CBDは眠気を感じさせる?正しい理解でCBDライフをより充実したものに

よく眠れない日がある、そんな悩みはありませんか?

CBDはそんな方のための1つの解決策になるかもしれません。

また、摂取した次の日などに影響はあるのでしょうか? そんな疑問を解消するために、CBDの作用について詳しく解説していきます。

CBDやCBDオイルとは?今話題の理由

CBDという成分は現在、多くの国で注目を集めており、日本でも様々なメディアで取り上げられており、知っている方も増えてきました。

CBDには多くの効果が期待されていますが、この成分について、その概要を見ていきます。

CBDとは

CBDとは、カンナビジオールと呼ばれる、大麻草由来の天然成分です。

大麻草には、カンナビノイドと呼ばれる成分が多く含まれており、その中の1つがCBDですが、このカンナビノイドという成分が、人間が生きていく上で必要不可欠な機能であるエンド・カンナビノイド・システムという生体システムに関わることで、私達の身体に影響を及ぼします。

中でもCBDは、精神安定の効果痛みの緩和癌やてんかんなどの疾患に対して効果を発揮することで注目を集め、多くの症状や病気に対しての効果が、臨床試験で実証されたり研究者や医師などによって言及されています。

また、従来のような身体に何らかの機能を抑制したりする医療法と違い、自然由来の成分を用いて、各機能を通常状態に戻す恒常性(ホメオスタシス)という機能に作用することで、自然療法の視点からも新しい試みであり、注目を集めています。

日本でCBDを使用することは合法?

そんなCBDですが、大麻由来であることを考えると、日本で使用することは合法なのか気になるところです。

日本の大麻取締法では、大麻という定義を「茎や種子といった部位を除く大麻草」としています。

このことにより日本では茎や種子を用いたりそこから抽出された成分を用いることは特に問題ありません。

日本で販売されている商品は、主にそのCBD成分は海外から輸入されたものですが、輸入の際に茎や種子から抽出されたものであることを提示することが義務つけられているため、自由にCBD商品を購入・使用することが可能です。

CBDという成分の他に代表的な成分としてTHC(テトラヒドロカンナビノール)がありますが、こちらは陶酔作用や依存作用があり危険なことから、日本では法律で規制されています。

THCは大麻の茎や種子からはほとんど抽出されないことから、日本にあるCBD商品は基本的に安心して使用して良いです。

CBDには多くの効果が!

CBDには、その効果が多岐に渡ることから幅広い世代の多くの悩みを解決する新しい選択肢となっています。

CBDの効果としては、多くの事例がありますが、中でも多くの人が抱えるものとしては以下のようなものがあります。

  • 不眠症
  • 不安作用やうつ病
  • 生理痛・偏頭痛・腰痛・ぎっくり腰等の局所的な苦痛症状
  • アルコール・ニコチンなどの依存治療癌の進行を阻害

中でも睡眠障害の中でも代表的な不眠症は、日本人の成人のうち20%以上も抱えているといわれており、それと付随して日中の眠気なども課題として感じる人も15%ほどいるなど、日本の1つの代表的な疾患といえます。

CBDはこの睡眠に対する課題に対しても効果があるとされており、多くの人が注目している成分です。

CBDは眠気を引き起こす?その真意とは

CBDは、不眠症などの効果があると言われる一方で、摂取したことにより眠気がきて日頃の生活に支障をきたす、などといった悩みの声を耳にした方もいるかもしれません。

ここでは、睡眠に対してどのような効果があるのかを詳しくみていきます。

睡眠不足が身体に与える影響とは?

睡眠不足はどうして引き起こされ、またそれは身体にどのような影響を与えるのでしょうか。

睡眠不足は、そのままにしていると非常に悪循環を及ぼします。睡眠は、日中の身体的・肉体的疲労を回復させ、記憶の整理や定着などに効果を及ぼし、人間が生きていく上でかかせない行動です。

しかしストレス社会とよばれる現代社会においては、長時間労働・長時間通勤、インターネット依存などにより、平均睡眠時間は年々減り続けています。

特に日本の睡眠時間は、世界的に見ても極めて低く、改善していかなければいけないことです。

睡眠不足により疲れが取れないことにより、ストレスが増大していきプレッシャーや不安が重なり、身体のストレスホルモンが分泌していきます。これは、高血圧などの病気やうつ病などを引き起こしやすくなったり、免疫力が減って体調を崩す引き金になりかねません。

また、長期的に見て認知症や体型の変化など、身体に慢性的な睡眠不足が蓄積されて命に関わる深刻な病気になることもあります。

このように、日々の睡眠は短期的にも長期的にも身体に影響してくるので、睡眠不足は改善していかなければなりません。

CBDは不眠症に効果がある

CBDが不眠症や睡眠改善に効果があることは、CBDオイルなどを使用している方からもよく聞くことであり、国際的な研究においても幅広く知られていることです。

実際に、動物実験や臨床試験を実施して、CBDの効果が信頼するに値する研究結果等が得られています。

これは、CBDが持つ効果の中でも特に2つの効能が睡眠の改善や不眠症に繋がっていると考えられます。

1つ目は、抗不安作用・リラックス作用による精神安定による効果、2つ目は、日々の睡眠サイクルや生活サイクルをコントロールする脳の受容体に対しての作用です。

睡眠不足には、日頃の生活などで自律神経が調整できず乱れることによって、脳が興奮して眠れなくなる、ということがありますが、CBDは自律神経を整える効果があり、精神を落ち着かせることができます。

また、体内で24時間単位で生活リズムを整えるために動くシステムであるエンド・カンナビノイド・システムとCBDが関わることによって生活サイクル・睡眠サイクルを整えて、睡眠の改善をしていきます。

CBDは眠気がくる?従来の不眠症治療との違い

ただ、CBDが睡眠不足に良いと聞くと、かえってCBDを用いることにより眠気やだるさにおそわれ、生活に支障をきたすのではないか、と考えることもあるかと思います。

これは、通常の睡眠薬や睡眠導入剤を用いることによるデミリットとしてあると思いますが、CBDはこれらの薬とは異なるアプローチをして睡眠改善をしようとしているので、基本的にこのような不安を感じる必要はありません。

従来の薬では、脳の働きや覚醒を維持するオレキシンという成分を抑制したり、催眠作用がある神経伝達物質のGABAとよばれる受容体などに働きかけることで眠気を誘発させていますが、CBDは眠りを誘発させるわけではありません。

CBDは、安眠しやすくなるように、あくまで精神状態を安定化させる働きをもっています。

更に、日中においては頭や精神状態を整えてくれるので、スッキリとした気持ちで一日を過ごすことができます。

ただし、健康状態や疲労具合などによって、CBDが効きすぎた結果、日中であっても眠気がくる、というのは事例として存在することも事実です。

これは、CBDの摂取目安量が個人の身長・体重からホルモンバランスまで、多くのパラメータによって変化していくこと、またその日の体調によって効き目が変わってくるからであると考えられます。

なので、日頃使用していて眠気を感じるようであれば、使用タイミングをずらして夜寝る前に使用したほうが良いと思います。

CBDの成分効果が朝も続いて起きられない、眠気が生じるなどは、持続時間の観点からも基本的にはないので、もしそのように感じる場合はCBD以外に原因があると思うので、日頃の生活を見直したり医師に相談するようにしましょう。

日頃の行動から変えていくことが重要

睡眠不足を解消する方法としてCBDを挙げましたが、日頃の生活習慣を改善することでもその課題にアプローチすることになります。

例えば寝る前にアルコールを取る行為昼寝などを多くとることでの睡眠サイクルの乱れ寝る前にスマートフォン等を見るなど、1つ1つの行動を変えていくことで、睡眠の質・量ともに変化させていくことができます。

様々なアプローチをして睡眠改善をはかっていき、その中の選択肢としてCBDを用いて改善することも良いと思います。

CBDは副作用やデメリットはあるのか?

CBDの眠気などの話が出てきましたが、これ以外に考えられる副作用等はあるのでしょうか。

ここからは、CBDを使用する上で考えられる副作用や懸念などについて解説していきます。

CBDの副作用について

CBDの副作用として、下痢や食欲低下、吐き気などの症状の事例が報告されています。

CBDという成分自体、あまり聞いたことがないことから、副作用という言葉を耳にすると使用をやめておこうと考える人もいるかと思います。

ただ、このCBDの副作用において思い疾患になったり問題になるようなことなどは起こっていないので、そこまで敏感になる必要はありません。

CBDの商品は多様であり、その摂取方法は様々ですが、摂取の仕方によっては食品として消化させることによりCBDを吸収していきますが、例えば胃の中が空っぽ状態の時に急に食べたら何らかの影響が起きるかもしれませんし、CBDではない別の成分や食物による副作用の可能性もあります。

ただし、CBDを用いた研究や臨床試験、また長期的な作用の計測などは日本含め世界中で現在進行系で行われていることも事実なので、使用する時などはなるべく正しい情報をキャッチするようにしましょう。

CBDを使用する上での注意点

CBDの副作用はほとんど見られないので、安心して使用できますが、それでも守っておくことはあります。

1つ目は、用量を気にすることです。

それぞれの商品には、適切な用量が明記されているものがほとんどですが、CBDはその人によって、またその時の健康状態によって効果が変わっていきます。

また、CBDの含有量を増えすぎると、かえって効果を感じないという研究結果もでています。

なので、効果を感じるには用量を増やす、という考えは正しくないので、少量から少しずつ試していき、自分が一番効果を感じやすい量を探していきましょう。

2つ目は、その後の予定等を考えて、最初はなるべく夜に使用するようにしましょう

CBDの代表的な効果はリラックス効果・精神安定作用なので、その後に例えば運転のような集中力や危険を伴うものは、最初の方は自分がどの程度効くのか分からないので、なるべく控えたほうが無難です。

その他、使用方法を正しく守って使用するようにしましょう。

眠気は摂取量に関係?それぞれの商品はよって摂取量が異なる!

CBDを寝る前に摂取することにより睡眠を改善したい方、また日中から使用して脳内を整理させたりしたい方など、そのニーズは様々です。

CBDを用いた商品は、摂取方法が異なるのでその分体内に取り込まれるCBDの量(吸収率)などが変化していきます。

摂取方法による吸収率の違い、効果の持続時間などを見ていきましょう。

舌下摂取

CBDオイルは、舌の下に垂らすことから舌下摂取とよばれています。

吸収率はおよそ20-35%であるCBDオイルは、15-30分ほどで効果を感じはじめ、4-6時間効果があるので、寝る前の30分ほど前に使用することにより、睡眠に入りやすくなると考えられます。

関連記事

CBDを「舌下で摂取する」とは?CBDを摂取するにあたり、代表的なものにCBDオイルの製品があります。こちらを使用する時は、CBDオイルを舌に垂らす方法として知られる「舌下(ぜっか)摂取」や、食品に混ぜる経口摂取、その他霧状にし[…]

CBDを舌下摂取?オイルなど商品別に効能を解説

経口摂取

CBDチョコレートやCBDグミ、CBDコーヒーなどの食品・飲料水は口から摂取することから経口摂取と呼ばれています。

吸収率は6-15%ほどで舌下摂取などより低いことから、CBDオイルなどで眠気を感じやすい人はこの摂取方法がオススメです。

胃や肝臓を通り少しずつ吸収されることから、急に効果を感じるようなことはなく、持続的に効果を発揮してくれます。

吸入摂取

CBDVリキッドを用いて気化したものを吸引する方法は、吸入摂取と呼ばれています。

これは、吸収率が35%ほどであり他と比べても高いので、CBDオイルなどで効果を感じにくい人などにオススメです。

ただ、即効性がある分持続性がないことから、寝る前などに使用することで、入眠効果はありますが深い睡眠になるにはCBDオイルのほうが優秀かもしれません。

仕事が一段落ついたと時食後の一服、このような場面での使用が良いと思います。

関連記事

「CBDは吸うものもあるの?」「もともと煙草・ベイプを吸っていたから吸うタイプのCBDに興味がある」こんな方に吸うタイプのCBDである吸入摂取の特徴や製品の種類、注意点を解説しています。また、CBDの効果を最大限高めるためのポイント[…]

吸うタイプのCBD!吸入摂取の特徴・種類・注意点を解説

おわりに

CBDが睡眠に対して効果はあるのか、また眠気などが影響することはあるのかについて解説していきました。

CBDの効果の感じやすさは人それぞれなので、自分に合った量や使い方を見つけてみてください。