CBDはキマるのか?大麻草に含まれるCBDの特性を詳しく解説

CBDは、大麻草から取れる成分であることから、マリファナのような精神を高ぶらせる作用、いわゆる”キマる”という特性を想像する方もいると思います。

果たしてCBDは”キマる”のか、そのCBDの効果や特性をふまえた上で詳しく解説していきます。

大麻由来の成分CBDはキマるのか?

CBDは、大麻から抽出された化学成分であり、現在世界中でその効果が注目されています。

日本でも、ここ数年でCBDの商品が多く製造・販売されるようになり、目にした方もいると思いますが、日本では”大麻”に馴染みがないため、大麻から抽出された成分であるCBDも「怪しい」や「人間の身体に悪影響を与えるのでは?」と感じる方も多くいます。

世間では、嗜好品などを用いて精神作用をおこすことを”キマる”といいますが、CBDではそのような効果はあるのでしょうか。

まずは”キマる”状態は何なのかについて見ていきます。

キマるとはどういう状態のことを指すか?

“キマる”とは、薬物などを使用することによって感じる多幸感や精神の高揚などの状態を総称したものです。

ただ、日本では薬物や大麻などを使用することは昔から禁止しているため、このような状態を実感することはありません。

日本では、お酒などでアルコールを摂取することにより酔う感覚を”キマる”といったり、喫煙者の場合はタバコを通してニコチンを体内に取り入れることにより中枢神経が刺激され興奮状態になることを”キマる”といったりするなど、厳格に定義はされていないものの、そのように使われていたりします。

中には、水タバコ(シーシャ)なども、大麻に似ている吸引方法などにより、同じようにキマるという表現などをすることがありますが、これはシーシャなどはリラックス効果などはありますが大麻やマリファナのよう精神作用を起こすものではないので、大麻と同じような表現は適切ではないかもしれません。

アメリカの映画などで”キマっている”姿などを見ることがあります。

それらは、マリファナなどを使用することにより、意味もなく笑みを浮かべていたり、感情を表に出して制御できなくなったりするなど、様々です。

これらのように、大麻などを用いることにより精神的にハイになる状態のことを一般的にキマると呼ばれています。

CBDでキマることはない | THCとの違い

大麻を用いるとハイになる、としばしば言われますが、大麻から抽出されるCBDもまた同様の作用があるのでしょうか。

答えは、CBDは「いわゆる大麻のハイの状態になることはない」です。

CBDは、大麻にあるカンナビノイドと呼ばれる100種類以上の化学物質の1つです。

カンナビノイドは、体温調節や食欲、痛みを知らせる神経など、人間が生きていく上で必要な機能を広く管理するシステムであるエンド・カンナビノイド・システムに作用することにより、私達の身体に影響を与えます。

このカンナビノイドにおいて、代表的な成分としてCBDの他にTHCというものがあります。

このTHCが、マリファナなどの大麻などに多く含まれ、精神的にハイになる効果を引き起こす成分であることがわかっています。THCは、カンナビノイド受容体であり、脳内に多く分布しているCB1セレプターに直接結合することにより、気分を高揚させる効果などの精神作用を引き起こします。

一方でCBDは、このCB1セレプターに直接結合するのではなく、通常CB1セレプターと結合する内因性カンナビノイドを活性化させることで、間接的にエンド・カンナビノイド・システムに作用し、身体に影響を与えるとされています。

CBDは、THCがのような精神作用などはなく、心身の様々な症状に対して働きかけることから、現在注目を集めています

CBDの効果について

CBDはハイになる状態を求めるのではなく、私達が生活していく上で必要な機能をサポートする働きがあります。

CBDは、その効果から幅広い世代に有効であるとされ、多くの臨床試験や事例が出てきています。

その中でも特に多くの人が関係するものをいくつか挙げていきます。

  • リラックス効果によりストレス解消/うつ病改善
  • 抗不安作用等により不眠症改善
  • ニキビやアトピーなどの肌の炎症に作用
  • 偏頭痛や肩こりなどの痛みの緩和
  • 糖尿病や肥満などの生活習慣病の改善
  • 癌やてんかんの治療
  • アルコールやニコチンといった依存症の抑制

現在をストレス社会と表現する言い方が出ているほど、情報過多の現在はストレスを抱える人が多い状況にあります。

直近の状況を見てみても、勤め先でストレスを感じている割合はおよそ8割であり、過去3年間で最大値を取るような結果でした。

▽参考:日本経済新聞

ストレスを抱えた状態でいると、生活習慣が乱れたり精神的にマイナスな感情抱くようになり精神疾患や病気にかかりやすくなるなどするので、ストレスをためないようなライフバランスを考えたり、ストレスの解消をしたりする必要があります。

CBDは、自律神経を整えリラックス作用があるので、ストレスなどを解消する1つの選択肢になります。

その他にも、睡眠の改善をはかったり、肌荒れなどの皮膚の悩みや肩こり・頭痛など、多くの人が抱える悩みに対してCBDは有効であるとされています。

CBDは、大麻やマリファナのような精神作用を意図的に引き起こすのではなく、私達が抱えるネガティブな要素を、良い方向に変えてくれる成分であるから、期待があつまっています

キマるわけではないCBDは合法?

大麻のようなハイになる効果はないとするCBDですが、大麻から抽出される成分なだけに、日本で扱って良いのか不安に思う方もいると思います。

ここでは、日本の法律について詳しく説明します。

世界で拡大している大麻草の市場

日本の法律を見る前に、海外での大麻草の動きを見てみましょう。

大麻に含まれるカンナビス成分を扱う製品は世界で急速に成長しています。インドのリサーチ会社によると、2018年の世界のカンナビス市場の規模はおよそ1兆円だったのに対して、2026年には約9兆7千億円にもなるとされており、コーヒーの市場規模と同程度・もしくはそれ以上になると予想されています。

北米・南米・ヨーロッパを中心に大麻が合法化される国が増えています。嗜好用大麻を認可している国は6ヶ国で、医療用大麻を合法化している国は26ヶ国あります。

アメリカなどは、2018年の農業法が変更されたことにより、精神作用を及ぼすとされるTHCが0.3%以下の大麻草においては、産業用ヘンプとして栽培が合法化されました。

その後は嗜好用・医療用など、州によって大麻の法律が様々に変化しており、今にいたります。

今後の市場予測にもあるように、大麻合法化の流れは他の国でも進められ、CBDやCBDを用いた製品もそれに合わせて拡大していくと思われます。

大麻を取り巻く日本の法律

日本においては、大麻の法律はどのようになっているのでしょうか。

大麻に関する法律は、「大麻取締法」「麻薬及び向精神薬取締法」「薬機法」などが存在しています。

ここで重要になってくるのは大麻取締法における「大麻」であり、日本の法律では成熟した大麻草(麻・大麻も同じ植物を指す)の茎と種子は大麻に該当しないとしています。

また、麻薬及び向精神薬取締法においては、基本的にTHCを含む製品は原則として輸入することは禁止しているほか、化学合成されたTHC等も麻薬として扱うとなっています。

これらから、THCを用いた商品は基本的に法律に違反しており、CBDは茎や種子から抽出されたものであれば使用することは問題ありません。

日本では、法律により大麻を扱う大麻取扱者が決められており、規定の範囲内にてTHCが少ない産業用ヘンプの栽培と茎や種子の採取などが実施されている状況です。なので基本的に、日本に流通しているCBDの商品は、海外から輸入しているものであり、輸入する際には税関にて正当な手続きを取ることが義務付けられています。

よって、日本のCBDの商品は、健全な事業者であれば法律に引っかかることはありません。

関連記事

CBDは大麻から抽出されるということもあり、CBDに関する法律が気になる人も多いと思います。本記事では、CBDが関係する法律である大麻取締法・麻薬及び向精神薬取締法・薬機法(旧・薬事法)について解説し、合法・違法になるケースを徹底解説いたし[…]

CBDに関係する法律や規制を徹底解説、製品によっては違法になる可能性も

人によって効果は異なる?CBDを使用する上で知っておきたいこと

日本でも次第に認知されているCBDですが、CBDは”キマる”ような精神作用に直接働きかけるようなものではなく、人によって効果の感じ方は様々です。

ここでは、CBDの効果の感じ方について解説していきます。

量と効果は比例しない

CBDは、人によって効果の感じ方が異なり、適切な量も変化していきます。これは、人間の身長や体重、代謝や健康状態などによって、CBDの効き目が異なってくるからです。

また、少量で効果を感じないからといって、多量に摂取することで効果を感じやすくするというイメージがある方もいると思いますが、CBDは量に比例して効果を感じやすくなるものではありません。

一般的に、CBDの効果は量に対して逆U字型になるとされており、量を増やすことによってある程度効果を感じるようになりますが、一定の量を超えるとむしろ効果を感じにくくなる、という傾向にあります。

これは、ラットなどを用いた研究などによっても明らかになっており、一部てんかんなどの症状に対しての治療薬などを除いては、概ね高用量のCBDを摂取しても効果を発揮するとはいえません。

なので、CBDの商品を利用する際は、少量から徐々に増やしていき、自分が一番効果を感じる量を見つけるようにしていきましょう。

摂取方法によって、体内に入るCBDの量は異なる

また、効果を感じやすくする方法として、摂取方法を変化させてみることも良いです。

CBDの商品には、CBDオイルCBDリキッド、CBDエディブルと呼ばれるようなCBDグミCBDコーヒーなどの食品や飲料など、様々なものがあります。

それぞれ摂取の仕方が異なる分、効果を感じるまでのスピードや持続時間、また商品を体内に取り込んだうち実際にCBDが血中などに流れる量(吸収率)などが異なります。

CBDの効果を感じにくい人は、即効性が比較的に高いものであったり、吸収率が高いものを使用してみることをオススメします。

ここからは、それぞれの摂取方法を見ていきます。

舌下摂取

CBDオイルなどは、舌に垂らすことにより舌下にある毛細血管に直接届けることで、吸収率を上げることができます。

舌下摂取は、吸収率が20-35%であり、後ほど紹介する経口摂取よりも高いことが特徴として挙げられます。

また、摂取してから15-30分程度から作用していくことから、寝る前などにCBDオイルを使用することで、睡眠に入ったタイミングで効果を発揮し、また持続時間は4-8時間ほどなので睡眠と重なり、睡眠の質を上げたり不眠症の改善を行うことができます。

関連記事

CBDを「舌下で摂取する」とは?CBDを摂取するにあたり、代表的なものにCBDオイルの製品があります。こちらを使用する時は、CBDオイルを舌に垂らす方法として知られる「舌下(ぜっか)摂取」や、食品に混ぜる経口摂取、その他霧状にし[…]

CBDを舌下摂取?オイルなど商品別に効能を解説

 

経口摂取

CBDのグミやチョコレート、ガムやスポーツドリンクなど、様々な食品や飲料が出現しています。

経口摂取は、吸収率が6-15%ほどだと言われており、また摂取してから肝臓などを通過していくため、他の摂取方法よりも効果を感じるまでの時間も長いです。

なので、CBDの効果を感じない方は、別の摂取方法をオススメします。

吸引摂取

吸引摂取とは、CBDが入った液体を蒸気にして、それを吸引して摂取する方法です。フレーバーも種類があり、ミントやレモン、また大麻風味を出したものなど多くあるので、フレーバーによるリラックス効果も楽しめます。

CBDリキッドなどと呼ばれるこちらの商品は、吸引したものが肺に入ることで、肺の毛細血管が吸収し血流にのることから、摂取してから数分で作用し、吸収率も約40-60%と高いことが特徴です。

CBDの効果を感じにくい方は、CBDリキッドの商品を探してみると、他の商品とくらべて効果が高いものを見つけられると思います。

おわりに

CBDについて、誤解されがちなポイントや抑えておくべきことについて解説していきました。

大麻から抽出されるといっても、その使用用途は様々であり、CBDは今後ますます研究結果や実証が出てくるでしょう。