CBDはストレス解消になる?新たな選択肢として注目されるCBDについて詳しく解説

現代社会は、「ストレス社会」と呼ばれ、経済的には豊かになる一方で精神的に病んでしまったり悩みを抱えている人が非常に多い状況です。そんなストレス社会において、CBDは有効な手段であると期待されています。海外ではグリーンラッシュと呼ばれるほど市場が大きくなっていますが、CBDの効果がどのようなものなのか、詳しく見ていきます。

CBDとは

CBDは、ここ数年で日本の市場にも現れるようになりましたが、その効果や効能が世界中で注目を集めています。

ここではそのCBDについて詳しく見ていきます。

CBDは麻から取れる化学成分

大麻草には、100種類以上の天然化学物質が含まれており、これを総称してカンナビノイドと呼ばれています。

このカンナビノイドは、人間が生まれながらに備わっている、体温調節や感情抑制、食欲などと関係する身体調節機能であるECS(エンド・カンナビノイド・システム)と呼ばれる機能を活性化させることで、身体に様々な作用を及ぼすことが近年分かってきました。

このカンナビノイドの中でも代表的な成分として、THC(テトラヒドロカンナビノール)、CBD(カンナビジオール)、CBN(カンナビノール)など挙げられます。

それぞれの成分によって、大麻草の中でも多く含まれている部位や、身体に与える影響が変わっていきます。

CBDに害はある?THCとの違い

CBDは麻から取れる成分なので、なにか有害なものであったり違法なものであると認識されている方もいますが、CBDは一般的に有害性は確認されず、日本の法律でも適切な抽出方法で得たCBDは商品として販売されることは合法です。

麻やマリファナなどから連想される、多幸感や気分が高揚する、いわゆるハイになり精神作用を及ぼす成分はTHCが原因であるとされ、こちらは日本の法律で禁止されています。

THCは、マリファナなどの葉や花に多く含まれており、麻の茎や種子からはほとんど抽出されないことから、日本で扱うCBDは茎や種子から抽出されたもので、THCが含まれていないことを示すことで商品として扱うことが可能になっています。

関連記事

CBDは健康に効果があると言われていますが、人体への害はないのでしょうか。はじめてCBDを使う方のために、CBD自体の中毒性や副作用、CBD製品で注意するべきことを根拠となる論文付きで解説します。CBDとは?[…]

CBDに害はある?CBDの中毒性や副作用など注意すべき点を解説

CBDが期待される理由

CBDは、体内の神経伝達物質に作用することにより、痛みの緩和や不眠症の改善、がんやてんかんなどの疾患に対する新たな治療法の選択肢として期待されています。

WHO(世界保健機関)においても、CBDに有害性は認められず、人体の調整機能に作用し、様々な病気に対してその症状を緩和させる可能性があるという声明を出しています

参考▽:2017年に発表したCBD事前審査報告書

実際、多くの症例に対する効果が事例として上がっており、一般的な化学療法の代替案として使用を試す方も増えてきました。

特に、現代は不眠症やうつ病などに多くの人が悩まされており、ストレス社会と言われるこの時代において、CBDが新たな救世主となりうることから、世界中で法律緩和の動きや研究や臨床実験が行われています。

ストレスがたまる現代社会

情報化社会や競争社会と呼ばれる現代では、人間関係や環境に対してストレスを抱えている方が多く存在し、勤め先などでストレスを抱える人は約6割ともいわれています。

更に最近ではコロナウイルスの影響もあり自粛生活を余儀なくされ、通常の生活スタイルを送れずにストレスを抱えている方も多いと思います。

そんなストレスについて詳しく見ていきます。

多くの人が悩まされるストレス

ストレスとは、一般的に「物理的ストレッサー」「化学的ストレッサー」「心理・社会的ストレッサー」に分類されます。

物理的ストレッサーは暑さと寒さといった実際に身体が不快だと体感するもの、化学的ストレッサーとは公害物質や一酸化炭素などによるもの、心理・社会的ストレッサーとは職場環境や人間関係などが原因によって引き起こされます。

ストレス社会と呼ばれる現代では、厚生労働省の定期調査によると近年増加傾向にあり、これは少子高齢化や経済状況など多くの理由があるとされています。

ストレスを抱える割合は広く分布していますが、年代別に見てみると、30代がもっとも多く次に40代と20代に多いという順序になっています

様々なストレスの原因

ストレスをためる原因として、多くでてくるのは「人間関係」や「仕事の質」「仕事の量」などが挙げられます。

人間関係は、学生の方でも周囲の環境に対して、また社会人の方は職場での上司や同期、部下などが挙げられますが、男女ともに一番ストレスをためやすい原因であることがデータから分かっています。

また続いて仕事の質や量など、仕事内容に対してストレス負荷がかかっていることがわかります。

こうしたことから、30代など働き盛りの年代にストレスが多く見られる傾向にあります。

ストレスを抱え込むのは危険

私達が一般的に悩まされるのは心理・社会的ストレッサーであり、その結果心身の疲労やイライラなどの心理的側面、頭痛や目の疲れなど身体的側面、飲酒量や喫煙量などの行動面に影響が現れていきます。

ストレスを溜めすぎると、短期的に体調が優れなくなり様々な場面で支障をきたす恐れがあり、かつ長期的にストレスをためることで大きな病につながることがあります。

大きな病気とは、がんや胃潰瘍、狭心症や心筋梗塞などの、命に関わる病気のことであるので、負荷を与えすぎないことが大切です。

ストレス社会といわれる現代だからこそ、ストレスの解消法を知ることは大切なことですが、そのうちの選択肢の1つとして現在注目を集めているのが、CBDです。

CBDはストレスに対して効果を発揮する?

ストレスを抱えることは健康に良くないので解消する必要がありますが、その解消方法の新たな選択肢としてCBDを使用するという方法が最近注目されています。

ここでは、CBDのストレスに対する有効性について解説していきます。

CBDは不安の緩和に有効

CBDは、不安を抱える人が使用することで心身の安定を図ることができるといわれています。

実際、CBDは自律神経を整える効果や、不安などで心が不安定になっている時に抗不安作用があるセロトニンという神経伝達物質を調整する機能があることが分かっています

臨床試験などはまだ不十分ではありますが、不安を抱えている人の中でも特に社会不安障害を抱える人に対して行った実験があります。

社会不安障害とは、人前でスピーチをすることに不安感や不快な感情を抱く人たちのことです。その対象者に、一方は高濃度のCBDを、もう一方には偽薬を使用することで、その後に影響があるかを実験しました。

結果としては、CBDを使用したグループがその後不安を軽減する効果が見られ、グループ間で差が生まれたことから、CBDは不安に対して有効だと考えるものが得られました。

この実験において、CBDの量など様々な要因を考えなければなりませんが、CBDが不安を解消する効果は十分に考えられます。

参考▽:社会不安障害に対してCBDを用いた臨床実験

関連記事

『CBDが鬱病に効くと聞いたけれど、CBDがどんなものかわからない』『CBDを使ってみたいけれど、本当にうつの症状に効果があるのかわからない…』という方に向けて、CBDとはどういうものなのか、どうして鬱病に効果があるのかついて解説します。ま[…]

CBDが鬱(うつ)に効果がある?CBDの抗不安作用を解説!

CBDは不眠症の改善も

CBDはリラックス効果があるため、入眠を促進したり、睡眠の質を向上させることで不眠症の改善策として有効です。

実際に、2019年に出た事例としては、睡眠の異常に悩んでいる成人に対して、CBDを使用することで改善を図る実験を行ったところ、約70%の人が一か月以内に睡眠異常が改善したという結果を得られました。

CBDが直接眠気を引き起こすわけではなく、元の原因となる不安作用などに対して働きかけることから、睡眠導入剤といった従来の解決策とはまた違った選択肢として注目されています。

関連記事

CBDは睡眠の改善に効果があると言われています。多くの人が悩む睡眠障害や不眠症に対して、どうしてCBDが効果があるのかを解説します。睡眠導入剤との比較や副作用などのCBDに関する不安、睡眠改善におすすめのCBD製品の使い方をご説明します。[…]

CBDが睡眠を改善させる?不眠症のためのCBDの効果と注意点

ストレスを抱える人はCBDの検討を

CBDは、抗不安作用や睡眠改善、リラックス効果など、ストレスを解消させたり、ストレスからくる影響に対してなど幅広くアプローチできることから、多くの人が使用を試みる価値があります

現在は、大麻由来であることから怪しいものというイメージが先行したり、過剰な期待をされるCBDではあります。ですが、CBDは個人のマイナスを改善させる有効な手段であることを理解した上で、なかなかストレスの問題が解決できない時などは、CBDを検討してみると良いでしょう。

ただ、極度のストレスにより精神疾患になってしまったり、自己管理の領域を脱した場合は、心理カウンセラーや通院などをすることで解決していくことも大切なことです。

自分の身体を見つめ、自分に合った改善方法でストレスを抱えない生活ができるように整えていきましょう。

CBDのオススメの摂取方法

CBDを取り扱う商品はここ数年で非常に多く出てきています。

その摂取方法によって効果や効能、使う場面が変化していくので、ここでは自分に合う商品の見つけ方について解説していきます。

CBDの様々な商品

CBDの商品は、CBDオイルやCBDベイプ、CBDグミやガム、またCBDクリームなどの塗り薬なども販売されています。

これらは、吸収の仕方が異なるため、体内へCBDが入る量や効果を発揮する時間などが変化していきます

例えば、CBDオイルは舌下に垂らすようにして摂取する方法であり、摂取してから約30分ほどで効果が効き始めることが多く、効果としては4-6時間ほどの持続があるといわれています。

このように、それぞれの摂取方法によって変化する部分があるので、商品を選ぶ前に自分がどの用途で使用するかを考えるようにしましょう。

それぞれの商品における吸収率や持続時間などは、以下の記事を参考にしてみてください。

関連記事

CBDは摂取方法によって効果の現れ方が変わります。舌下摂取・経口摂取・吸入摂取・局所摂取といった4つの摂取方法ごとに、CBDの効果が出るまでの時間や効果が持続する時間、さらには吸収率をご紹介していきます。CBDは摂取方法によって効き方が[…]

CBDは効果の現れる時間が摂取方法によって違う?効果の発現までと持続時間

生活スタイルに合わせて自分に合うものを

ストレスを解消させる目的で使用する場合でも、多くの選択肢があります。

例えば、普段喫煙をする方などは、食後の一服をCBDリキッドなどを使用して肺から吸引する方法などがオススメです。

CBDは、ニコチンなどの依存に対して抑制効果があるといわれているので、禁煙効果や喫煙の回数が減少することも期待できます。

また、夜寝る前等にリラックスしたい、その日をスッキリ終えたいという方はCBDオイルがオススメです。

CBDオイルを普段の生活の中に取り入れることは抵抗があるかもしれませんが、寝る前などのパーソナルな時間にCBDオイルを取り入れることで、日中抱えたストレスなどをすっきりと整えたり、睡眠の改善を図れたりするなどで、次の日に気持ちがリセットされやすくなります。

その他にも、摂取しやすい商品や効果を持続させるものなどあるので、購入する前に自分の生活スタイルのどこに取り入れたいかを考えたりすると良いと思います。

ストレスを改善させるその他の方法

ここまで、CBDが持つ効果がストレスに対してどのように作用するのか、またCBDの商品について見ていきました。

ただ、ストレスを解消・改善していくには、日ごろの生活から意識すべきことがいくつかあるので、それについて解説していきます。

運動でリフレッシュ

運動は、それ自体が基礎体力の維持や健康維持に繋がりますが、それと合わせてメンタル面においてもポジティブな効果を発揮することがわかっています。

適度な運動は、交感神経が優位になり感情がプラスになり、またセロトニンなど不安作用に対して心を安定化させる働きを持つ神経伝達物質を分泌させることにも繋がります

また、適度な疲労感を得ることにより睡眠の質の向上にも繋がり、生活リズムを整えることにも繋がってきます

ただし、普段運動をしない方が過度な運動をするとかえって身体に負荷がかかり心身が疲労してしまうので、ジョギングやヨガなどからはじめ、自分が一番満足度や達成感を感じられるものを選択して、楽しく継続的に行えるものにしましょう。

人に話したり本や映画を見て気持ちを整理

自分の内面や気持ちを、他の人に離すことで言語化され、自分の考えが整理されストレスが解消されることが期待されます。

これにはカタルシス効果という心理学的用語が存在し、心の中にある不快やいらいらなどを解放することにより気持ちを軽くする現象のことを指します。

例えば、飲み会などで日ごろのストレスを一時的に晴らしたり、友人などに悩みを打ち明けること、また映画や舞台、本などで主人公と自分を重ねることで感情移入することで、実世界の代理的に体感することで日ごろの悩みを浄化するなどが、このカタルシス効果のことを指しています。

実際、朗読などを用いた実証実験があります。

朗読の前後で感情に変化がるか、大学院生を対象に行ったところ、緊張や不安が和らぐ結果が得られました。

参考▽:朗読によるカタルシス効果

これらの事例から、カタルシス効果はストレスを抱える人にとって有効な手段だと考えられるので、ぜひ活用してみてください。

生活習慣を変化させる

ストレスを根本から変えていくことは、なかなか難しいことですが、身近なところから改善させていくことは可能です。

例えば、意図的に瞑想する時間やリラックスする時間を寝る前の時間に必ず取るようにすることで、その日あった出来事やネガティブ・ポジティブな感情が整理され、心身を落ち着かせる効果があります。

また、食生活に気を配り、暴飲暴食や過度な飲酒などを控え、バランスの取れた食事などを心がけることで、内面から変化させていくことができます。

仕事の時間やプライベートの時間を明確にしたり、食生活や住空間を少しずつ良くしていくなど、身近なところから変えていき、ストレスを溜め込まない生活を心がけましょう。

まとめ

ここまで、CBDがストレスを緩和・改善させる効果について、またCBDの商品の選び方について解説していきました。

日ごろストレスを抱えすぎるのは心身の健康に良くないので、自分に合った解消方法を見つけて実践してみましょう。