CBDグミに危険性はない!?安全なCBDを選ぶポイントと注意点を解説

CBDグミが大麻から抽出されると知り、本当に安全なのか・危険性がないのか気になっている人のために、CBDに危険はないのかを成分そのもの・大麻の栽培方法・CBDの抽出方法から徹底解説しています。また、CBDグミには注意点もいくつかあるのでまとめました。

CBDグミとは?

CBDグミに危険性がないのかをご説明するために、改めてCBD・CBDグミがどういったものなのかを解説します。

CBDは大麻草から抽出される成分の1種

CBD(カンナビジオール)は大麻から抽出される成分であるカンナビノイドの一種です。カンナビノイドは酸素・水素・炭素からなる物質で、104種類以上ありますが、CBDはその健康・美容面でのメリットから最も注目されているカンナビノイドなのです。

ちなみに、CBDは有機化学合成などでも作ることができ、それを使ったCBD製品もあるにはあるのですが、大麻由来のCBDのほうが価格が安かったりCBNなどの他のカンナビノイドが入ることによる相乗効果であるアントラージュ効果が期待できるため、現在は多く流通しています。

CBDと並んで有名なカンナビノイドとしてはTHCというものがあります。正式名称はテトラヒドロカンナビノールであり、この物質は幻覚作用や向精神作用があると言われており、いわゆる大麻の「キマる」というイメージはこの物質によるものです。

CBDとTHCは違う物質ですので、CBDが向精神作用などをもたらすことはありません。大麻というイメージからCBDが持っていない効果まで期待してしまうという方もいらっしゃるので、CBDがどういうものなのかは改めて理解しておきましょう。

CBD・CBDグミは合法

大麻ということから心配される方もいると思いますが、CBDグミは合法です。

大麻を規制している大麻取締法では、大麻草の種子と成熟した茎は規制から除くということが明記されています。

もちろん、種子・茎以外からCBDを抽出していると日本では違法となってしまいます。また、CBD以外にTHCが入っていると違法です。実際に、CBD製品にTHCが入っていたというケースもあるため、CBD製品はしっかりと法律に則っている誠実な事業者から購入するように注意してください。

なお、大麻は昔から生活と結びついた植物で、繊維は衣類に麻として使われていたり、種子は七味唐辛子に入っていたりします。そのため、大麻取締法を定める際に、種子・繊維は除くというような条文が記載されたのです。

大麻を取り締まる法律は国によって違うため、国内では違法となる方法で製造されていたり、THCなど違法な成分が入っていることもあるので、CBDを買う際には十分情報を集めることが必要です。

CBDグミに関する法律についてより詳しく知りたい方はこちらも参考にしてください。

関連記事

CBDグミが気になっているけど、大麻から抽出される成分ということで、違法なのではないかと心配になることもあるかと思います。本記事では、CBDグミがどういったものなのか、法律がどうなっているのかを解説します。また、違法ではないCBDグミを選ぶ[…]

CBDグミは違法ではない?大麻取締法とCBDの安全性について徹底解説

CBDグミの効果・メリット

CBDが大麻から取れる成分であり、違法でもないということがわかったところで、CBDグミの効果やメリットを解説します。

まず、CBDグミの効果についてです。

人の体には、内因性カンナビノイドと呼ばれる体の中で作られる物質があります。この内因性カンナビノイドは、全身にあるカンナビノイド受容体のCB1やCB2と結びつき、体内の環境を一定に保つために、様々な機能を調整します。この働きをエンドカンナビノイドシステムといいます。

しかし、老化や強いストレス、栄養素の不足などの理由によって、体内の内因性カンナビノイドが足りなくなってしまい、エンドカンナビノイドシステムが正常に作用せず、体の恒常性が保たれなくなってしまうのです。

そこで、CBDをはじめとした植物由来のカンナビノイド(植物性カンナビノイドと呼ばれます)を摂取することで、エンドカンナビノイドシステムを正常化し、体の様々な不調をもとに戻す効果を発揮するのです。

エンドカンナビノイドシステムは食事・睡眠・リラックス・免疫機能など、多くの体内の機能と関係しているので、とても幅広い健康や美容への効果があります。

具体的にどのような効果があるのか知りたいという方はこちらを見てみてください。

関連記事

CBDグミに興味があるという方向けに、CBDグミがどういう効果があるのかをまとめています。CBDが効果を発揮するメカニズムから解説し、効果をより感じるための方法についてもご紹介します。CBD・CBDグミとは?CBDグミはどのようなも[…]

CBDグミの効果まとめ!効果を感じられないときの対処法も紹介

次に、CBDグミの特徴・メリットについてです。

CBDグミは近年一気に注目が集まっているCBD製品ですが、その特徴はなんといっても味と手軽さです。

CBDには特有の苦さがあります。CBDオイルはその苦さが原因で好きではないという方は多いのですが、CBDグミは通常のグミと同様の味であり、苦さを感じない商品も多いため、味が美味しくてずっと食べていたいという人もいます。

また、CBDオイルやCBDリキッドは外で使いづらいという方も多いのですが、CBDグミの見た目はふつうのグミと同じであり、摂取方法も食べるだけという手軽さから、どこでも食べられるということで人気なのです。

CBDの成分自体に危険性はない

CBDやCBDグミの効果や法律についてわかったところで、本題となるCBDグミに危険性はあるのかを解説していきます。

CBDの成分自体の危険性、大麻草の栽培方法に関する危険性、CBDの抽出方法に関するCBDの危険性、と3つに分けてご説明します。

WHO・FDAのCBDの安全性・危険性に関する見解

CBDが成分として危険性を持っていないか見るためには、WHOやFDAといった健康に関わる団体の正式な報告を見ることで信頼できる情報を得ることができます。

WHO(世界保健機関)は2017年11月ににCBDに関する正式な報告書をだしています。その内容では、乱用の可能性・依存の可能性・副作用の程度などの安全性や危険性に関することが記載されています。

報告によると、CBDは脳内自己刺激にほとんど影響を与えないため、ヒトにおいて乱用や依存可能性を示唆する作用は示さないと明記されています。また、CBDは良好な忍容性(許容性)があるとの明記もされています。

乱用や依存の可能性はないということはもちろん、副作用の程度を示す忍容性が良好ということで副作用がほとんどないかあっても非常に軽いということがWHOから正式に出されているのです。また、CBDの医療目的に対しても効果があったということを示しています。

つまり、WHOの報告によるとCBDは安全性が高く危険性は低い成分ということです。

原文:CANNABIDIOL (CBD) Pre-Review Report

日本臨床カンナビノイド学会による日本語訳:カンナビジオール(CBD)事前審査報告書

また、アメリカで食品・医薬品・化粧品などの安全性や有効性を調べ、認証や規制をしているFDA(アメリカ食品医薬品局)は、現状CBD製品に認可をだしてはいません。

これは、CBDの成分自体が危険性を持っていると考えているというよりは、CBD製品には悪質なものがあり、それによって副作用が確認されている例があるということです。

また、2020年にCBDに関するガイドライン策定の草案をホワイトハウス行政管理予算局というところに提出しました。今後、FDAがCBD製品についてどういう方針を示していくかは見ていくべきですが、少なくとも成分に危険性があるとは考えていないのです。

CBDでこれまでに確認された副作用

CBD製品で副作用が確認されたと書きましたが、実際にCBDでどのような副作用がこれまでに確認されているのでしょうか?

安全ということがわかっていても、どういう副作用が確認されているのかを知っておくことは、もしなにか起きたときに焦らずに対応できるので大事です。

  • 頭痛
  • 強い眠気や倦怠感
  • 下痢
  • 食欲減退
  • 口の乾き

CBDには睡眠を改善させたりリラックスする効果があるので、強い眠気や倦怠感はCBDを摂取しすぎた可能性が高いです。また、食欲を抑える効果もあるので食欲減退も可能性があります。頭痛に関しては、CBD製品が粗悪なものだった可能性が高いです。

基本的に副作用がでることは少なく、出たとしても重大な副作用になる可能性は非常に低いですので、安心してください。

また、万が一副作用が起きたら、そのCBD製品の使用は止めてください。

大麻の栽培産地によってCBDの危険性が変わる

CBDの成分が安全ということがわかったので、大麻の栽培方法によってCBDの危険性が変わることを説明します。

大麻草の特徴:土壌の汚染物質を吸収しやすい

CBDは大麻草から抽出されることは説明しましたが、ここで大麻草の特徴をご説明します。

大麻は非常に強い植物であり、熱帯でも寒帯でも世界中で自生・栽培しています。害虫にも強く、痩せた土壌でも育つのです。また、背丈は4,5mにもなるものもあり、土壌中に根が張りめぐるので土が柔らかくなったりもするような便利な植物なのです。

そんな大麻草ですが、土壌の汚染物質を吸う特徴を持っています。1968年のチェルノブイリ原発での事故によって土壌が汚染されてしまったときにも、放射線を土壌から除く目的で植えられました。

CBD製品に土壌に重金属が入ることも

もちろん、大麻草の土壌の汚染物質を吸い上げるという特徴は非常に便利なのですが、CBD製品のためにはちょっと困った特徴でもあるのです。というのも、CBDを抽出する大麻が育った土壌に重金属や汚染物質が入ってしまっていると、CBD製品にも重金属が入ってしまうのです。

重金属は人体には有害であるため、CBD製品に重金属が入っていないことは非常に大事です。そのため、CBDはどの産地で育てられた大麻草から抽出しているのか、重金属が入っていないことを確かめる成分分析を第三者機関から受けているかということが重要となるのです。

重金属・汚染物質が入っていない危険性が少ないCBD製品を見つけるためには、CBDグミなどの製品ページを見てみてください。基本的に、COAと呼ばれる成分を分析した結果が載せられていると思います。

CBDの抽出方法によって危険性が変わる

大麻の栽培がどういう土壌で行われたかが安全性の面で重要でしたが、その大麻からどういう方法でCBDを抽出しているかによっても危険性は変わります。

いくつかあるCBDの抽出方法と危険性をご説明します。

超臨界CO2抽出法は安全性が高い

CBDの抽出方法として最も安全なのがこの超臨界CO2抽出法(超臨界二酸化炭素抽出法)です。

この超臨界CO2抽出は、コーヒーや紅茶からカフェインを除去するときに使われたり、香水のためのエッセンシャルオイルを抽出するのに使ったりと、様々な目的で使われているものです。

他のエタノールによる抽出などと違ってコストは高めとなるのですが、安全性が最も高いのがこの超臨界CO2によるCBDの抽出なのです。

エタノールによる抽出は安価だが残留し危険な可能性も

エタノールは非常に抽出能力が高い溶剤であり、CBDを含むカンナビノイドの他にも、テルペンやフラボノイド、担任やクロロフィルなどの多くの化合物を抽出することができます。

CBDが抽出されたオイルから、専用の機材を使ってエタノールを除去するのです。

この方法は、超臨界CO2抽出法と比べると、効率がよく安価にCBDを抽出することができます。FDAはエタノールによる抽出を飲食物として使用するうえで一般に安全というGRASという分類にしているため、基本的には安全です。しかし、超臨界CO2抽出法の方が安全性は高くなります。

ブタンやプロパンによる抽出は比較的危険性が高い

ブタンやプロパンは抽出によく使われている化合物の1つですが、とても安価に抽出することができるため、コーン油や菜種油などの抽出などでよく使われてきました。

しかし、製品にぶたんが残留するものが製品として出回ったために、多くのヒトが懸念を示している抽出方法でもあります。もちろん、抽出の技術が高ければ安全性には問題はないのですが、これまでの2つと比べると危険性は比較的高いと考えられています。

購入しようとしているCBD製品がどういった方法によってCBDが抽出されたのかを調べることは、安全なCBD製品を選ぶ上では重要です。

また、残留している溶剤がないのかを確認するために、重金属と同様に第三者機関による成分分析を公表しているかどうかにも注目すると良いでしょう。

CBDグミに危険性はないが注意すべきことも

成分分析をしっかりと行っているCBDグミであれば、基本的に危険性はないということは理解いただけたかと思います。しかし、いくつか注意するべきこともあるのでご紹介します。

CBDグミの食べ過ぎに注意

CBDグミは手軽に食べられて味が美味しいです。また、CBDの効果が比較的ゆっくり出てくるという事もあって、CBDグミを食べすぎてしまう人は多いです。

CBDを摂取しすぎると、日中でも眠気が出てしまったり、翌朝に倦怠感が残ってしまったりしてしまうこともあります。また、CBDは決して安いものではないので、その意味でも食べすぎには注意が必要です。

CBDグミは5mg〜25mgが一粒に入っている製品が多いですが、大体の人は1日に1粒食べれば十分効果を感じられると思います。

CBD製品全てに言えることですが、少ない量からはじめ、効果を感じられなければ少しずつ増やしていき、食べすぎないように注意をしましょう。

関連記事

いつでもどこでも食べられ、美味しいことで大人気のCBDグミ。美味しさのあまり食べ過ぎちゃうこともあるかと思います。そんな方に向けて、CBDグミを食べ過ぎるとどうなるのか、おすすめのCBDグミの食べる量や使い方について解説します。CBDグ[…]

CBDグミは食べ過ぎ注意!食べ過ぎの症状や摂取量を解説
関連記事

CBDグミを試したけど効果がいつくるのかない…そんな方のために、CBDグミの効果が出るまでにどのくらい時間がかかるか・効果の持続時間はどれくらいなのかを本記事では解説しています。こんな方におすすめ CBDグミを食べている最[…]

CBDグミは効果が長い時間続く!ゆっくり効果を感じるので食べるタイミングにはご注意を

CBDグミの正しい食べ方とは?

CBDグミの食べるときには、できるだけ口の中に留めておくことで、経口摂取だけでなく舌下摂取によってもCBDを吸収することが大切です。

最低でも1分程度、できれば数分間は口の中に留めて溶かし、舌の下にある血管からCBDを摂取すると、CBDの効果が15〜30分と比較的早めに感じられ、吸収率も上がります。

詳しい食べ方やちょっとしたCBDに関するテクニックを紹介しているので、気になる方は見てみてください。

関連記事

CBDグミを購入したけど食べ方がわからない、そんな方のためにCBDグミの正しい食べ方を解説します。効果を感じやすい食べ方の基本から、日常で使えるちょっとした小技まで紹介していきます。こんな方におすすめ CBDグミを購入した[…]

CBDグミの正しい食べ方とは?効果を感じる食べ方と小技を紹介!

CBDの薬物相互作用に注意

CBDには一般的な薬と同様に薬物相互作用というものがあります。

薬物相互作用とは、複数の薬を同時に摂取することで、それぞれの薬の効果が強くなったり弱くなったり、新しい副作用が出てきてしまったりすることです。

CBDと他の薬との薬物相互作用はまだわかっていないことも多いため、常服している薬がある方は、かかりつけ医にCBDの摂取を相談したほうが良いでしょう。

危険のないCBDグミの選び方

CBDの危険性がないことや、CBDグミの注意点を見てきたので、最後に危険のない安全なCBDグミの選び方についてご説明しておわりたいと思います。

  1. 第三者機関による成分分析がされているのか
  2. 製造者・販売者は信頼できるのか

これらがCBDグミを選ぶときには非常に大切です。

まず、汚染物質や重金属を吸い上げやすいという大麻の特性によってCBD製品に重金属などが含まれていたり、CBDの抽出で使った溶剤が残留していないかを確認するために、CBD製品は第三者機関の成分分析を基本的に実施します。その分析表が公表されていないと安全なCBD製品とは言い切れないため、絶対に確認をしてから購入してください。

また、CBDの原料や製品が日本の法律に則っているのかを確認するのも大切です。海外では合法な国があっても、THCは日本では違法です。茎や種子からCBDを抽出しているかどうかも非常に重要です。これらの規則に沿っている信頼できる事業者かどうかはホームページなどで情報を集めて判断してください。

おわりに

本記事では、CBDがどういったもので成分自体に危険性がないのか、重金属や溶媒が含まれていなく安全なのか、CBDグミの注意点と選び方を解説してきました。

危険性のない安全なCBDグミを選べることを祈っています。