CBDワックスは効果はある?ワックスの特色や摂取方法について解説

CBDワックスは、オイルや食品と比べて効果があると耳にしたことはありませんか?

CBDの効果は人によって様々ですが、製品によって効果の感じやすさは変化されます。ここでは、CBDワックスについて、その概要や特徴などを詳しく見ていきます。

CBDワックスに効果はある?

CBDワックスは、CBDの商品の中でも比較的にマイナーなポジションにありますが、最近は効果が高いという口コミが流行り注目を集めています。

ここではそんなCBDワックスについて詳しく見ていきます。

CBDとは

そもそもCBDとは何でしょうか。

CBDワックスについて解説していくにあたり、CBDの知識が必要なので軽く触れておきます。

CBD(カンナビジオール)とは、ここ数年で日本においても認知されるようになりましたが、健康や美容などに効果があるとされる化学成分のことを指します。

CBDは大麻草から抽出されることで知られています。大麻草から抽出される成分としてTHC(テトラヒドロカンナビノール)と呼ばれる成分がありますが、こちらは向精神作用があり、いわゆるハイにさせる効果を示すことで法律で規制されております。

このTHCという成分は、大麻草の中でもマリファナと呼ばれる種類に多く含まれております。

ヘンプと呼ばれる産業用に用いられる大麻草には、このTHCの成分があまり入っていないことから、CBDはヘンプから抽出され、製品化されています。

このように抽出されたCBDは、オイル、グミ、ガムなど多様な商品として用いられます。

CBDワックスも同様に抽出されたもので、一般的に固形化されているものが多いです。

CBDワックスとは?特徴や効果について

CBDワックスは、CBD商品の中でも特に高濃度なものです。

一般的に濃度で比較することは良くないですが、仮にCBDワックスを吸引で摂取するとして、同じようにCBDリキッドなどの吸引のものの濃度は5-10%であることが多いですが、CBDワックスは60-90%などが多く、他の製品と比べて非常に濃度が高いといえます。

なので、効果を感じにくい人などがCBDワックスを用いることで効果を感じられる方がいらっしゃいます。

CBDワックスの効果としては、以下のようにCBDの効果として代表的なものがあります。

  • リラックス効果によりストレス解消
  • うつ病改善抗不安作用等により不眠症改善
  • ニキビやアトピーなどの肌の炎症に作用
  • 偏頭痛や肩こりなどの痛みの緩和
  • 糖尿病や肥満などの生活習慣病の改善
  • 癌やてんかんの治療
  • アルコールやニコチンといった依存症の抑制

CBDワックスを用いる方の中でも、特に入眠のサポートとして使用されている方が多くいます

CBDワックスを吸引で摂取する時は、効果が数分で体感できることから、寝る前に使用することで睡眠をサポートすることに繋がり、日ごろの睡眠の改善として使用されています。

また、CBDワックスの多くはフルスペクトラムやブロードスペクトラムという方法で製造されています。

このフルスペクトラムという方法は、大麻草から成分を抽出する際に、CBD以外のCBGやCBNといったカンナビノイド成分やテルペンやビタミンといった成分も含んで抽出されることを指します。

この方法により、その製品はアントラージュ効果と呼ばれる効能を発揮することで、CBD単体を取り入れるよりも私達にメリットをもたらします。

CBDは、量を取れば取るほど効果を得られるものではなく、むしろ多量に摂取すると効果を感じれなくなるので、一定の適量が一番効果を感じやすいものです。

アントラージュ効果は、CBD単体で感じる最大の効果よりも、フルスペクトラムで様々な成分が相互に作用することでより効果を感じやすくなります

なので、CBDワックスはより効果が感じやすいといわれています。

CBDワックスは違法ではないのか?

CBDワックスは、見た目が何やら怪しそうに見えることから、知らない方にとっては何か法律にふれるものだと見えることがあります。

そのCBDワックスについて、使用することで周りに不安感を与えないように、日本の法律について軽く触れておきます。

CBD自体が違法ではない

結論、CBDワックスは違法ではありません。

ただし、CBDを取り巻く法律については抑えておく必要があります。

現在、CBDやCBDを用いた製品は日本で使用することは可能です。ですが、日本では大麻取締法で大麻草を栽培することは特定の技能をもった人(研究者など)のみになっているので、商品やCBDの成分は海外から輸入してくることになります。

また日本の法律により、大麻草の中に含まれるTHCという成分が禁止されており、輸入の際にはTHCが含まれていないとされる茎や種子から抽出されたものであることを証明する必要があります。

なので日本のCBD商品は、海外のヘンプ農家で取れたものの中でも茎や種子から抽出されたものを用いており、海外または日本で商品化され販売されるという経路になっています。

しかし、日本に出回っている商品の中には、個人輸入やその他の経路で法律上問題がある商品が混入している可能性はゼロではないので、購入の際にはいくつか注意しておくべきことがあります

購入の際に注目したいポイント

CBDワックスを含むCBDの商品は、多く出回っていますが、ECサイトや自社サイトであっても、いくつか注意しておくべきことがあります。

1つ目は、成分分析表を確認することです。一般的にCBDを用いた商品を販売している業者は、成分分析表を添付しています。

そこで、THCが含まれていないこと、またその他身体に悪影響を及ぼしそうな重金属などが混入していないかを確認することができます。

この成分分析表がない業者などは、安全性に欠けるので違う商品を検討するようにしましょう。

また、口コミやレビューが不十分である商品などは、安易に購入するのではなく、異なるサイトや商品を比較検討するようにしましょう

日本の市場には、CBDが入っていないにも関わらずCBD商品として取り扱うなどの商品が出回っていることもあるので、第三者の意見に耳を傾けることは大切です。

詳しくは以下の記事も参考にしてみてください。

関連記事

CBDは、現在世界中でその効果が期待され注目を集めています。日本でも、CBDの商品は市場に出回っており、幅広い世代が購入をしています。そんなCBDですが、選ぶ時に何を意識すればよいのか、初めての方はよくわからないと思います。この記事[…]

【CBD初心者向け】CBD購入時に意識したいポイントとは?数ある商品の中から選ぶ方法をわかりやすく解説

オススメ!CBDワックスの吸引による摂取方法

そんなCBDワックスですが、固形物であり、いざ摂取しようとした時にどうやって摂取するのが一番良いのでしょうか。

前提として、CBDは人によって好みや摂取意図が異なることから、一概にこの摂取が良い!というわけではないので、自分に合った方法で使用すると良いと思います

中でもCBDワックスの使用方法として代表的なものは、Vapeに入れて熱したものを吸引する方法です。

これは、Vapeと呼ばれる熱する機械のコイルの部分にCBDワックスを入れることで、ワックスが温められれて液体・蒸気化させて吸うという、CBDリキッドなどに近いものになっています。

オススメポイントとしては、吸引摂取による方法は、他の摂取方法と比べて摂取効率(体内に取り入れたもののうち血中で回る成分量の割合)が高く、効果を感じやすいからです。

もともとの濃度が高いからこそ、普段CBDを少量で用いる時に物足りないと感じる人にとっては効果的であると思います。

デメリットを上げるとすると、専用のVape機器を購入しないといけないこと、またワックスを熱する機械に入れて熱するという行為がやや手間であることが挙げられます。

CBDをまだ試していない人や、手間に対してやや不便であると感じる人は、CBDグミなど手軽に摂取できるものも試してみると良いでしょう。

関連記事

「CBDは吸うものもあるの?」「もともと煙草・ベイプを吸っていたから吸うタイプのCBDに興味がある」こんな方に吸うタイプのCBDである吸入摂取の特徴や製品の種類、注意点を解説しています。また、CBDの効果を最大限高めるためのポイント[…]

吸うタイプのCBD!吸入摂取の特徴・種類・注意点を解説

その他の摂取方法

吸引摂取以外にも、CBDワックスを用いてCBDを摂取する方法があります。

ここではいくつかご紹介します。

肌に塗ることで皮膚から吸収

CBDワックスを、直接肌に塗ることで経皮吸収させることができます

CBDは、抗炎症作用や痛みを緩和させる効果があるため、ニキビやアトピーなどの肌の炎症や、肩こりや腰痛などに対しても有効的であるとされています

また、首まわりに塗布することで、リラックス効果を感じることもできます。

ただ、CBDワックスは肌に塗布すると伸びがなく広がらないため、特定の場所に塗布したい時などはCBDクリームなどを試してみると良いと思います。

詳しくは以下の記事を参考にしてみてください。

関連記事

CBDはニキビなどの肌荒れに効果があると言われています。CBDがニキビやシミ、湿疹などの肌荒れにどういう効果があるかを根拠となる論文付きで解説します。また、ニキビに効くCBDの具体的な使い方やおすすめのCBD商品も紹介します。CBD[…]

CBDの肌荒れへの効果と使い方
関連記事

日頃生活している中で、多くの人が抱える悩みである肩こり。最初はそのままにしていて、段々痛みが無視できなくなることってありますよね。そこで最近、CBDが肩こりに効果があるとされていますが、この記事ではCBDは本当に肩こりに効くのか、詳しく見て[…]

CBDクリームは肩こりに効く?肩こりに対しての新しい選択肢であるCBDを解説

舌下からの吸収

CBDワックスを舌下にのせることで、毛細血管からCBDの吸収を促進する、舌下摂取による方法も行うことができます。

これは、CBDオイルと同じように、飲み込むのではなく舌に数分留めることで、吸収率を高めることができます

吸引による摂取よりも効果が出始める時間は長いですが、持続時間があるので、夜寝る前に摂取すると目覚めがよくなる、ということが期待されます。

ただ、味がワックス特有なもので苦手な方もいると思います。

そうした方は、CBDオイルを試してみることをオススメします。

CBDオイルは、薬草の独特の風味があるものやスッキリしたものなど、商品によって好みが分かれるので、自分に合った商品を見つけてみてください。

関連記事

CBDを「舌下で摂取する」とは?CBDを摂取するにあたり、代表的なものにCBDオイルの製品があります。こちらを使用する時は、CBDオイルを舌に垂らす方法として知られる「舌下(ぜっか)摂取」や、食品に混ぜる経口摂取、その他霧状にし[…]

CBDを舌下摂取?オイルなど商品別に効能を解説

CBDワックスやリキッド・カートリッジ・ペンの違いとは

CBDワックスやリキッド、カートリッジなど、吸引タイプに慣れていない方は、これらが意味するもの良く分からず、購入する時に困ることがあります。

まず、CBDワックスに関しては、いわゆる固形物状態のものを指しており、これをVapeなどの機械で熱することで気化して吸引することになります。

Vapeという機械は、バッテリーであるMODとアトマイザーと呼ばれる液体(リキッド)を入れる容器があります。

CBDリキッドとはこの液体のことを指しており、カートリッジとはリキッドが入った容器全体のことを指し、このカートリッジを交換することで同じVapeで使用することができます。

また、CBDペンとは、カートリッジのように交換するものではなく、吸い続けてなくなり次第廃棄するというものになります。

なので、CBDワックスを使用する際は、初めての場合は専用機器も合わせて購入することで吸引摂取が可能になります。

まとめ

ここまで、CBDワックスの効果やオススメの使用方法まで解説していきました。

いざCBDワックスを購入するとなると、考えることが多いので、ぜひ自分に合った商品を見つけてみてください。