CBDは痩せる効果があるのか?ダイエットをサポートする可能性があるCBDについて解説

CBDは多くの作用があるとされていますが、痩せる効果があるというのは事実でしょうか。

本記事では、CBDが体重に対してどう影響していくのか、また具体的効果について詳しく解説していきます。

CBDで痩せるのは本当か?

「CBDは痩せる効果がある」このような話を聞いたことはありますか?

CBDは幅広く効果を発揮すると言われていることで、最近ではやや誇張された表現を見聞きするケースがあり、注意が必要です

なのでここでは、CBDの効果やダイエット目的の使用についてなどを解説していきます。

CBDとは

CBDは、カンナビジオールと呼ばれる成分のことを指します。

この成分は、大麻草に含まれているカンナビノイドと呼ばれる生理活性物質の1つです。

カンナビノイドは、CBD以外にも100種類以上が確認されており、強い精神作用を引き起こすTHCと呼ばれる成分も代表的なものです。

私達の体内には、エンド・カンナビノイド・システムと呼ばれる身体調整機能があり、この機能によって食欲や体温調節、認知や記憶、痛みや運動機能などをコントロールしています

このシステムは、体内カンナビノイドとそれに結合するカンナビノイド受容体で構成されており、大麻草に含まれるカンナビノイドはこれらに直接的または間接的に作用することで、私達の身体に影響を与えます。

CBDは数年前に発見されて以来、徐々に人の手に届くようになり、その効果が事例として報告されるようになりました。

海外では医療現場で用いられるケースも出てきておりますが、国内/国外で確認されている事例の中でも、特に多くの人が悩みを抱えているものに対する効果は、次のようなものが挙げられます。

  • リラックス効果によりストレス解消
  • うつ病改善抗不安作用等により不眠症改善
  • ニキビやアトピーなどの肌の炎症に作用
  • 偏頭痛や肩こりなどの痛みの緩和
  • 糖尿病や肥満などの生活習慣病の改善
  • 癌やてんかんの治療
  • アルコールやニコチンといった依存症の抑制

日本人においては、ストレスによる不眠症や肩こり・腰痛を持つ人が使用するケースが多く見られ、幅広い世代が使用するようになりました

このように、CBDの効果が多岐に渡ることから、CBDは痩せる効果もあると言われることがありますが、これについて見ていきます。

CBDは痩せる/体重を減らす効果はあるのか

痩せるということが、脂肪を吸収することなどであるとすれば、CBDは痩せる効果は確認されていません

CBDを摂取することで数kg痩せることができる、というような宣伝で販売しているものなどを見た場合は、虚偽な説明になっており成分が不明であるため、購入は控えたほうが良いでしょう。

たしかに、CBDを使用した実験や臨床試験は、日本を含めここ数年で多くの研究結果が出てきており、身体の代謝に対しての効果などお示唆するものもでてきているので、体重に関する効果も出てくるかもしれません。

ただ、成分が体重を減らす効果があるというのはCBD以外のサプリメント等においても鵜呑みにしないほうが良いです。

むしろ、体重を減らすための行動をサポートしたり、代謝を促進するといったものが一般的です。

この記事を読んでいる方の中には、体重を気にしていることから、CBDの効果に興味を持った方もいると思いますが、たしかにCBDは体重を減らす試みをサポートしてくれる、そのような効果は期待できます

ここではその前に、一般的に体重をへらすために行うためにはどうすれば良いのか軽く触れておきます。

痩せるにはどうすればよいか

体重を減らすための方法は、様々なメディアやサイトなどでも紹介されています。

その体重をへらすサポートしてくれることで期待されているCBDですが、そのCBDを用いてダイエットをするには一般的なダイエットを並行する必要があります。

痩せたいと思う人は多い

日本人は、世界的に見ても肥満割合は低く、一見ダイエットをする人の割合は少ないと思われますが、日本人の約45%がダイエット経験があると言われています。

これは、芸能人やタレントの方たちが一般的に細く、痩せていることが美学とするカルチャーが浸透しているからだと考えられます。

痩せるために何かしらのアクションをする方は、性別・年代に限らず様々であり、多くの方法が実践されています。

ただ、ダイエットを試みても、成功する方は実はそこまで多いわけではなく、6-7割に留まります

なかなかダイエットが続かない理由としては、その行為自体がストレスであること、食欲を収めることができないこと、運動などの消費活動が長続きしないことなどが挙げられます。

ダイエットに必要な要素はいくつかありますが、代表的なものをいくつか挙げます。

一番大切なのは食生活

ダイエットは、消費カロリーを摂取カロリーよりも多くすることにより効果を出しますが、摂取カロリーは飲食から生じるものであり、ここのコントロールが必要です。

良く言われることとしては、糖質を制限したり、たんぱく質を積極的に取るようにしたりすること、またバランスの良い食事を心がけるなどがあります。

よく、極端に摂取カロリーを減量することでダイエットを目指す方がいますが、これは一般的によくありません。

無理をして摂取を控えると、かえって糖質などを吸収しやすい体質になり、なかなか体重をへらすことができなくなってしまいます。

なので、適度な量で食べるものを少し注意しながら摂取することで、効果的なダイエットを行うことができます。

また、食べる時間帯なども大切です。

夜寝る3時間前からは基本的に食事を控えたほうがダイエット観点からは良いです。食べたあと数十分は、血糖値が上昇してインスリンが分泌され、脂肪が蓄積されやすくなるためです。

また、食べる間隔なども、開けすぎると吸収しやすい身体になってしまうことから、規則正しい食生活が重要になります

規則的な運動も

ダイエットは摂取カロリーに気を使う一方で、消費カロリーにも注目することが大切です。

消費するためには運動が大切になっていきますが、運動には有酸素運動と無酸素運動があり、それぞれバランスよく行うことで効率の良いダイエットができるといわれています。

有酸素運動は、比較的に軽く身体に負荷をかける行為であり、水泳やジョギングなどが挙げられ、体脂肪の減少などに効果があります

一方で無酸素運動は、短時間で比較的激しい負荷をかける運動のことを指し、筋力トレーニングなどが挙げられます。こちらは基礎代謝を高め、脂肪がつきにくい身体づくりにつながります

これらをバランス良く行うことで、身体に最適な負荷をかけていきます。

CBDはダイエットをサポートする働きがある?

CBDは、直接体重を落とすという効果よりは、上記で挙げたように食生活や運動を通して目標を目指すダイエットにおいて、サポート的な役割を果たすといわれています。

CBDを用いた商品はここ数年で多くでてきており、それらを適切なタイミングで摂取することによって、私達の身体のエンド・カンナビノイド・システムをサポートすることで様々な機能を定常状態に戻す働きがあるとされており、これがダイエットをサポートする効果に繋がると考えられています

関連記事

CBDがダイエットに効果があるのでしょうか。食欲を抑えたり、脂肪を燃焼點せやすくしたりすることが期待される一方で、注意点もあります。この記事では根拠となる論文付きでCBDがダイエットや食欲、体重に影響があるのかをご説明します。CBDと食[…]

CBDでダイエット?CBDの体重や食欲への影響を解説

CBDとダイエット効果について

先程、ダイエットの方法や挫折してしまう理由などに軽く触れましたが、これをサポートする形でCBDは機能するといわれます。

ここでは、CBDとダイエットについて詳しく見ていきます。

過剰な食欲に対して抑制効果の期待

まず、食欲を感じる時、すなわち空腹状態になった時は、グレリンというホルモンが分泌されることで、私達は空腹である状態を察知して、食事をすることになります。

この欲を抑制することは摂取カロリーを減らすのでダイエットにつながると考えるかもしれませんが、これは身体がエネルギーを欲しているからであるので、むしろ身体に負荷やストレスをかけるのではなく、必要な栄養は取ることが大切です。

ただ、ダイエットをしているとどうしても食を抑えることでかえって過剰な食欲が起こり、暴食をしてしまう方もいらっしゃいます。

CBDはそのような方の1つの選択肢として機能するといわれており、食欲を定常な状態に戻す役割、エンド・カンナビノイド・システムを適切な状態にする働きかけをすることで、過度な食欲を抑制する働きが期待できます

このことで、ダイエット挫折原因の1つであった過剰な食欲に対して対処することで、継続的なダイエットを行うことができる可能性が高まります。

血行促進でむくみにくい体質を

身体がむくんでいることで、なかなか痩せられないという方もいると思います。

そのような方は、有酸素運動やストレッチ・マッサージ等で血行まわりを良くすることでむくみを解消することが大切です。

また、CBDは血流を良くする効果が期待されており、むくみなどを解消させたり、乾燥肌の改善やしわの予防など、様々な症状に対応することができます

カロリーの燃焼をサポート

人間には大きく2種類の脂肪細胞があり、白色脂肪細胞褐色脂肪細胞があります。

白色脂肪細胞は、体内の余分なエネルギーを脂肪として蓄えており、内蔵に分布しています。一方で褐色脂肪細胞は、脂肪を燃焼して熱を発生させることで、カロリーを消費させます。

肥満の方などは、標準の体型の方よりも白色脂肪細胞が多い傾向が見られるのが特徴としてあります。

CBDの効果として、細胞生化学で発表された研究によると、CBDは白色脂肪を褐色脂肪に変える効果が見られたので、カロリーの燃焼をしやすくなるサポートが期待できるといえるでしょう

疲労回復で筋トレをサポート

CBDは、筋肉痛などの痛みの緩和や、疲労回復の効果があるとされています

ダイエットをするとなると、エネルギーを消費するために適度な運動をすると思いますが、この運動がなかなか長続きしないという方が一定数います。

そんな方のために、身体のだるさなどを軽減させることで、ダイエットにより前向きに取り組むことができるとされています。

ダイエットのためのオススメのCBDの使用方法

CBDを用いた商品は多く存在しており、使う用途によって商品が変化していきます。

ダイエットをサポートしたいと考えてCBDの購入を検討される方は、以下も参考にしてみてください。

商品を選ぶ時のポイント

CBDの商品を選ぶ時は、その摂取方法に注目することになります。

CBDオイルやリキッドのほか、グミやクリームなどがあるので、どう作用させたいかによって購入商品を検討することになります。

体内に取り込むタイプ

CBDグミやCBDオイル、CBDリキッドなどは、体内に取り込むタイプに分類されます。

CBDグミは、消化の過程で吸収され全身に行き渡るものであり、効果を感じはじめるまでに時間がかかりますが、持続時間が長いのが特徴です。

またCBDオイルは、舌下に垂らして数分口の中に残すことで毛細血管から吸収され、全身に行き渡らせます。女性など幅広い世代から使用されており、以前は大麻特有の苦味を感じるものでしたが、最近ではスッキリしたような風味のものも出てきています。

CBDリキッドなどの吸引タイプも、体内に取り組むタイプに分類されます。

吸引タイプは肺にある血管から吸収されるため、即効性があり吸収率が高いのが特徴です。

肌に直接塗るタイプ

CBDのクリームなど、肌に塗るタイプもあります。

これは、筋肉痛や腰痛・肩こりなどの痛みや、ニキビやアトピーなどの肌の局所的な悩みに対して作用させることができます。

湿布の匂いであるサリチル酸メチルと同じような匂いを発するものもあり、湿布感を味わうこともできるものもあります。

また首元に塗布することで、オーガニックな香りを楽しみつつリラックス効果を感じられる、というような使用方法もあります。

クリームによっても、香りに違いがあったり、用途によって成分が少し変わってくるので、商品を購入する際は注意して見てみてください。

まとめ

ここまで、CBDに痩せる効果があるのか、またCBDを用いてダイエットをサポートする効果があるのかについて解説していきました。

ダイエットは、なにより自分の生活習慣を見直した上で効果が発揮されるものであることを留意した上で、CBDもダイエットをサポートする1つの選択肢として検討してみてください。