECS)という仕組みが備わっており、外の環境によらず、体内の恒常性を維持する働きをしています。通常、内因性カンナビノイドという私たちの体で自然と生成されるカンナビノイドによってECSが調整されています。しかし、ストレスなどの影響でアナンダミドや2-AGという内因性カンナビノイドが生成されなくなり、カンナビノイド欠乏症になってしまうことがあります。

そこで、CBDなどの植物由来のカンナビノイドを摂取することで、ECSの働きを正常化し、体にポジティブな影響が出てくるのです。

ECSは食事や睡眠といった生きる上で基本的な機能に関わっているため、実に多くの効果が期待されていて、睡眠の改善や抗不安作用、リラックス効果やニキビなどの炎症を抑える作用、痛みを緩和する効果があります。

他にも、血圧を抑えたりや抗うつ作用があったりと多くの効果があるので、悩みのある症状について見てみてください。

関連記事

CBDは健康面へのメリットから注目されていますが、実際に健康にどのような効果があるのでしょうか。CBDについてや期待される効果、CBD商品のリスクについて根拠となる論文付きで解説し、さらにCBD商品の選び方やオススメ商品をご紹介します。[…]

CBDは健康に良い?健康への効果や副作用について解説

CBDに依存性・副作用はある?

CBDがどうして健康に良いのかというメカニズムがわかっても、大麻に対する悪いイメージから、CBDに対して依存性や副作用などの安全性がどうしても気になってしまうと思います。そんな方のために、依存性や副作用について詳しく解説します。

WHOによるCBDの安全性の見解

CBDが安全なのか、信頼のおける機関の発表をご紹介します。

WHO(世界保健機関)では、2017年に発表したCBD事前審査報告書でCBDについて安全性について報告しています。

CBD の潜在的な治療効果を数多くの管理されたオープン試験を横断的にみると、良好な安全なプロフィールをもち、一般的に良好な忍容性(許容性)がある
引用元:カンナビジオール(CBD)事前審査報告書(日本語版)

ヒトにおける有害反応という部分では、このように報告しています。忍容性とは、有害作用(副作用)に対して、どれだけ耐えうるのかという程度を表したものであり、良好な忍容性があるとは、副作用がほとんどないかあっても重大な悪影響はないということです。

つまり、CBDのは有害性がないということになります。

また、このWHOの報告書では、CBDの依存性についても発表しています。

ヒトにおいて CBD は、乱用あるいは依存可能性を示唆する作用を示さない。
引用元:カンナビジオール(CBD)事前審査報告書(日本語版)

雄のマウスを使った動物実験では、CBDの身体依存の可能性は見いだされず、ヒトでの臨床試験においても離脱症状や耐性などの依存性は報告されなかっという報告が記載されており、CBDに依存性がある可能性は極めて低いと言えます。

また、二重盲検試験で乱用の可能性を様々な試験を通じて、乱用可能性がないということが明らかになっています。

他にも、CBDの有害性・副作用・依存性・乱用可能性のなさに関する研究は多く発表されているため、CBD自体は極めて安全な物質です。

さらに詳しく有害性について調べたい方は、こちらの記事も見てみてください。

関連記事

CBDは健康に効果があると言われていますが、人体への害はないのでしょうか。はじめてCBDを使う方のために、CBD自体の中毒性や副作用、CBD製品で注意するべきことを根拠となる論文付きで解説します。CBDとは?[…]

CBDに害はある?CBDの中毒性や副作用など注意すべき点を解説

 

CBD・大麻の依存性をお酒やタバコと比較

CBDには依存性がないということでしたが、1990年代にアルコールやニコチンと比較したときの大麻の依存性を比較した研究があります。

もちろん、大麻はCBDの他にも有害である可能性をもつTHCなどの他の物質も含んでいます。

しかし、それでもタバコに含まれるニコチンやお酒のアルコール、コーヒーやエナジードリンクに多く含まれるカフェインなどよりも依存性が低いということがわかっています。

dependency_comparison

これは、1994年にアメリカ国立薬物乱用研究所(NIDA)のジャック・ヘニングフィールド博士とカルフォルニア大学のニールベノウィッツ博士によって行われた調査内容です。

この結果によると、大麻は依存性(薬の使用が止められなくなること)が6つのうち最も弱いということがわかります。

また、ニコチンの離脱症状に苦しむ方は多いですが、大麻は離脱症状も最も弱く、さらには切望感(精神的な依存)もカフェインに続いて弱いことが弱いことがわかります。

大麻とCBDでは含まれている成分が違う面で、言い切れない部分はありますが、CBDに依存性がないということを裏付ける1つの材料にはなるでしょう。

CBDで確認されている副作用

上記の通り、安全性が高く依存性がないCBDですが、CBDで確認されている副作用がいくつかありますので、もし自身の体に現れたときにパニックにならないためにも、ご紹介します。

なお、副作用とは目的とする作用に伴って起こる別の作用という意味であり、どの薬にもあるというものです。

現状、報告されているCBDの副作用として、頭痛や強い眠気や倦怠感、食欲減退や下痢などがあります

しかし、これらはCBDの成分自体が問題というよりは、薬物相互作用やCBD製品の品質の問題、自分にあった量以上のCBDを摂取していることが原因の可能性が高いです。

特に、常服している薬がある場合には、医師に相談しましょう。

CBD製品を選ぶ際の注意点の欄で、詳しく説明します。

CBDは依存症に効果がある

CBDに依存性はないということはご説明しました。それだけではなく、CBDはアルコールやニコチンへの依存や薬物中毒に効果があると言われています。

ニコチンやお酒依存への効果

ECS(エンドカンナビノイドシステム)は、ドーパミン分泌量を調整に関与していることから、依存症に関係があると考えられています。

2013年には、煙草を吸いたくなったときにCBDを吸入するという研究が行われました。この研究では24名の喫煙者のうち、無作為に12名がCBD吸入器を投与され、12名がプラセボを投与されるという無作為化二重盲検プラセボ対照試験という信頼度が高い方法で行われました。

その結果、CBDを吸入した被験者が1日の喫煙本数が40%減ったという結果が得られました。

どうしてCBDが喫煙本数を減らすことができたのかは、CBDの抗不安作用などが関係していると考えられていますが、まだ詳しくはわかっていないですが、ニコチン中毒の潜在的な治療法であることということは示唆されています。

参考:Cannabidiol reduces cigarette consumption in tobacco smokers: preliminary findings

アルコール依存症に対してもCBDは有効であると考えられています。

アルコール依存症による重大な影響として、神経細胞の変性がありますが、CBDには神経細胞を保護する作用があると言われています。

また、アルコールによる肝臓の損傷もCBDによって軽減されることも示されているので、その点でもアルコール依存症に効果があります。

CBDの薬物依存への効果

CBDやアルコールやニコチンへの依存症だけでなく、幅広い薬物依存に対して有効であるということも様々な実験などで示されています。

動物実験では、薬物依存の症状として見られる、薬物探索行動、不安神経症、依存症に見られる衝動性をCBDが抑制したという可能性を示しました。

鎮痛薬として知られているオピオイド薬の離脱症状を軽減させる方法としてCBDは注目されていたり、依存症の再発となる薬物に関する記憶の減少にも役立つと言われています。

また、大麻から抽出されるCBDですが、同じカンナビノイドで向精神作用(ハイになる作用)があるTHCの悪影響を軽減することも可能性として示されています。

これらは、CBDに抗不安作用と神経保護作用が依存症に有効であると考えられています。

安全なCBD製品を選ぶ際の注意点

依存性や有害性がなく、安全なCBD製品を選ぶ際にはいくつか注意するべき点があります。

薬物間相互作用に注意

一般的な処方薬には薬物間相互作用(薬物相互作用とも呼ばれます)というものがあります。薬物相互作用とは、複数の薬物が血中に存在することで、それぞれの薬物の作用に対して影響を与えることです。薬物の作用が強くなったり、弱くなったり、新たな副作用が生じる場合が合ったりします。

CBDも摂取すると、血中に取り込まれるため、一般的な薬と同様に薬物相互作用が生じます。

薬物相互作用にはどういうものがあるのかは、全てはわかっていないこともあるので、常服している薬がある方は、かかりつけ医にCBDの使用が問題ないかを確認するのが良いです。

成分分析しているCBD製品を選ぶ

CBDが安全な成分であることはすでにご説明しましたが、CBD製品に質が悪く有害となってしまうこともあります。

大麻は土壌にある有害な重金属を吸い上げやすい植物なのですが、CBD製品にその重金属が混ざってしまっていることがあります。

また、CBDを大麻から抽出する際に使用する有機溶剤がCBD製品に残留してしまっていることもあります。

そのため、CBD製品に害のある重金属や有機溶剤が含まれていないかを確認していないと、そのCBD製品が安全であるとはいえません。

第三者機関による成分分析表(COA:Certificate Of Analysis)を公表しているかどうかが重要となります。

信頼できる事業者であれば、製品ページやホームページに成分分析表を載せている場合が多いので、是非チェックしてから安全なCBD製品を選んでください。

まとめ

本記事では、CBDについての規制や健康効果、WHOがCBDの依存性や安全性や有害性に対してどのような見解をだしているのか、さらにはニコチンやアルコール、薬物といった依存症に対してどういう効果があるのかについて解説してきました。

安全なCBD製品をしっかりと調べることで見つけて、自分にあったCBD製品を選んでみてください。