CBDワックスは違法?法律を正しく知り適切な商品の選別を

CBDワックスにまつまる法律の規制はご存知ですか?

CBDワックスは、他の商品に比べて濃度が高く、大麻特有の風味があるものが多く、大麻の味や体感しやすい方が多いことから日本で本当に使用して良いのか不安になる方もいると思います

そんなCBDワックスについて、その合法性や商品を選ぶ上でのポイントなどについてご紹介します。

CBDワックスは違法?合法?

CBDワックスは、CBDを普段から生活に取り入れている人の中でも、特に愛用されている方が多く使用している傾向にあります。

そんなCBDワックスですが、CBD自体が大麻由来であること、また形状やパッケージなどからも少し怪しい雰囲気を与えてしまうことも否めません。

海外などで大麻を実際に使用したことがある人達の中には、CBDの商品の中でもワックスタイプが特に似ているという方もいらっしゃたりするので、CBDワックスを使用することが果たして合法なのかを気にする方も一定数います。

その回答としては、「所定の手続きをとった上で販売されているものは合法」というのが正しいかもしれません。

日本の現状の法律においては、CBD関連の商品を購入・使用すること自体は違法ではありません。

ただ、細かい規制があり、海外のCBD商品が日本では違法であったりするなど、複雑な部分があります。

なので、それらを正しく知ることで、日本でもCBDワックスなどの商品を安心して使用することができます。

CBDやCBDワックスとは?

CBDの法律について理解するには、まずCBDとは何かを正しく知る必要があるので、ここで解説していきます。

CBDとは大麻由来の成分

CBDは、大麻由来の成分といいましたが、厳密にいうと大麻草にはカンナビノイドと呼ばれる生理活性物質が存在しており、そのカンナビノイドのうちの1つがCBD、という立ち位置です。

カンナビノイドは他にもTHCやCBNなど100種類以上存在しています。

それぞれが私達の身体に作用を及ぼすことが知られています。

みなさんが大麻と聞いてイメージするのは、”ハイ”になるような精神作用ではないでしょうか。

この効果を持つのはカンナビノイドのうちTHC(テトラヒドロカンナビノール)です。

大麻が持つといわれていた有害性や依存性はこの成分が要因と言われています。

一方で、CBDはこのような要因は持っておらず、身体に対して肯定的な働き、医療業界や美容業界において活躍が期待されていることから、注目が集まっています

効果が幅広いことから、幅広い世代から使用されるようになってきてことで、日本でも認知されるようになってきました。

商品のタイプは多岐にわたり、そのうちの1つがCBDワックスという立ち位置です。

関連記事

CBDが大麻から抽出されると知って気になるのが、依存性・中毒性・副作用ではないでしょうか。この記事では、CBDについて、CBDに依存性や危険性はないのか、さらにはCBDが依存症に効果があるということについて解説します。CBDとは?C[…]

CBDに依存性はない?逆に薬物などへの依存症へ効果も

CBDワックスの効果や特徴

CBDワックスは、やや固形化されたものであり、CBDの濃度が非常に高いアイテムです。

使い方としては、Vapeなどの機械を用いてワックスは溶かして吸引するタイプ、また肌に塗ったり直接なめたりといった方法があります。

吸引を用いた摂取方法は、その他にCBDリキッドなどでもともと液状で入っているものを吸うという方法もありますが、CBDワックスを使用した場合はCBDリキッドよりも濃度が高いため、初心者の方は肺に入れるとむせたりすることもあります。

また、自分でワックスを崩して適切な量を入れたり、機器の手入れなどを行ったりするので、比較的に上級者向けの使用方法になるかもしれません。

そんなCBDワックスですが、どのような効果が得られるのでしょうか。

一般的なCBDの効果としては、身体調整機能を整える効果がもととなり、リラックス効果不眠症改善頭痛や腰痛といった痛みの緩和アルコールにやニコチンなどの依存症改善癌やてんかんなどの疾患の改善などの効果が期待されています。

吸引タイプは、肺の毛細血管から吸収されるので、他の摂取方法と比べて体内へのCBDの吸収率が高く、また即効性があることが特徴としてあります

なのでCBDワックスは、特に作業の途中の休憩でリラックス目的で使用される方や、寝る前に摂取することで睡眠の質を上げることを求める方、また喫煙量の減少や禁煙目的として使用されている方が多いです。

関連記事

CBDワックスは、オイルや食品と比べて効果があると耳にしたことはありませんか?CBDの効果は人によって様々ですが、製品によって効果の感じやすさは変化されます。ここでは、CBDワックスについて、その概要や特徴などを詳しく見ていきます。[…]

CBDワックスは効果はある?ワックスの特色や摂取方法について解説

また、ワックスを肌に塗布することで、肌のトラブル改善を期待することができます。

CBDは抗酸化作用や抗炎症作用を持っていることがわかっているほか、皮脂のバランスなども整えることが分かっているので美容領域にはCBDワックス以外にもクリームやバーム・ロールオンなど様々な商品が登場しています。

美容目的で使用を考えている方は以下の記事も参考にしてみてください。

関連記事

CBDが美容に効くと聞いたことがある方も多いと思いますが、本当なのでしょうか。本記事ではCBDがどうして美容に効くのか、具体的にどんな効果があるのか、悩み別にどのCBD製品が良いのかを解説しています。そもそもCBDとは?美容に効くと[…]

CBDの美容効果まとめ!悩みごとにおすすめなCBD製品と摂取方法も

CBDワックスは違法なのか?

ここまでCBDやCBDワックスのことを解説ししていきました。

具体的な特徴や効果は抑えられたかと思います。

そんなCBDですが、日本の法律ではどのようになっているか、見ていきましょう。

大麻取締法の概要

日本は、大麻取締法において大麻を規制しています。

大麻取締法において、「大麻」の定義は以下のようになっています。

第一章 第一条

この法律で「大麻」とは、大麻草(カンナビス・サティバ・エル)及びその製品をいう。ただし、大麻草の成熟した茎及びその製品(樹脂を除く。)並びに大麻草の種子及びその製品を除く。

参考▽:大麻取締法

すなわち、大麻取締法においての「大麻」は成熟した茎及びその製品を除いた大麻のことを指しています。

なので、大麻草の中でも茎や種子を用いた商品や茎や種子から抽出されたCBDなどを用いることは、法律的に問題がないということになります。

実際、大麻草の茎や種子は昔から使用されています。

例えば、七味唐辛子の中には大麻の種が含まれていたり、また衣服やロープなども大麻草の茎などは丈夫であることが知られていたので製造されています。

このようなことから、日本で販売されるCBDの商品は、茎や種子から抽出された成分であれば販売することや使用することが可能になっています。

麻薬取締法でTHCは禁止になっている

もう一つ、意識しておかなければいけないことがあります。

それは、CBDと同様であるカンナビノイドのうちTHCは麻薬及び向精神薬取締法で規制されているということです。

ただこれは、化学合成のTHCのことを指しており、CBDと同様で茎や種子からから抽出された成分で合った場合、厳密にはこの法律には当てはまらないということになります。

しかし、厚生労働省がCBD製品を輸入しようとしている事業者に向けて発表した内容として、以下のようなものがあります。

(一部抜粋) 大麻草から抽出・製造されたかを問わず、大麻草由来の成分であるテトラヒドロカンナビノール(THC)を含有する CBD 製品は、「大麻」に該当しないことが確認できないので、原則として輸入できません。また、化学合成された THC は麻薬及び向精神薬取締法で「麻薬」として規制されていますので、原則として輸入できません。

参考▽:CBDのオイル等の CBD 製品の輸入を検討されている方へ

すなわち、原則として日本ではTHCを含む商品は違法になるということです。

このことと先程のことを合わせると、茎から種子から抽出されておりTHCを含まないCBD商品が日本で扱うことができるものであるということです。

日本で大麻を取り扱うことができる人はごく一部

日本では、大麻を所持したり栽培したりすることは、認められた一部の人しかできません。

そのような人を法律上では大麻取扱者と記されていますが、大麻取扱者であっても基本的に葉や花などの栽培ではなく種子や茎といった部位の採取を目的とする一部の研究者等を対象にしています。

第一章 第二条 この法律で「大麻取扱者」とは、大麻栽培者及び大麻研究者をいう。 この法律で「大麻栽培者」とは、都道府県知事の免許を受けて、繊維若しくは種子を採取する目的で、大麻草を栽培する者をいう。 第一章 第三条 大麻取扱者でなければ大麻を所持し、栽培し、譲り受け、譲り渡し、又は研究のため使用してはならない。

このことから、日本で育て、茎や種子からCBDを抽出する、というのは現実的に難しいのが現状です。

なので、日本ではなく海外で製造されたものを日本に持ってくるというのが一般的な流れになっています。

この輸入の時に、茎や種子から抽出された成分であること、またTHCが入っていないことを条件に日本に輸入されることが認められている、ということになります。

合法のCBDワックスを選ぶためには?

これまで、CBDに関する法律について詳しくみていきました。

ここで、ワックスなどの安全なCBD商品を購入する上で注意したいことについて解説します。

前提:輸入のルートが適切か

CBD商品を扱うには、海外からCBDを輸入することが一般的であるといいましたが、その輸入の際には厚生労働省に適切な書類を提出することが義務つけられています。

提出書類としては以下のものがあります。

  • 証明書
    • 大麻草の成熟した茎または種子から抽出・製造されたCBD製品であることを証明する内容の文書
  • 成分分析書
    • 輸入する製品がCBDが入っていること、またTHCが混入していないことを示すことまた分析担当者の記載
  • 写真
    • 製造工程の写真(茎・種子のみを用いていることの証明として)

これらを提出することで、日本の法律の規制に触れないで販売することができるというわけです。

なので、一般的なCBDブランドのHPや開示などで成分分析書の表示なども行っているので、確認することもできます。

商品を選ぶ上でのポイント

日本で販売されている商品は、CBDワックス以外にもCBDオイルやCBDリキッド、CBDグミやチョコレートなど多くあります。

またそれぞれメーカーが異なり、どの商品が良いのか迷うこともあると思います。

CBDを取り入れた商品は一般的に高い傾向にあるので、自分にあった商品を選ぶことが大切です。

簡単ではありますがいくつか選び方について触れておくと、以下を抑えておくことが良いと思います。

  • その価格は妥当か(他の商品と検討。価格はCBDの含有量に比例する傾向があります)
  • 生産地や成分分析書などの表示があるか(怪しい成分が入っていないこと。土壌などに有害性がある場合もあるので。)
  • 口コミやTwitterをとおしてリサーチ

目的や用途によって、CBDの摂取方法も少しずつ変わってくるので、ぜひ自分に合ったものを見つけてみてください。

まとめ

ここまで、CBDワックスを正しく使用する上で知っておいたほうがよいことなどを解説していきました。

海外では法規制も変化しているので、日本の法律も今後変わっていくと思いますが、注意してみていきたいところですね。