CBDクリームは新しい痛み止めとして活躍する?肩こりから偏頭痛まで、CBDの幅広い効果を詳しく解説

CBDは、頭痛や神経痛、肩こりや筋肉痛など、多くの悩みに対して痛み止めとして効果を発揮するといわれています。この記事では、特にCBDクリームの用途に着目し、詳しく解説していきます。

CBDやCBDクリームとは

そもそもCBDとはどういう成分なのでしょうか?CBDが大麻草から取れる成分ということで、よくわからず、不安に思う方も多いと思います。

ここでは、CBDがどのようなものか、また安全性や合法性について解説します。

CBDは神経伝達作用をもたらす化学物質

大麻草には、「カンナビノイド」と呼ばれる、100種類以上もの天然化学物質が存在します。

カンナビノイドとは、人間の生きていく上で大切な機能だといわれるECS(エンド・カンナビノイド・システム)を活性化して、様々な効果を発揮することが、最近の研究結果で分かってきました。この100種類を超えるカンナビノイドの中でも、特に含有量が多いものがTHC(テトラヒドロカンナビノール)とCBD(カンナビジオール)といわれる成分です。

THCは、マリファナなどの大麻草に多く含まれ、向精神作用を及ぼすことから、多くの国で規制がかけられ、日本でも麻薬として取り締まられています。

一方CBDは、精神作用がなく、また体内の神経伝達物質に作用して、健康のバランスを整えたり、精神安定や痛みの緩和など、多くの効果をもたらします。

日本の法律でも、CBDに関する規制はなく、最近では様々なCBDの商品が販売されています。

CBDは安全?WHOの見解

とはいっても、大麻草から取れることを耳にすると、依存性や中毒性など、身体に悪影響を及ぼすかもしれないと心配になる方もいると思います。

CBDへの見解について、WHO(世界保健機関)では2017年、CBDには依存性は認められず、身体に害を及ぼさないと正式に発表しています。また、うつ病やアルツハイマー病、癌やてんかんなど、多くの病気に対して有効であると示しています。

▽参考:WHOの公式見解

そのほかにも、研究結果や論文等が世界中で発表されており、直近10年間でその報告数は10倍になるほど、研究が進められています。

日本でのCBD商品の流通

日本でのCBD製品は、抽出されたCBDと植物油を混ぜたCBDオイルや、ドリンク・グミ・チョコレートなどの飲料・食品、またCBDリキッドと呼ばれる蒸気を吸引するタイプのものなどが出てきており、多くのCBD商品がショップやオンライン販売を通して購入することが可能になりました。

また、そのほかにもCBDクリームが、幅広い世代から支持を受け注目を集める商品になっています。

CBDクリームは、痛みの緩和や疲労回復など多岐にわたるとされ、日常の多くの悩みを解決すつことが期待されています。

CBDやCBDクリームが痛み止めとして効果を発揮?

CBDクリームは、具体的にどのような痛みに効果的なのでしょうか?

ここからは、CBDやCBDクリームが痛みを緩和させる効果について解説していきます。

生活において痛みは多く存在

このような悩み、ありませんか?

「気圧の変化により偏頭痛を起こしやすい・・・」「日頃のデスクワークで肩こりが・・・」「昔痛めてからずっと腰痛持ちで・・・」

偏頭痛、肩こり、腰痛、ぎっくり腰、神経痛、筋肉痛….。世の中には多くの痛みが存在しています。

これらは、短期間で出現し急に痛みを感じるものもあれば、長く持続的に続く慢性的な痛みなど様々です。痛み自体も苦しいものですが、それに伴う精神的苦痛も重なり、生活する上であまり感じたくないものです。

CBDクリームは現在、日常に潜む様々な悩みの中でも、特に”痛み”に対して有効であるとされています。

CBDやCBDクリームの期待効果

最近の研究を通して、CBDは鎮痛作用もあることが報告されてきました。

2019年の研究結果では、顎関節症を患う60人の患者に対して、30人にCBDを、残り30人にプラセボ(効果のない疑似薬)を、1日2回塗布をして、効果を測る実験を行いました。

顎関節症とは、顎関節の痛みや咀嚼筋と呼ばれる筋肉に対して痛みを及ぼすものであり、顎関節症の何らかの症状を感じた経験のある日本人はおよそ70%ほどいるとされる、身近な症状です。

結果として、CBDを塗布したグループに対して、痛みの尺度としてプラセボ群では10%ほどの減少だったのに対し、CBD群は70%の軽減の結果が確認され、咀嚼筋の緊張や痛みの緩和が統計的に有意なデータとして得られました。

これは、歯ぎしり等による咀嚼筋の筋膜性疼痛を、CBDが緩和させたことを示しています。

▽参考:研究結果

また別の実験では、関節炎を引き起こしていたラットに対してCBDを塗ったところ、痛みの炎症であった神経因性疼痛を抑える作用が見られたという結果が出ました。

この実験においては、CBDがカンナビノイド受容体に直接作用をしたものではなく、TRP受容体を介して作用した結果によるものでした。

このTRP受容体は、体内で最も感度の高い神経受容体の一つであり、痛みと深い関係があるとされています。CBDがTRP受容体を活性化させることで、神経因性疼痛を抑えることができたと考えられています。

このように、痛みに対してCBDが有効性を示す研究は現在も進められており、今後も多くの事例がでてくると予想されます。

関連記事

「頭痛や片頭痛、関節痛や筋肉痛や生理痛など、痛みがひどくて何をするにも集中できない」そんなこともあると思います。CBDは鎮痛・疼痛緩和の効果があると言われており、ほとんどの慢性痛や急性疼痛に効果があると言われています。本記事[…]

CBDの鎮痛効果を解説。痛み別におすすめCBDも紹介

通常の痛み止めとCBDの違いとは?

現在の医療現場には、多くの痛み止めが存在していますが、その中の最も代表的な痛み止めの一つに、NSAIDs(非ステロイド性抗炎症薬)という、抗炎症作用や鎮痛作用、解熱作用の薬理作用があるものが使用されています。

こちらは、エンドトキシンやサイトカインといった痛みを発生させる因子と関係があるシクロオキシゲナーゼという生理活性化物質の活性を抑制することで、痛み止めとして機能しています。

CBDも、このシクロオキシゲナーゼの活性を抑制することから、痛み止めと同じ効果を発揮することが期待されています。

また、NSAIDsといった痛み止めは、気管支喘息や肝不全、全身性じんま疹などの副作用が引き起こされるケースが存在します。

CBDは、現在の研究では重度の副作用は見られないことから、NSAIDsの使用が難しい方は、使用を検討してみてもよいかもしれません。

ただ、CBDを摂取したことによる長期的な結果や、鎮痛作用としてどの程度機能するかは現在の研究でははっきりしていないのが現状なので、通常の薬の代替物として使用を検討されている方は、かかりつけの医師等に相談をして、使用を考えると良いと思います。

CBDやCBDクリームの効果的な使い方

CBDクリームをいざ購入して使用するとなった時、どの程度塗布すれば良いのか気になります。

結論からいうと、塗布量には個人差があります。

CBDという成分は、その効果に個人差があり、適切な量が人によって異なります。

さらに、多くとればとるほど効果が出る、というわけではありません。むしろ多量に取ると、効果を感じにくなったり肝機能に影響を与える可能性もあります。

なので、オススメは最初は少量で試し、徐々に量を増やしていくという塗布方法です。

自分に合う最適な量が分かってくるまで、繰り返し使うようにすることで、徐々に効果を感じやすくなります。

また、塗布直後から効果が出るというわけではなく、基本的に30-120分後に効果が現れるものであることも注意しましょう。

CBDやCBDクリームを使用する上で注意すべきこと

CBDやCBDクリームの効果について、ここまで解説していきました。次に、それぞれを使用する上で知っておいたほうが良いことについて、見ていきます。

CBDに副作用はあるのか

CBDは、それ自体に依存性や中毒性は認められず、安心して使用することができます。ただ、CBD単体に限らず、塗布したり服用することによって、他の成分に反応してアレルギー症状が出ることは十分に考えられます。

また、日本で販売されている商品の中に、万が一THCなどの成分が入っていた場合、その効果が作用して中毒性や依存性につながることになるかもしれません。

基本的にCBDの成分は海外から輸入することになるため、税関の審査等の漏れや現地の検査内容に不備があるケースなどで、そのCBD商品が日本の法律に違反している可能性もあります。

なので、THCが入っていないことを確認すること、成分分析表を確認するなどして、消費者自身もCBD商品を安全に使用するために気にすることが大切です。

用法用量を守り使用することを心がけ、万が一かゆみや腫れなどが生じた場合は、すぐに使用をやめて医師に相談するようにしましょう。

CBDやCBDクリームを使用する時の注意点

CBDには副作用がみられないことについては先程触れましたが、注意して置かなければならない点もあります。

それは、なにか持病を持っている場合などで、定期的に服用する薬が合った場合、CBDを使用するのは控えたほうがよいという点です。

例えば、心房細動による血栓塞栓症、深部静脈血栓症などに抗凝固薬を用いたりする方もいると思いますが、CBDはこの薬に作用します。

そうなると、医師が想定していた効果とは異なり、身体に悪影響を及ぼすこともあるかもしれません。

こうしたことから、何らかの形で医薬品等を服用している場合は、それとCBDが相互作用する可能性もあるため、使用は控えましょう。

CBDは、診療を受けずに手に入れられるものなので、軽視されがちではありますが、まだ研究段階ということもあるので、かかりつけの医師に相談してみましょう。

CBDは痛みに対してだけでない!その効果の幅広さとは

ここまで、CBDやCBDクリームが痛みに効果的であるという観点について触れてきました。ただ、CBDの効果はより幅広く、その活用は多岐に渡ります。

ここでは、そんなCBDについて、より知っておいてほしい効能について触れます。

美容効果としてのCBD

CBDは、お肌のケアにも役立つとされています。

CBDは、身体のバランスを整える恒常生(ホメオスタシス)の維持の役割をするECS(エンド・カンナビノイド・システム)に対して効果を発揮しますが、肌荒れに対する改善やニキビなどの炎症、しみなどの悩みに対しても効果的であるとされています。

これらの悩みは、容姿・見た目に対するものであることも多く、悩んでいる方も一定数いると思います。

世の中には、サプリメントや塗布薬、化粧水など多くの商品が販売されていますが、最近では美容目的でCBDの商品を使うケースも増えています。

それは、CBDが100%オーガニックで製造・抽出されたものであり、他のオイルや植物油等、ビタミン等を配合して作られているものが多く、自然派・オーガニック派志向の消費者が拡大している美容業界で注目の商品だからといえるでしょう。

芸能人などでも、CBD化粧水やCBDオイルなどを使用している方も多く、InstagramやYoutube等で発信しているケースもあることから、今後ますます認知が拡大していくと予想されます。

関連記事

CBDが美容に効くと聞いたことがある方も多いと思いますが、本当なのでしょうか。本記事ではCBDがどうして美容に効くのか、具体的にどんな効果があるのか、悩み別にどのCBD製品が良いのかを解説しています。そもそもCBDとは?美容に効くと[…]

CBDの美容効果まとめ!悩みごとにおすすめなCBD製品と摂取方法も

CBDは睡眠の質も改善!

また、CBDはリラックス効果や睡眠改善の効果があります。

研究結果では、CBDには抗不安作用やリラクゼーション効果があるという結果が出ています。CBDには、GABAと呼ばれる抑制を働かせるための神経伝達物質に作用して、脳の活動を適度に落ち着かせたり、不安を解消する効果を発揮したりします。

CBDのこの効果により、睡眠が改善されて、昼間と夜とで脳の活動をうまく使い分け、時間のサイクルを調節して休息と活動をバランスよくとります。

不眠症に対して、従来は医薬品の処方やサプリメントを通して改善することが一般的でしたが、副作用や中毒性などの課題があります。

その点、CBDは副作用がなく依存性もありません。

日本人の10人に1人が不眠症の問題を抱えている現代において、CBDを用いて睡眠の改善をはかることは新たな選択肢として十分可能性を秘めています。

関連記事

CBDは睡眠の改善に効果があると言われています。多くの人が悩む睡眠障害や不眠症に対して、どうしてCBDが効果があるのかを解説します。睡眠導入剤との比較や副作用などのCBDに関する不安、睡眠改善におすすめのCBD製品の使い方をご説明します。[…]

CBDが睡眠を改善させる?不眠症のためのCBDの効果と注意点

まとめ

CBDやCBDクリームについて、痛みに対して有効的であること、またそれ以外にも効果を期待できることについて解説していきました。

CBDは今まさに研究が進められており、医療現場での有効活用や新しい法規制になる時も近いかもしれません。