CBDクリームは肩こりに効く?肩こりに対しての新しい選択肢であるCBDを解説

日頃生活している中で、多くの人が抱える悩みである肩こり。最初はそのままにしていて、段々痛みが無視できなくなることってありますよね。そこで最近、CBDが肩こりに効果があるとされていますが、この記事ではCBDは本当に肩こりに効くのか、詳しく見ていきます。

肩こりはどうして起きる?

肩こりは、10代の若い方からお年寄りの方まで、幅広く悩まされるものです。なんとなく痛みを感じるとストレスが溜まったり、日頃の生活に支障をきたす方も多くいると思います。

肩こりはもはや日本人の国民病ともいえ、70%以上の方が肩こりを感じた経験があるほどです。

日本人の7割以上が悩まされる肩こり

そんな肩こりですが、どのように発生し、痛みを引き起こすのでしょうか。

肩こりというの病名ではなく、症状を表す名称として一般的に使われていますが、肩こりは身体の首のうしろから肩や背中にかけて広がる筋肉に対して、その部位の血流が何らかの理由で悪くなり、筋肉が固まったり炎症を起こしたりするものです。

肩こりを引き起こす要因は多く存在します。

無理な体制での長時間の作業や姿勢の悪さなどは、肩こりの症状をよく引き起こします。また、眼精疲労などの目からくる疲労、さらに日ごろの運動週間や食生活などの生活習慣が良くないことによりくるものだと、多くが関係しているといわれています。

特に昨今は、長時間の勉強やPC作業などのデスクワークを主要の活動としている人も一定数いるので、そこからくるケースが多く、何らかの対策を必要としている方は大勢います。

そんな肩こりですが、肩こりは徐々に蓄積されていくように感じる方が多く、わざわざ病院に行かずともそのうち回復する、と考える方も一定数います。

しかし、肩こりは慢性化することケースが良く見られるので、日ごろの生活習慣の見直しや改善等をおこなっていく必要があります。

肩こりをそのままにしておくのは危険

肩こりで血行が悪化することにより、自律神経の交感神経が優位になることでストレスを感じやすくなるほか、様々な場面で健康を阻害していきます。

肩こりが慢性化してしまうと、血行が悪くなることで肌のトラブルや顔の血色の悪さなどが現れることで、美容面であまり良くない方向に向かいます。

また、顔色が悪くなるほかシワなどもできやすく、疲れた表情になりやすいです。疲労やストレスがたまり表情にでてしまうのはよりネガティブな感情を抱いてしまいます。

さらに、姿勢が悪いことなどや肩こりを慢性的に抱えていると、無意識のうちにかばう方向に作用するようになるので、身体のバランスが崩れ、首や顔周りの筋肉にねじれやゆがみなどを発生させます。

このように、肩こりはそのままにしておくと、慢性痛による苦しみ以外の部分においても、ストレスなどの精神面やそこからくる肌荒れなどの美容面・身体面にも良くない方向に進んでしまうので、何らかの対策をして改善・回復していくことが必要になってきます。

そんな肩こりですが、様々な解消法が紹介される中、最近はCBDやCBDクリームなどの商品による痛みの緩和が注目されています。

肩こりにCBDクリームは有効?

CBDクリームは、痛みを感じる箇所に塗布することにより、痛みを緩和させる働きがあるとされ、現在注目を集めています。

ここでは、CBDがなぜ肩こりなどの痛みに対して作用するのか、詳しく見ていきます。

CBDには痛みを緩和する効果が

人間には、ECS(エンド・カンナビノイド・システム)と呼ばれる、細胞の伝達システムが存在します。

この受容体は、適切に信号を受け取ることにより各細胞を活性化させ、私達が生きていく上で必要な体温調節や運動機能、感情抑制や食欲・痛みなど、多くの機能を持つ働きを作用させます。

CBD(カンナビジオール)は、大麻草から抽出される化学成分のことですが、CBDはこのエンドカンナビノイド受容体に間接的に作用して、私達の身体に良い影響を働きかけます

受容体にはCB1とCB2が存在しており、CB1は特に神経細胞上に多く分布しており、CB2は免疫細胞上に多く、全身に分布しています。

CBDを用いることで、それぞれの受容体が活性化され、CB1の方では痛みを軽減する作用を、CB2の方では炎症を引き起こすもとの免疫システムの活動を抑えることで炎症を緩和させる効果があるとされています。

2019年に行われた研究によると、顎関節症などを患う患者に対してCBDを用いた実験を行ったところ、痛みの緩和を意味する有意なデータを得られました。

顎関節症とは、口を開けようとすると顎関節や顎周りの筋肉に痛みが生じ、十分に大きな口を開けられなかったり顎関節に異音を生じるなどの症状が見られます。この痛みに悩まされる方も多く存在しており、これもまた国民病ともいえます。

そんな顎関節症に対して、症状を患う60人の患者に対して、半分ずつに分けてCBDとCBDではないプラセボを塗布して観測したところ、CBDを塗布したグループに痛みの軽減が見られました。

このことから、CBDは顎関節症の方たちが抱える咀嚼筋の痛みを緩和させることがいえました。

▽参考:顎関節症によるCBDの効果をみる研究

CBDは、これまで大麻として扱われていたことであまり臨床試験や実験などが肯定的に行われていなかったため、実験のサンプルがまだまだ少なく、現在日本を含む多くの国が研究を進めています。

事例ベースではありますが、CBDクリーム等を用いたことにより肩こりをはじめ頭痛や腰痛、関節痛に効果があったというものは多々出てきているので、痛みを緩和させる1つの方法として注目されています。

関連記事

「頭痛や片頭痛、関節痛や筋肉痛や生理痛など、痛みがひどくて何をするにも集中できない」そんなこともあると思います。CBDは鎮痛・疼痛緩和の効果があると言われており、ほとんどの慢性痛や急性疼痛に効果があると言われています。本記事[…]

CBDの鎮痛効果を解説。痛み別におすすめCBDも紹介
関連記事

CBDは、頭痛や神経痛、肩こりや筋肉痛など、多くの悩みに対して痛み止めとして効果を発揮するといわれています。この記事では、特にCBDクリームの用途に着目し、詳しく解説していきます。CBDやCBDクリームとはそもそもCBDとはどういう[…]

CBDクリームは新しい痛み止めとして活躍する?肩こりから偏頭痛まで、CBDの幅広い効果を詳しく解説

CBDは痛み以外にも効果を発揮

CBDが痛みを緩和させる効果があることを見てきましたが、CBDは痛み以外にも多くの効果が期待されています。

最近では、海外の有名なセレブや日本の女性タレントなどが愛用されるようになりました。

そんなCBDですが、美容の効果を発揮すると言われています。ニキビや肌荒れなど、お肌の炎症などの悩みに対して有効であるとされるほか、血流をよくする働きからヒールなどを普段はかれる方にもオススメであり、お風呂上がりにCBDクリームを塗布したりすることで美容効果を期待できます。

関連記事

CBDはニキビなどの肌荒れに効果があると言われています。CBDがニキビやシミ、湿疹などの肌荒れにどういう効果があるかを根拠となる論文付きで解説します。また、ニキビに効くCBDの具体的な使い方やおすすめのCBD商品も紹介します。CBD[…]

CBDの肌荒れへの効果と使い方

また、CBDは抗不安作用リラックス効果などもあるため、首など緊張しやすい部分に寝る前に塗布することで、睡眠の質を上げることなどもできます。

CBDクリームと合わせて、CBDオイルやCBDリキッドなど、様々な摂取方法があるので、使うタイミングや用途に合わせて自分に合った商品を使用してみてください。

CBDクリームのオススメの使用方法

CBDクリームなど、局所的に使用するものは、皮膚上にあるカンナビノイド受容体であるCB2に作用してCBDが吸収され、局所的に効果を発揮します。

ここで、CBDの効果を感じるためにはどのくらい塗布すれば良いのか、よくわからない方もいると思います。

CBDは、多量に摂取すればその分効果を発揮するようなものではありません。むしろ、一定の量を超えると効果を感じにくくなることが実験から分かっています。

また、CBDの効果は、その人の健康状態や身長や体重などによって変化していきます。

そうしたことから、CBDクリームなどCBDを用いた商品を使用する時は、はじめのうちは少量から試すようにして、徐々に量を増やすような塗り方をすると良いでしょう。

効果が効きにくい場合は徐々に量を増やし、効果を感じやすい場合は量を調整するなどして、自分に適した量を使用するようにしていきましょう。

CBDを使用する時の注意点

CBDは、一般的に目立った副作用がないことから、現状の化学療法の代替案として注目を集めています。

ですが、下痢や強い眠気作用などの副作用の事例既はいくつか報告されているほか、既存の痛み止めや何らかの目的で服用している医薬品等がある場合は、相互作用を起こす可能性があるため、注意するようにしましょう

なお、CBDオイルなどは口から摂取して全身に回っていくので一定注意は必要ですが、CBDクリームなどは局所的な作用にとどまることからも、CBDクリームの場合は過剰に心配する必要はあまりありません。

肩こりを解消するその他の方法

CBDクリームを用いることによって、肩こりを緩和させる効果があることを見てきましたが、肩こりなどは普段の生活が影響していることが多いので、根本的な解決を目指すためには、普段の生活から変えていくことも大切になります。

ここでは、肩こりを解消するための方法をいくつかご紹介します。

適度な運動

肩こりは、腰から首において筋肉が硬直したり血流が悪くなることで生じます。これらを解消するために、緊張した筋肉をほぐしたり、萎縮した間接の可動域を拡大したりすることが有効的です。

適度な運動は、肩の筋肉への作用以外にも、全身の血の巡りがよくなり、気分転換やストレス解消にもつながっていき、自律神経も整うことで、身体のバランスを整えることができます。また、有酸素運動なども、血流がよくなることで肩こりの解消が期待されます。

ただし、いきなり身体に過度な負荷をかけるのは、かえって痛みを強くしてしまったりするので、自分に合ったトレーニング方法を見つけて取り組むようにしましょう。

マッサージによる方法

長時間、デスクワークなどで同じ体勢でいたりすると、どうしても疲れや身体にストレスがかかり、筋肉は萎縮したり血管が圧迫されることで血流が悪くなります。

血流をよくすることは、肩こりを解消する1つの解決策ですが、運動ができない等でなかなか解消できないという方もいると思います。

そんな方は、マッサージによる治療も考えてみると良いです。肩こり解消のために整骨院などに実際に通われている方も多いですが、マッサージは筋肉の緊張をほぐし、血流を回復させることで肩こりを解消する有効な手段です。

マッサージでは様々な手法が存在していますが、専門の方たちによって痛みを緩和させるツボであったり回復させる技術を提供してもらえるので、回復が望めます。

また最近は、電気治療なども取り入れられており、つらい慢性痛などにも効くものも多くあるので、慢性的な痛みを抱えている方はぜひ一度行ってみることをオススメします。

温熱療法でリラックス効果も

痛みを感じる患部に熱を加えることで、血流を促進することで筋肉の緊張を和らげ、痛みを緩和させることができます。

温めることにより、精神的なリラックス効果も期待でき、心身の疲弊やストレスなどを緩和することで、肩こりを和らげることが期待できます。

温熱療法は、肩こり以外にも、腰回りの痛みなどにも効くものなので、他にも悩みを抱えている方は参考にしてみてください。

まとめ

ここまで、肩こりの悩みを解消するための新たな選択肢であるCBDやCBDクリームについて解説していきました。

CBDクリームは、CBDの含有量やそのほかの成分などによって効果も変わってくるので、様々な商品を比べて、自分に合った商品を見つけてみてください。