CBDは合法なのか?日本の法律や市場について詳しく解説

そもそもCBDとは?日本では合法なのか?

CBDというワード、耳にしたことがある方も多いと思います。CBDとは何なのか、正しく理解したあとに、日本の法律や安全性について見ていきましょう。

CBDとは、大麻草などに含まれる成分のこと

CBDとは、Cannabidiol(カンナビジオール)の略であり、大麻草(ヘンプや大麻の総称)から取れるカンナビドのことです。カンナビドは100種類以上存在しており、その中の1つの成分であるという位置付けです。

カンナビノイドとは、生理活性物質であり、体調管理など生きていくうえで大切な成分です。

もうひとつ、大麻草から取れる有名な成分として、THC(テトラヒドロカンナビノール)というものがあります。こちらは、大麻がもたらす依存性や多幸感を覚える精神作用を起こすものであり、いわゆる「ハイ」を引き起こしたりするものである、マリファナの代表的な成分です。

一般的に大麻を規制する法律はこのTHCの使用をさせないものであり、日本人が想像する”大麻”もいわゆるこのTHCの働きからくるものでしょう。

一方でCBDは、安全かつ依存性のないもので、CBDが持つ健康効果が世界中で見られ、脚光を集めています。多くの研究機関で様々な分野で研究が進められており、CBDの効果を示す論文が出され、海外では医薬品として利用される例もあります。

そのCBDの効果は、精神作用を和らげる効果やリラックス効果を促進する効果、その他様々な疾患に効果があるといわれ、現在多くの人がこのCBDを使用しています。その使われ方は、CBDオイルやCBDリキッド、CBDのグミやコーヒーなど多岐に渡り、世界中の人が健康や改善のために使用しています。

世界で広がっているCBDの市場

世界のCBDの市場を見てみましょう。大麻の売買は国際的な問題でもあることから、日本も含め多くの国が、大麻やアヘン、コカインなどの麻薬に対して規制を行っています。

ですが、CBDにおいては研究開発などが盛んに行われ、その効果が段々と明らかになっており、規制緩和の動きが着々と進んでいます。特に、精神疾患や基礎疾患などに対して有効な医療目的で使用することは、その効果から規制の対象外とすることなどを定め、合法化する国も多く出てきています。

代表的な国としてはアメリカやカナダなどであり、一部の州において大麻を合法化しており、日本含め多くの国が、大麻を正しく理解して向き合う方向に動いています。

WHO(世界保健期間)においても、CBDの成分に有毒性や依存性は認められないとし、医療の現場での実証実験により効果があったことも示しています。

カンナビジオール事前審査報告書

世界のCBDの消費量の比率としては、北米が半数ほどを占めていますが、それ以外にも南米・ヨーロッパ・アジアなどもそれぞれ10%ほどの消費量を示しています。

これは、栽培できる国とできない国とで価格が変化することが要因として挙げられますが、今後CBDの市場が大きくなるにつれ価格競争が行われ、各国の法律の合法化や、産業の発展が見込まれます。

日本の法律における麻の取り扱い -大麻取締法-

大麻の取り扱いについて、日本の法律はどうなっているのでしょうか。日本の法律には大麻取締法というものがあり、これによると、大麻を許可なく栽培を行ったり輸入したりすることを禁止しています。

ただし、ここでいう大麻とは「茎や種子を除く」としており、大麻の茎や種子はこの法律に該当しません。

これはなぜでしょうか?

1つ目に、大麻の茎や種子は身の回りで使用することが多いからです。みなさんご存知の七味唐辛子は、唐辛子や山椒の他に麻の実も入っており、これは大麻のもとの実です。茎の頑丈な繊維は衣服やロープなどに利用されています。

このように、大麻の茎や種子は古くから多くの場面で活用されております。

また、茎や種子からはTHCの依存性がほとんど検出されないことも理由に挙げられます。大麻の成分の精神作用効果があるTHCが含まれていないことにより、安心して扱うことができます。

大麻の取り扱いにおいては、国の許可を受けた研究期間が研究目的においてのみ大麻草の栽培を認められており、それ以外の人が大麻を栽培したり譲り受けたりすることは禁止されています。

研究目的であったとしても、栽培環境は厳しく審査が行われ、THC成分が極力少ないものを取り扱わなければいけない他、毎年資格の更新をしなくてはならないなど、厳重に規制がかかっております。

しばしば大麻による逮捕などの報道がニュースなどで流れますが、大麻所持等は葉や花を所持していたり栽培していたりすることによるものです。

関連記事

CBDは大麻から抽出されるということもあり、CBDに関する法律が気になる人も多いと思います。本記事では、CBDが関係する法律である大麻取締法・麻薬及び向精神薬取締法・薬機法(旧・薬事法)について解説し、合法・違法になるケースを徹底解説いたし[…]

CBDに関係する法律や規制を徹底解説、製品によっては違法になる可能性も
関連記事

「CBDのフルスペクトラムって聞いたことがあるけど、何のこと?」「フルスペは違法って聞いたけど?」「効果が高いならフルスペクトラムのCBDを試してみたい」本記事はこのような方のために、CBDのフルスペクトラムが一体何なのか、[…]

CBDフルスペクトラムは高い効果だが違法なので注意

合法なCBDにおいて、日本の市場は?

日本の法律では、大麻について細かく規制がかかっていることをみていきました。では、その中で日本のCBDの製品はどうなっているのでしょうか?

日本で販売されているCBDの安全性/合法性について

日本では、上記の法律に従った製品は、基本的にTHC等の有毒性のある成分は入っておらず、CBDを規制する法律等はないことから、安心して使用することができます。

ただし、個人が海外から輸入したもので、THCが含まれている可能性や、何らかの形で違法大麻が流通し、違法な製品が市場にある可能性もあります。このような状況化において、CBDの製品を正しく製造・販売し、適切なニーズに応えるべく、様々な取り組みがなされております。

具体例としては、日本カンナビジオール協会等も2019年11月に設立し、盛んにCBDの安全性や有効性等の研究が行われています。また、CBDが本当に茎や種子のみから抽出されたものなのか、海外の検査結果と実際の製品が同じものなのか等を検査し、品質が水準に満たすものに対しては認証マークを発行するなどの活動も行っています。このように、日本全体でクリーンにCBDを普及させる試みが広く見られています。

関連記事

CBDは大麻から抽出されるということもあり、CBDに関する法律が気になる人も多いと思います。本記事では、CBDが関係する法律である大麻取締法・麻薬及び向精神薬取締法・薬機法(旧・薬事法)について解説し、合法・違法になるケースを徹底解説いたし[…]

CBDに関係する法律や規制を徹底解説、製品によっては違法になる可能性も

日本でも、様々な製品が開発・流通している

日本のCBD市場もここ数年で拡大しています。

CBDオイルなどはその効果から多くの人に使用されており、若い女性の方からご年配の方まで、様々な用途で使用されています。

また、CBDリキッドを用いて気化したものを吸引する方法などもあり、喫煙歴はないがCBDを取るためにこの方法を用いたり、喫煙者が禁煙目的でCBDリキッドを用いたりします。これは、CBDがリラックス効果や依存性を抑える効果があるからです。これについては詳しく後述します。

また、CBDのグミやコーヒー、チョコレートや紅茶など、CBDを用いた製品は多岐にわたり、今後ますます商品開発が行われ、身近な存在になってくると予想されています。

どの商品が合法か、見極めるべきポイント!

CBDは合法といわれても、結局購入したものが本当に日本の法律に従っているか、確認したいものです。なのでここでは、商品を正しく購入する時に注意してほしいポイントについて解説します。

CBDの製品を購入する時には、製造元に以下を提示してもらうようにしましょう。

  • 成熟した茎や種子からのみ抽出したことを証明する誓約書、成分分析表、製造工程表などを厚生労働省に提出していること
  • 原産地等が明記されていること
  • 第三者機関によるカンナビノイド検査や重金属検査等を行っており、有害な成分が入っていないかを証明していること

これは、有害な成分であるTHCが入っていないことを示すものであることはもちろん、大麻草は土壌内の重金属を吸い上げやすい植物だからこそ、原産地を明らかにしていることや検査を通してそれが有害でないことを示すものになります。

日本に出回っている製品は、多くが法律に従い安心して使用できるものを提供しようと心がけていますが、安全性・合法性を確保するためにも上記は大切な項目です。

これらのポイントを示していない商品には安易に手を出さず、レビューや商品評価が高く、安心できそうなブランドを選択して見極めるようにしましょう。

また、CBDの相場は比較的高く、手が出しづらいと思う方も多いと思います。以下の記事では、コスパよく製品を選ぶ方法に関して解説しているので、ぜひ参考にしてください。

関連記事

CBD製品の値段・価格の相場はどれくらいなのでしょうか。CBDの抽出方法や含有量、製品によってもCBDの値段は異なるため、どの商品がコスパが良いのか難しいと思います。この記事では、値段を抑えてCBDを最大限楽しみたい方にCBD製品の選び方を[…]

CBDの値段の相場は?CBD含有量や種類に注目してコスパを解説

合法なCBDを用いて得られる効果とは?

ここまで、日本でCBDを扱うために抑えるべきポイントについて解説してきました。ここでは、そのCBDが与える効果について解説していきます。

CBDオイルやCBD製品を用いた時に得られる期待効果

CBDオイルはCBDを用いた製品の中でも代表的なものですが、それ以外にも多くの製品があります。これらCBDの製品にはどのような効果があるのでしょうか?

CBDには、多くの病気や精神疾患等の症状軽減に役立つことが、研究結果や事例を通して明らかになっています。

一例を挙げると、癌やてんかんなどの病気の改善、うつ病・ストレスなどの精神的な負担の解消、転換ニキビなどの皮膚の炎症・慢性的な関節痛や神経痛の痛み緩和などがあり、その効果は世界中で様々な論文がでてきています。

日本では現在は医療目的で使用することが禁止されていますが、臨床試験などで使用を認め始めていたりするので、今後ヘルスケアの領域で活躍していく可能性が十分に高いのが、このCBDです。

アルコールやニコチンの依存に対して、緩和する働きがある?

CBDは中毒性などがないと軽く触れましたが、それ以上にCBDはアルコールやニコチンといった依存性のあるものに対して効果的な働きがあるとも言われています。

CBDは、脳に直接働きかけ、アルコールを飲みたいという欲求を低下させたり不安や衝動を抑制することが期待されています。また、アルコール依存になると、腸内細菌の悪玉菌が増え、この菌が体に悪影響を及ぼすとされていますが、この悪玉菌を抑える働きがCBDにあり、アルコール依存の症状を緩和する働きがあるといわれています。

喫煙者の方が禁煙する際にも、CBDの使用は有効的です。CBDリキッドなどを用いて、気化したものを吸引することにより、タバコを吸いたいという欲求を抑制させることができます。

最近の研究では、ヘロインの依存性があった患者に対して、CBDの有効性が確認されたという研究結果もでてきました。

これらのことから、CBDの成分は依存性があるものに対しても有効的であり、今後ますます研究され、医療の発展がすすむことが期待されます。

 

自分に合った商品を選ぶために

そんな多くの効果が期待されるCBDですが、製品が多岐に渡る分、自分に合う商品を見つけることが難しいと思います。

CBDの効果をしっかり理解することはもちろん、安全・安心な製品を選ぶことを念頭に、日本の法律に従った製品を選ぶようにすることが大切です。

摂取方法によりそれぞれの効果も変化するので、こちらの記事も参考にしてみてください。

関連記事

CBDは摂取方法によって効果の現れ方が変わります。舌下摂取・経口摂取・吸入摂取・局所摂取といった4つの摂取方法ごとに、CBDの効果が出るまでの時間や効果が持続する時間、さらには吸収率をご紹介していきます。CBDは摂取方法によって効き方が[…]

CBDは効果の現れる時間が摂取方法によって違う?効果の発現までと持続時間

まとめ

ここまで、CBDに対する、日本の合法性や安全性について見ていきました。

これらの内容は、これから安全にCBDを用いた製品が広がっていくためにも、抑えておくべき情報です。正しく理解し、自分に合った使い方を見つけてみてください。