CBDの吸い過ぎは良くない?CBDリキッドやベイプなどの抑えるポイントを解説

CBDリキッドは、CBDオイルやCBDグミなどに比べて、効果を感じやすいとされ、最近様々な商品が出回るようになりました。

そんなCBDリキッドですが、吸い過ぎることによる身体の影響など気になる方もいると思うので、身体にもたらす影響について詳しく解説していきます。

CBDリキッドやVapeは身体に害はある?

CBDリキッドを使用するとき、回数が特に決まっていないのでついついずっと吸ってしまうことありますよね。

CBDを吸い過ぎるとなんだか身体に悪そう…と思う方もいると思いますが、ここではCBDリキッドやCBDについて、効果や有害性について解説していきます。

CBDやCBDリキッドとは

まず、CBDの吸い過ぎによる影響を見ていく際には、CBDについて理解する必要があります。

CBDは、カンナビジオールと呼ばれる、大麻草に含まれる成分の1つです。

大麻草から抽出される成分であることから、ネガティブなイメージを持たれがちですが、CBDは精神作用を及ぼす効果などは見られず、医療や健康目的に効果が期待できるということで、近年注目を集めています。

マリファナなどでよく聞く”ハイ”になる成分は、CBDと同じ化学式のTHCと呼ばれる成分で、こちらは茎や種子にはほとんど見られず、葉などに多く見られることが知られています。

こうしたことから、日本では茎や種子から抽出されたもので、THCが入っていないものは法律から除外されることから、茎や種子から取れるCBDやCBDを用いた商品は、合法になっています。

CBDリキッドもCBDを用いた商品の1つであり、リキッドと呼ばれる液状にCBDが入っており、これを気化したものを吸引することでCBDを摂取するものであり、器具のことをベイプと呼んだりします。

その摂取方法から電子タバコと同じような類いですが、ニコチンなどは入っておらず、タバコをやめたい禁煙願望がある方が用いたり、タバコは吸わないがCBDを吸う方もいます。

CBDには、精神をリラックスさせる効果や、不眠症の改善生活習慣病の改善など、多くの効果が期待されていることから、CBDリキッドやベイプなどの商品も広く扱われるようになっています。

この摂取方法を吸入摂取といいます。特徴や種類について説明しているので、よければ見てみてください。

関連記事

「CBDは吸うものもあるの?」「もともと煙草・ベイプを吸っていたから吸うタイプのCBDに興味がある」こんな方に吸うタイプのCBDである吸入摂取の特徴や製品の種類、注意点を解説しています。また、CBDの効果を最大限高めるためのポイント[…]

吸うタイプのCBD!吸入摂取の特徴・種類・注意点を解説

CBDに有害性や副作用はない?

そんな健康に良いと呼ばれるCBDですが、一方でまだ商品が広く使われているわけではなく、大麻から取れると聞くと、身体への有害性や副作用などがあるかもしれないと考える方は多くいると思います。

CBDは、CBDと同じくらい有名なTHCのような精神作用はなく、身体への悪影響はないとされています。WHO(世界保険機関)の声明においても、CBDは乱用性や有害性は認められず、規制から外すべきだという見解を示しています。

参考:WHOの公式見解

CBDは、ヒトが生きていく上で、身体の機能を正常に保つエンド・カンナビノイド・システムと呼ばれる機能に作用することで、様々な治療・健康促進に役立つとされ、現在日本を含む世界中で研究・臨床試験等が行われています。

また、治療などで使用する化学療法においては、その副作用が問題になることがありますが、CBDではどうなのでしょうか。

CBDは現在、注目されるほどの大きな副作用等は発生しておらず、海外では医療大麻として扱われている場所もあります。ただ、副作用がゼロというわけではなく、いくつかの事例はあります。

CBDの副作用としては、頭痛・下痢・倦怠感・眠気・食欲の変化などが報告されています。ただしこれは、CBDそのものによる副作用であるかどうかは不明であり、また重度の症状は見られないことから、使用の際は適量を用いることで安全に摂取することができるでしょう。

CBDの量においても、多量であっても人体に悪影響を及ぼすような結果は報告されておらず、また一般的にCBDは高価で、多量のCBDが含まれる商品はあまりなく、一般的に販売されている商品は量による有害性などもあまりありません。

ただ、その商品が指定する目安量は守るようにしましょう。

CBDを吸い過ぎるとどうなる?

CBDが有害性や中毒性がないことについて解説してきましたが、やはりCBDリキッドなどは、口元の寂しさから吸いすぎてしまったりして、なにか摂取しすぎてる感覚になってしまいます。

吸い過ぎることによる身体への影響や、CBDリキッドの吸い方などについて解説していきます。

吸いすぎても影響はない

CBDリキッド等で蒸気を吸いすぎてしまうことで、むせてしまうことがあります。これは、一見身体に悪影響を及ぼしてしまいそうですが、特に影響はありません。

タバコやお酒などは、過剰摂取は身体に様々な悪影響を及ぼすことから、摂取しないもしくは適量のほうが望ましいとされていますが、CBDリキッドなどの含有量を見てみると、その商品を使い続けても量的な問題は特にありません。

吸い過ぎてしまったと感じたり、むせて体調が優れない等なった時は、深呼吸をする、また横になって安静にしておく、などをすれば良いでしょう。

関連記事

CBDを吸ってみたらむせてしまった。はじめてのCBD製品でこんな症状が出てしまった方に向けて、どうしてむせてしまうのか、その4つの原因と対処法を解説します。また、正しくCBDリキッド・ペン・カートリッジを吸う方法についても解説していきます。[…]

 CBDを吸ったらむせる?4つの原因と対処法を解説

吸い方のポイント

CBDリキッドを用いた摂取は、肺にある血管から直接吸収される仕組みになっています。なので、摂取から体感までのスピードがはやく、また摂取効率も高くなります。

吸い方としては、吸引口から吸引したあと、肺に持っていき、そこで数秒留めることです。

タバコのような煙に関しては、そもそも有害であることから肺に留めることはあまり考えませんが、CBDリキッドを用いた吸引は、その特性から肺に留めることにより吸収率を高めることから、息をはかずに数秒待つようにしましょう。

また、機器にはパフボタンと呼ばれるものがあり、これを押しながら使用することになります。パフボタンから指をはなすと同時に口元から離す人が多いと思いますが、その状態だと気化したものがデバイスに残ってしまうので、ボタンを話したあとも少し多めに吸うと良いでしょう。

また、機器によっては爆煙のものもあり、それが原因でむせるというケースもありますが、CBDを摂取することにおいては爆煙のものは効果を発揮しにくくなってしまうので、控えたほうが良いです。

爆煙のものだと、温度調整がうまくいかず、CBDを体内に取り込めないことがあるためです。

温度調整機能がついてあるものであったり、CBD専用の機器を使うなどして、使用するようにしましょう。

CBDリキッドの効果や使用タイミング

CBDリキッドは、最近は日本においても様々なフレーバーが開発されており、ブランド等も出てきて話題になっています。

そんなCBDリキッドは、どのような効果が期待されているのか、見ていきます。

CBDリキッドの効果とは

CBDリキッドは、CBDが人体の身体調整機能に直接働きかけることから、精神安定としての効果や感情抑制などのリラックス効果、また不眠やストレスの解消炎症などの緩和など、多くの効果が期待されています。

中でも、CBDリキッドは、他の商品とくらべて摂取効率が高く、即効性があることが特徴だといえます。

例えばCBDは、アルコールやニコチンなどの依存性を抑制する効果があると言われていることから、禁煙するためにCBDを用いる方法などが最近話題になっています。

ニコチンは、ドーパミンを意図的に放出する作用を引き起こしたり、セロトニンの分泌などにも作用する働きがあるので、ニコチン依存はこのような脳の神経伝達物質をニコチンに委ねるようになってしまいます。

CBDは、ドーパミンやセロトニンといった神経伝達物質を適切な状態に維持する働きが見られるため、依存症を抑制する働きが期待されています

もちろん、タバコなどを吸わない方でも、同様にリラックス効果等を発揮するので、大学生などでもタバコは吸わないがCBDリキッド等は使用している、という方が増えてきています。

関連記事

CBDグミに興味があるという方向けに、CBDグミがどういう効果があるのかをまとめています。CBDが効果を発揮するメカニズムから解説し、効果をより感じるための方法についてもご紹介します。CBD・CBDグミとは?CBDグミはどのようなも[…]

CBDグミの効果まとめ!効果を感じられないときの対処法も紹介

使用タイミングや使用回数の目安

また、どのくらい吸えば効果を感じるのか、など疑問を持たれる方もいると思います。

これは結論からいうと、効果を感じる量というのは人によって異なるため、理想的な吸引回数などは一概には言えません。

CBDが効きやすい体質や効きにくい体質、また身長や体重、その他様々なコンディションによってその効果は左右されます。

またCBD自体、身体の状況がマイナスな部分を改善させる働きが主であるため、健康的な人はそもそも効果を感じにくいといえます。

また、単純に量に比例して効果を感じやすくなる、というものでもなく、量を増やし続けると逆に効果を感じにくくなるという実験結果もあるため、単に吸う回数を増やせばよいというわけではないことも知っておく必要があります。

吸い過ぎによる悪影響等はあまり見られないとはいえ、自分に一番適した量を探し、摂取するようにしましょう。

CBDの量を変化させたければ別の方法もあり

CBDリキッドを吸いすぎてしまうことにネガティブな感情を抱いてしまったり、CBDの量を調整したいと考えている場合は、他の摂取方法も検討してみると良いかもしれません。

商品によってCBDの含有量は違う

CBDを用いた商品は、CBDリキッド以外にもCBDオイルやCBDグミ、CBDガム、CBDチョコレートなど、様々な商品があります。

それぞれの商品によってCBDの含有量が違い、含有量と価格は比例することが一般的なので商品の値段も変化していきます。

例えば、CBDオイルが10mlのものが販売されており、濃度が6%であった場合、合計では約600mgのCBDが含有されているということになります。

グミやチョコレートなども、それぞれの含有量などが書かれているのでそこに注目してみましょう。

また、それぞれの摂取方法によって、含有量のうち実際に体内に取り入れられる量である吸収率が変化していきます。

吸収率は一般的に、CBDリキッドなどの吸引摂取>CBDオイルなどの舌下摂取>CBDグミやチョコなどの経口摂取などの大小関係があります。

CBDリキッドが少し合わない等を感じる時は、別の商品を試してみると良いでしょう。

購入時に注目したいポイント

CBDリキッドをはじめとしたCBDの商品を購入する際には、いくつか頭にいれておくべきことがあります。

まずは、その商品が日本の法律のもと作られたものなのかを正確に把握する必要があります。

CBDを用いた商品は、主に海外で抽出されたものを輸入することになりますが、その際にいくつか書類を提出する必要があります。

それらをあわせて、購入する際には「成分分析表を開示しているか」「適切なルートで輸入してきたことを示す書類があるか」などを見ておく必要があります。

成分分析表などでは、CBDが入っているか、またTHCなどの成分が入っていないかを見るためであり、第三者機関であることが望ましいです。

これらを表記していない商品はなるべく避け、他の商品と比較しながら妥当な価格で自分に合った商品を選ぶようにしましょう。

まとめ

ここまで、CBDリキッドについて、その効果や適切な吸い方などについて見ていきました。

CBDリキッドはフレーバーなどが多様で楽しむことができるので、ぜひ自分に合ったものを探してみてください。