CBDの値段の相場は?CBD含有量や種類に注目してコスパを解説

CBD製品の値段・価格の相場はどれくらいなのでしょうか。CBDの抽出方法や含有量、製品によってもCBDの値段は異なるため、どの商品がコスパが良いのか難しいと思います。この記事では、値段を抑えてCBDを最大限楽しみたい方にCBD製品の選び方をご紹介します。

CBDとは?

CBDは私たちの健康に様々なメリットを与えてくれます。そもそもCBDがどういったものなのか、どうして健康に効果があるのか、CBD製品にはどういった種類があるのかを始めに解説します。

CBDは大麻草由来の成分

CBD(カンナビジオール)は、大麻から抽出される成分です。大麻草にはカンナビノイドという体に良い影響を与える天然成分が100種類以上存在しているのですが、CBDはその中でも最も注目されている成分です。

どうしてCBDがそこまで注目されているかというと、リラックスや疼痛・不安の緩和、てんかん病やパーキンソン病といった難病の治療など、多くの健康への効果が期待されているからです。また、CBDには副作用がほとんどなく、依存性や向精神作用もないので、安心して使うことができます。

大麻ということで、安全なのか心配されている方もいらっしゃると思いますが、大麻・マリファナの気分が高揚したり幻覚や妄想といった症状は、THC(テトラヒドロカンナビノール)と呼ばれる物質によってもたらされているものであり、CBDはWHOが正式見解で安全性を認めています。
参考:CBDの正式見解

なお、日本ではTHCは法律で規制されていますが、基本的にCBDは規制されていません。(後ほど詳しく書きますが、大麻のどの部分から抽出されたかによっては規制されます。)

CBD製品の種類

CBDオイル、CBDクリーム、CBDグミ、CBDドリンク、CBDベイプ、などなど、実に多くの製品が販売されています。なにかしらのCBD製品に興味をもって、値段が安いCBD製品を探そうとしているかと思いますが、他にもどういったCBD製品があるのかをご紹介します。

まずはCBDを含む蒸気を吸入するタイプのCBD製品の紹介です。これはCBDを含むリキッドを加熱して気化し、透過性のある肺の毛細血管からCBDを吸収するものですが、CBDVape(ベイプ)、CBDペン、CBDリキッド、CBDワックスなどという形で販売されています。

次に、CBDオイルを舌の下に垂らすタイプのCBD製品です。これは舌の下の毛細血管や口腔内の粘膜を通してCBDを吸収します。CBDオイルの他には、フィルムとタブレットが比較的新しいCBD製品としてあります。

CBDクリームやCBDロールオンは皮膚に塗るタイプのCBD製品です。肌荒れや痛み止めなどの問題のある箇所に塗ると、効果が大きく感じられます。

最後に、エディブルと言われる食べ物・飲み物にCBDが含まれる製品です。CBDグミやキャンディ、ドリンクやクッキー、チョコレートといった多くのCBDを含む商品があります。

製品によって値段・価格の相場が変わってくるので、是非気になる商品を調べて見てください。

関連記事

CBDといっても様々な種類があることをご存知でしょうか。CBDアイソレートやブロードスペクトラムのCBD、フルスペクトラムのCBDといったCBDの原料タイプの種類について解説し、CBD製品の種類について使い方別にご紹介します。CBDとは[…]

CBDの種類一覧!CBDの原料と製品の種類について紹介

そもそもCBDの値段は高い

値段の面で最初にお伝えしたいのが、そもそもCBDは成分自体が高いということです。

CBDは近年非常に注目されている成分であるため、需要に対して供給が追いついていなかったり、CBDのみを安全に抽出するには超臨界CO2抽出法と呼ばれる方法が使われますが、まだ費用が高いというのが現状です。

また、日本でCBDの原料となる大麻を育てることはできないため、CBDはアメリカなどから輸入します。製品になってから輸入されたり原料のまま輸入されたりしますが、輸入されていることは変わらないため、CBDの原料費や製品の製造費用に加えて、輸入費が加わるためアメリカで買うよりもどうしても高くなってしまいます。

さらに、CBD製品には重金属や有機溶剤が含まれたりといったケースもあり、信頼できる企業は成分分析を実施するため、その分コストが大きくなります。

こういった需給のバランス、抽出のコスト、輸入費、成分分析の必要性といった理由からどうしてもCBD自体が高くなってしまっています。

つまり、CBD自体が高価であるため、CBD製品の価格はCBDの含有量(mg)によって大まかによって決まります。

CBD1mgあたり15円~30円

安全・合法で信頼できるブランドの場合、だいたい1mgあたり約15~30円ほどが相場となる価格です。安全性等を担保しなければもっと安くすることも可能なので、1mgあたり5円ほどと安すぎる場合は安全性を確かめると良いでしょう。逆に、50円/mgと高すぎる場合は、もっと値段を抑えられるかもしれません。

もちろん、ブランド・製品のブランディング的な要因もあるため、目安としてどのくらいかを抑えて、商品ごとに見ていくのが良いと思われます。

価格が安いCBD製品を選ぶポイント

ものを買う以上、やっぱり気になるのは値段・価格だと思います。しかし、価格が安いという理由だけでCBD製品を決めてしまうと、効果がないばかりか安全ではないものを買ってしまったり、実は割高なものを買ってしまったりすることがあります。

CBD製品を購入する際のポイントをご紹介します。

CBDの含有量と濃度に注目

CBDの値段が高いため、CBD製品の値段はCBDがどれだけ含まれているのかに値段が比例します。

同じブランドの同じCBD製品でもCBD含有量が100mg〜1000mgなど、何個かの種類をだしていることが多いです。もちろん、CBDの量が多ければCBDの効果は感じやすくなる傾向です。リラックスしたい、眠りの質を良くしたいといった目的であればCBDは少ないもので良い可能性もありますが、偏頭痛や関節痛と言った痛みなどが深刻であればより多くのCBDが入っている製品を選ぶと良いでしょう。

ここで1つ注意すべきは、価格において重要なのはCBD含有量であり、濃度はあまり関係ないということです。楽天市場などでは、濃度のみを強調しており、実際のCBD含有量は少ないにも関わらず、高価格で売られているものがあります。

CBDの濃度(含有率)ではなく、含有量に注意して、どれがコスパの良いCBD製品かを見ていきましょう。

なお、CBDの量が多いと効果は感じやすいのですが、摂取する量が多ければ多いほど良いというわけではないということも注意が必要です。CBDの用量反応は釣り鐘型の曲線を描くという研究結果もでており、ある一定の値を超えると治療効果が大幅に減少するということをカンナビノイドの研究で著名なエルサレムのハヌスという研究者が示しています。

また、薬などでも人によって効き方が異なるように、CBDも人によって最適な摂取量というのは異なります。CBDでは、小さい量から試していって、少しずつ摂取量を増やしていくことがおすすめです。

マイクロドージング(低用量の摂取)という考え方もあり、少量でも大きな健康効果が発揮されることも多くあるので、是非自分の体と相談しながら、試していってみてください。

関連記事

CBD製品を選ぶとき、重要な観点の1つがCBDの含有量です。効果・値段はCBDの含有量に比例するため、その製品がどのくらいCBDを含有しているのかを知ることで、効果が高くコスパの良いCBD製品を選ぶことができます。しかし、C[…]

CBDの含有量を解説!計算方法や濃度との違い・製品ごとの含有量の目安まで

CBD以外の成分とCBD抽出方法による違い

CBDと言っても、CBD以外のカンナビノイドが含まれているかによって効果が変わってきます。フルスペクトラム、ブロードスペクトラム、アイソレートといった言葉を聞いたことがある方もいると思いますが、これは大麻からどの成分を抽出したかによって分けられています。

CBDアイソレートというのは、大麻からCBDのみを単離したものであり、基本的にCBD以外の成分が含まれていません。

ブロードスペクトラムCBDというのは、CBNやCBGなどのCBD以外のカンナビノイドが含まれているものです。ただし、違法成分であるTHCが除かれていることが条件です。大麻には100種類以上のカンナビノイドが含まれているため、THC以外の多くの成分がCBDとともに入っています。

フルスペクトラムのCBDは、THCも含めて全てのカンナビノイドが含まれるものになり、全草抽出と呼ばれます。日本では成熟した大麻草の茎と種以外からCBDを抽出した場合は違法となり、THCは成分自体が違法となるため、フルスペクトラムのCBDは違法なので、注意してください。(楽天市場等でフルスペクトラムのCBDが売られていますが、これらは法律面・安全面で基準に則っていないため、購入はおすすめできません。)

「CBDの純度が高いCBDアイソレートのほうが良いのではないか」と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、CBDを吸収する際にはアントラージュ効果というものがあり、CBD以外のカンナビノイドやテルペン(植物由来の精油)などと一緒に摂取することで、CBDの効果が相乗効果が生まれ、より大きな効果を感じられます。

そのため、効果が高く、抽出の過程も複雑なブロードスペクトラムのCBDの方が値段が高くなります。

アントラージュ効果を期待して、CBD製品加えられているテルペンやフラボノイドがどのようなものが加えられているかも、CBD製品の値段に影響を与えます。

また、CBDを抽出する際には様々な方法があります。最も一般的なエタノールによる抽出方法や、超臨界CO2抽出法と呼ばれるものですが、他にも植物油を用いて抽出したりと、様々なCBDの抽出方法があります。

超臨界CO2抽出法というのは、比較的新しい抽出方法で、非常に安全にCBDを抽出できる方法ですが、まだ抽出にかかる値段が高いというのが現状です。

このように、CBD以外のカンナビノイドやテルペンなどの成分、どのようにCBDが抽出されたかによって、CBD製品の費用が異なってくるのです。

成分分析表と安全性

CBDが注目されてきたのは、ここ数年間のことです。アメリカでシャーロットちゃんという少女のてんかん病がCBDによって治療されたことが地上波で放送されたなどの影響で、注目が大きくなってきました。

CBDの健康への効果と安全性についてはこちらの記事でもしっかりご紹介しているので、よろしければ御覧ください。

関連記事

CBDは健康面へのメリットから注目されていますが、実際に健康にどのような効果があるのでしょうか。CBDについてや期待される効果、CBD商品のリスクについて根拠となる論文付きで解説し、さらにCBD商品の選び方やオススメ商品をご紹介します。[…]

CBDは健康に良い?健康への効果や副作用について解説

しかし、CBDは安全でも、CBD製品は安全とは言い切れないというのが、CBD市場の正直な現状です。

急激な発展をしているCBD市場には、悪徳な事業者が入り込んできており、悪質な製品を市場に投入しているケースがいくつもあるからです。アメリカのLeaflyという記事で発表された内容によると、約半数のCBD製品が実際に含有しているCBDの量とは異なるCBDの量を記載していたということが明らかになりました。

また、CBDは大麻から抽出されていますが、大麻は植物であり、育てられた土壌の重金属(水銀や鉛、アルミニウムなど)を吸い上げてしまいます。また、CBDを抽出する際にCBDを溶かした有機溶剤がCBD製品に含まれている可能性もあります。

そのため、人体に害のある重金属や有機溶剤がそのCBD製品に含まれていないのか、THCという違法成分が含まれていないのか、などは第三者機関によって成分分析をしなければ、安全であるとは言い切れません。

市場が未成熟であり、安全性を確かめるための成分分析をしっかりとしていれば、その分のコストだけCBD製品は高くなるので、購入しようとしているCBD製品が成分分析表を提出しているのかどうかはしっかりと確かめるのが良いでしょう。

値段が安くコスパの良いCBD製品をご紹介

CBD自体の値段が高いためCBDの含有量について注目すること、CBDの抽出方法やアントラージュ効果のための他の成分がどれだけ入っているのか、しっかりと安全のための成分分析をしているのかどうか、といったCBD製品を安全にコスパよく楽しむためのポイントを見てきました。

複雑で選ぶのが難しいという方のために、数多くのCBD製品を見てきたCBD Days編集部がおすすめするCBD製品をご紹介します。

CBDクリームのおすすめ

まずご紹介するのは、ニキビなどの肌荒れ改善、関節痛や筋肉痛などの局所的な痛みの緩和に効果がある、CBDクリームのおすす目です。

CBDブランドで最も有名な1つのCBDfxがだしているCBDクリーム(CBDバーム)がおすすめです。

ブロードスペクトラムのCBDが250mg使われており、値段は3,890円ということで、1mgあたり15円ほどと、ブロードスペクトラムのCBDにしてはトップクラスにコスパが良い商品です。

CBDオイルやCBDベイプなどでは実に多数の製品が出されていますが、信頼できるブランドかどうかには注目していきましょう。

まとめ

ここまで値段を抑えてCBD製品を楽しむための方法を解説してきました。

価格だけをみると効果が感じられずに、安全ではない製品を買ってしまう恐れもあるので、その製品についてしっかりと調べることで、安心できるCBD製品を購入して、最大限CBDを楽しんでみてください。